早起きの習慣

「前業」のための早朝出社の習慣3つのメリット

投稿日:2024/02/10


会社の仕事での残業はテンションが落ちます。
それよりも、早朝出社をして「前業」しましょう。




 

平凡なサラリーマンが複業を目指した理由

「会社員以外の収入ルートをつくるためには、どうすればいいのか?」

先日、コーチングセッションのテーマにあがりました。

このテーマ、私も10年以上前に、強く感じました。
なぜなら、当時は自己投資を始めた頃。

すると、どうしてもお金が必要になってくるんです。

・新刊本を読みたい。
 でもお金が無いから読めない。
 だから、ブックオフに行く。
 けれど、そうそう簡単に新刊が中古本になっているわけがない。
 結局、時間の無駄になる

・興味あるセミナーを受講したい。
 でもお小遣いの範囲で参加できる料金ではない。
 だから、参加をあきらめる。
 気持ちがモヤモヤする。

そんな感情を抱えていたんです。
 
そう考えていた頃、新たに知ったのが「複業」という考え方でした。
サイドビジネスを意味する「副業」ではなく、会社員の給与以外に複数の収入ルートをつくる。

たとえば、
・ブログを書いて広告収入を目指す
・セミナーを開催する
・得意分野でコンサルティングをする
などで、収入ルートを増やす道です。

私が参加したセミナーの講師の方が「日本ではあまりいないけれど、アメリカでは複業をしている人はザラにいます」ということだったんですよね。

「これは自分にとって新しいライフスタイルだな」と感じました。
そこから、複業を目指すことにしたわけです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





「ザ・早朝出社作戦」を開始

ただ、すぐに取り組みがうまくいくことはありませんでした。
当然のことながら。

会社の仕事で手一杯だったこともあります。
会社の仕事を終えてから複業に取り組もうとしても、何をしていいのかよくわからない。
そうなると、せっかく会社をはやめに退社したのに、カフェで寝てしまったり……。
夜は飲み会もあったりして、何も進展しなかったんです。

しかも、そんな状態だったので会社の仕事も停滞していきました。
「このままだと、会社の評価は下がるし、複業も進展しないな。どうすればいいんだろう?」と。

そこで、考え方を変えました。
目をつけたのが、朝時間だったんです。

今ほど早起き習慣化ができていたわけではありませんでしたが、早朝出社をすることにしたんですね。

会社が終わったあと、もっと体力を残した状態で複業に取り組む。
そのためには、時間効率を高める必要がある。

そう考えた結果、当時の私が出した結論は、
・早朝出社して、朝時間に効率よく仕事に取り組む
という対策でした。

そのようにして会社の営業成績を残せば「やることはやっている」というマインドで複業に取り組めます。
実際、営業成績が良くない状態で複業に取り組んだところで、会社に対して後ろめたさみたいな感じがあったのも確かで。

それに、営業成績が良くないときって、定時に帰りづらかったんです。
何となく「仕事の成果も出していないのに、帰るのか?」と言われているような感じがして。
もちろん、実際に会社の人から言われたことは無く、私の思い込みなんですけれど。

ですから、「やりたいことをやるために、やるべくことをやる」という精神を発揮することに。

そこで「ザ・早朝出社作戦」を始めてみたわけです。

 

■スポンサーリンク




早朝出社して「前業」する3つのメリット

朝は始発で会社へ。
会社の最寄り駅に着いたのはまだ6時前でした。

すると、いつも開いている駅の出口が開いておらず。
「6:00〜23:00」と表示されていることに気づいたことも。

6時すぎに会社に到着して、仕事をスタート。
会社にはそうじをしてくれている方々しかいません。

その時間から技術スタッフにメールしたところ「パソコンの時間設定がおかしくなってるよ」と言われたことも。
「いや、その時間、会社に本当にいたんです。」と返答したことを覚えています。(笑)

この「ザ・早朝出社作戦」が、とても良かったんです。
とにかく集中できたんですね。
時間あたりの仕事の濃度が高まりました。

定時をすぎて残業するのではなく、「前業」するメリットを感じました。

 

メリット1:集中できる

早朝は誰にも邪魔されません。
集中できました。

なぜなら、社内の「ちょっといい?」は無いです。
お客さまから電話がかかってくることもありません。

 

メリット2:1日に良いリズムが生まれる

1日にリズムが生まれました。

ほかの人より早めに仕事にとりかかるからです。

たとえば、朝7時頃に、相手への連絡を終わらせておく。
そうすると、相手が出社したときに私のメールが早い時間帯に届いているので、返信が早めに届きました。
すると、テンポよく仕事を進めることができたんです。

 

メリット3:社内評価が高まる

早朝から出社していることが社内にも伝わると、帰りやすくなりました。
「あいつは早く来てるから」と思ってもらえるようになってきたんです。

さらに、早朝出社をしていることで、意外にも上司からの評価につながりました。
「早朝から仕事なんて、やる気あるよね」と。
副次効果でした。

毎日早朝出社に成功したわけではないんですが、そのような形で「ザ・早朝出社作戦」を続けました。

結果、運の要素もありましたが、営業成績が上昇。
部内でトップの売上を残すことができました。
そうすることで、自分としても「これで思い残すことなく、複業にも力を入れられる」と感じたことを覚えています。

このような経験から、残業するくらいなら自ら前業することをおすすめしています。
1時間早く出社して、1時間早く帰る。
それだけでも、仕事の密度は高まります。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、夜に「良習慣塾」セミナー。

テーマが深く、2時間に入り切らなかったため、前編と後編にわけることにしました。
うまくいく人たちが取り入れている秘訣がわかったので、私も実験してうまくいったことをお伝えしました。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-早起きの習慣

執筆者:

関連記事

no image

目標設定の文章に否定語はいらない!

———————————————————— 当ブログは、「良習慣」(僕の造語です 笑)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 僕が「良習慣」を身につけていく中で、成功体験や …

「どんな髭剃りにも哲学はある」のと同様に、「どんな早起きにも哲学はある。」

村上春樹さんのエッセーに、サマセット・モームの名言があります。 “どんな髭剃りにも哲学はある” (イギリスの小説家 サマセット・モーム) 同様に、早起きにも哲学があると考えています。   ス …

早起きのために早寝する思考と残業しないように定時退社する思考に共通する思考とは?

早起き習慣化のために重要なのは、「寝る時間」を守ることです。 それは、「定時で仕事を終える!」というプロセスに非常に似ています。 前回の早起きセミナーで質問をうけた際に、本記事の共通点に気づきました。 …

早起き習慣化にもっとも重要な要素は何?睡眠へ投資することが1日の良い流れをつくり出す理由。

早起きを長期的に続けるためには、睡眠時間への投資が何よりも重要です。 一方で、早起きに挫折する人は、多くの場合、睡眠時間が不足するのが原因です。 早起きができない人が、睡眠時間を削らなければならないの …

朝のゴールデンタイムをつくっていますか?人生に差がつくのは「今日1日をどう過ごしたか?」で決まります。

あなたは、朝のゴールデンタイムを持っていますか? ゴールデンタイムを持っているかどうかで、未来は大きく変わってくるものです。   スポンサーリンク   早起きをすれば自由な時間が手 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。