【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

学ぶ習慣

人見知りの私がコミュニケーションスキルを鍛えてきた3つのアプローチ。

投稿日:2019/03/21

Pocket

コミュニケーションはトレーニング次第で上達します。

私が「人見知り」を少しずつ克服した経験から記事を書いてみました。

 

スポンサーリンク


 

人生は「人との出会い」が大きく影響する

私たちの人生がうまくいくかどうか。

これは、「人との出会い」があるかどうかによって、大きく変わってくるものだと考えています。

どれほど能力がある人であっても、ほかの人(お客様や家族も含む)との良好な関係をつくることができなければ成果は出ないでしょう。

また、私自身が経験しているように、師匠たちやマイコーチ、そして友人たちとの出会いによって能力が開発されることも多いものです。

その意味で、人との関わりなしに、人生がうまくいくかどうかを考えることはできないと思うのです。

ひとりとの出会いで本当に人生は変わります。

ですから、会社の外に出て、たくさんの人の出会い、多くの人の人生を知ることをおすすめしています。

私自身、複業をおこなうようになり、多くの人たちの人生を垣間見てきました。

 

あなたはどれだけの専門家とつながりがあるか

そこで、周囲にいる専門家(私が困ったら、話を聞いてくれるだろうと思われる人)を思い出してみました。

思いついたのは、

税理士、公認会計士、MBAホルダー、中小企業診断士、検事、弁護士、行政書士、社労士、医師、歯科医師、薬剤師、助産師、MR、臨床心理士、ケアマネジャー、栄養士、漁師、航空整備士、通関士、編集者、ビジネス書作家、銀行員、書道家、映画監督、テレビディレクター、声優、ナレーター、パーソナルトレーナー、アスレティックトレーナー、(元)競艇選手、国家公務員、警察官、生命保険セールス、一級建築士、コンサルタント、コーチ、カウンセラー、セラピスト、WEBディレクター、、、

・・・と、キリがないくらいにたくさん出てきたのでこれくらいでやめておきます(笑)。

あらためて見てみると、プロフェッショナルたちとのつながりは、なんとなく安心しますね(笑)。

間違いなく、10年前は、このようなつながりはありませんでした。

私が、「人生を変えよう」と思いたち、外に出たからこそできたつながりだと思っています。

ですから、「外に出ましょう」と何度でもお伝えしたいのです。

しかし、そうは言っても、

・2人きりになると、緊張して何を話せばいいのかわかりません。。。

・初対面の人と話すのが苦手です・・・

・人前で話そうとすると、頭が真っ白になっちゃうんです、、、

という悩みをお持ちかもしれませんね。

何より、私自身、人見知りなので、よくわかります。

ただ、トレーニングの結果、今ではだいぶ改善しました。

「人見知り」と言うと、「嘘でしょ(笑)」と言われるくらいにはなったのですね(笑)。

それに、私の周囲にも、最初は口数が少なかった人が、コーチングを受けて変わった人もいます。

もちろん、「3時間で克服できます!」と言うつもりはありませんし、それほど簡単に克服できるものではないと思います。

しかし、時間をかけて1年とか2年、トレーニングすれば不可能ではありません。

では、どのようなトレーニングを積めばいいのでしょうか。

 

人見知りを克服する3つのトレーニング

私が「これは効果があったな」というトレーニングをあげてみました。

 

1:ランチに誘う

ランチは、とてもおすすめです。

いきなり飲み会だと時間も長いですし、初対面に近いときは恐怖もありますよね。

ランチであれば60分や90分など、時間制限があります。

また、夜の飲み会のように「せっかくたくさん話したのに酔っ払って忘れてしまった」という後悔もありません。

月に1度でもいいので、「この人と話してみたいな」という人にアプローチしてみてはいかがでしょうか。

私は、最盛期は「月に10人」と決めて、取りくんでいました。

 

2:コミュニケーションスキルを学ぶ

コミュニケーションはスキル。

ということは、スキルを学んで実践すれば、誰でも上達できるということですから、学ばない手はないでしょう。

私の場合はコーチングでした。

コーチングを学んで良かったことの1つは、「傾聴」というスキルを鍛えられたこと。

相手の話をぼんやり聞くのではなく、能動的に「聴く」(耳と目と心をつかう)という聴き方があるのか、と知ったときは衝撃的でした。

「聞く」というのは受動的なのですが、「聴く」のは主体的なのですね。

話下手の人でも、上手に聴き役ができれば、会話ははずみます。

 

3:定期的に開催されるコミュニティーに参加する

半年間や1年間かけて学ぶコミュニティーに参加したこともいいトレーニングになりました。

最初は初対面の人が多いですが、定期的に会うと、徐々に打ち解けるプロセスも味わえます。

自分がコミュニティーに長く通っていれば、相手の方から疑問点を聞いてきてくれたりします。

また、定期的なセミナーでは初対面で自己紹介することも多いと思います。

それもいいトレーニングになりますね。

 

まとめ

普段から仲の良い人たちだけでかたまっていれば、楽かもしれません。

楽しいのもわかります。

しかし、2週間に1回や1ヶ月に1回でもいいので、外の世界に飛び出してみましょう。

くり返しになりますが、私たちの人生がうまくいくかどうかは、「人との出会い」があるかどうかによって、大きく変わってくるものです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、朝5時からコーチングセッション。

夜は会社の送別会でした。

カラオケで、最近我が家で流行っているあいみょんさんの「マリーゴールド」を歌いました(笑)。

いい歌ですね。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-学ぶ習慣

執筆者:

関連記事

習慣化が成功する自分のパターンを知ろう。決まった時間・場所・仲間(講師)。

年末年始は続いていた習慣が、この時期になって崩れてくる原因は、「仕事が始まって時間がなくなった」というものが多いですね。 ただ、そう言っていても物事は進みませんので、その制限を活用してみましょう。 & …

そのアウトプットに意図はあるのか?意図した発信でなければ受け手も時間の浪費になる。

ガラケーからスマホに変える際に、日々接する情報量が圧倒的に変化したことを記憶しています。 アウトプットをはじめたのもその頃でした。 ただ、アウトプットをするのであれば、目的意識を持って発信したいもので …

「健全な危機感」こそ、あなたが成長し続けるために必要な感情。

「自分を常に成長させるコツがあります」と言われたら、あなたは知りたいと思いますか? ポイントは、自分よりも年齢が下の優秀な人物と交流して「健全な危機感」を持つことです。   スポンサーリンク …

アドバイスを上手に受け取る方法。良いアドバイスを有効なアドバイスにするために。

「有効なアドバイス」とは、どのようなものでしょうか? これには、アドバイスそのものが重要だということはもちろんのこと、アドバイスを受ける側のスタンスも重要だと考えています。   スポンサーリ …

人生にメンターは必要か?メンターを見つけるメリットと見つける3つのヒント。

突然ですが、あなたには「メンター」がいるでしょうか? メンターの存在や見つける方法について考えを記事にしてみました。 (私は「メンター」という言葉があまり好きではないのですが便宜的に使います) &nb …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら