【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考習慣

「NO」という勇気が持てないときはありますか?自分で活用できるセルフトークを持つ習慣。

投稿日:2017/12/26 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「NO」というのは拒絶ではありません。

それは相手のためでもありますし、自分のためでもあるのだと考えましょう。

 

スポンサーリンク

 

1日の濃度が高まる日々

複業家として、今は自分の実力以上のことを学び、実践する時期だととらえています。

そのため、日常のルーティンに加えて、新しい分野への学びと未来への時間投資にこつこつと取りくんでいます。

そのため、暇な時間はほとんどなくなりました。

今までも暇な時間はなかったつもりでしたが、甘かったようです。(^_^;)

やきとり屋に行く回数が減ったことで、それがわかります。(笑)

新しい活動をしていることで、さらに、1日がギュッと引き締まっている感覚です。

よく言われるように「忙しいという字は心を亡くす」ということも感じません。

それは、ひとりビジネスに関しては学びたいことを学んでいるし、お客さまからパワーをいただけることも多いので、そこにストレスを感じることはないのだと思っています。

実際にやりたいことでできることも増えてきましたし、自分が注力したい仕事に注力できる環境も少しずつ増えてきたように思います。

 

できないことに「NO」と言う大切さ

自分がやりたいことであれば、多少のたいへんさはあっても努力はできます。

さらに結果が出れば、それがよろこびにもつながります。

その一方で、できないことややりたくないことには、「NO」ということも大事なのではないでしょうか。

正社員として会社員に勤務しながら、コーチングビジネスやセミナーを開催し、ブログやメルマガを書いている。

そのような活動の話をすると、「伊藤さんはなぜ、そんなにたくさんのことができるのですか?」と尋ねられることがあります。

もちろん、私も体は1つです。

一度に2つの場所には行くことができません。

ですので、じつはこれでもけっこう「NO」を言っているのです。

実際、先日、これまでだったら有無を言わずに参加していたチームの仕事に、どうしても「NO」を言わなければならない状況になってしまいました。

それは、新しい学びのために確保した時間や師匠からお誘いを受けたトライアスロンのレース日程とバッティングしていたのですね。

「NO」を言うことはつらいことではありましたし、心苦しさを感じました。

それでも、「NO」を言うのであれば、できるかぎり早く言わなければならないとも。

それは、相手の時間も大切だからであり、早く「NO」を伝えることがチームのためになると思ったからです。

 

「NO」を言うためのセルフトークを身につける

自分の時間が有限だと強く実感したとき、「NO」を言う必要があることに気づくものです。

ほかの人の時間より、自分の人生の時間を生きなければならないと思うようになるからです。

そう考えると、自分ができないことや自分がやりたくないことには、しっかりと「NO」を言わなければならないのではないでしょうか?

それは、ビジネスのメニューでも同じことでしょう。

たとえば、私が「恋愛体質にするコーチングをやります」と言ってもできませんので(笑)、それをメニューにしませんし、ブログやメルマガにも書きません。

クライアント候補の方に、事前に「NO」と言っているのです。

もちろん、私も「NO」を言う勇気がでないときもあります。

そのようなときに活用するのは、「言葉の力」です。

私の信念として、

・先約優先

という言葉を持っています。

これを基本方針にしておけば「あとから入った予定を調整する」というタスクがなくなります。

これだけでだいぶ迷いはなくなります。

また、名言で、

・気持よく断ることは、半ば、相手に贈り物をすることである

という言葉も思い出します。

態度を曖昧にして結論を出さないことより、すぐに「NO」を言うこと。

それが相手のためにもなるのですね。

誤解されるとまずいのですが、その「NO」は拒絶の「NO」ではありません。

ただ単に選択の結果を相手に伝えることです。

ですから、それは失礼でも申し訳ないことでもないもの。

「NO」ということを、そのように考えてみてはいかがでしょうか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社の仕事に追われた1日でした。。。

それにも負けずに(?)ランチタイムにコーチングセッションを1件。

会社仕事も切り上げて、クリスマスということもあり、家族で妻の実家に行きました。

【募集中】
1月11日(木)19:30〜21:30 「やりたいことリスト100」セミナー 〜やりたいことで満たされる毎日をつくる〜

1月18日 19:30〜21:30 毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

1月25日 19:30〜21:30 もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-思考習慣

執筆者:

関連記事

意志をともなった「すぐやる行動」が、プラスの好循環サイクルを生み出す。

行動を変えるために重要なのはなんといっても思考です。 その思考は、プラスのエネルギーを持っていることが重要なのです。   スポンサーリンク   目次1 「信頼される人」になるために …

「でも」という逆接が出てきたら要注意。言い換えて順接の「から」に変換してみよう。

何かにチャレンジしようとするときに思考に出現する「でも」という接続詞。 その「でも」を、「から」に変換して、行動増進を狙いましょう。   スポンサーリンク   目次1 「人間は言い …

「映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル」を観て再確認。成長する人に共通するたった1つの思考の良習慣。

  こんにちは、伊藤です。 本日は、娘と観た映画で、主人公たちの 「自分をより良く変える」 姿に共感したお話をお伝えいたします。     目次1 プリキュアの主人公たち …

完璧主義を手放す!「トリアージ思考」で重要事項を優先しよう。

あなたは、「トリアージ」という言葉をご存じでしょうか? 息子(中学2年生)の大量の夏休みの宿題をみて、「大人のタスク管理と同じだな」と感じました。 さらに、そこには「トリアージ思考」とでも言うべき最善 …

「自分はだめな人間だ」思考におちいりそうになったらどうするか。過去の成功体験に焦点をあてること。

自分のことを「この程度の人間だから」と思っていると、それ以上の人間になることは難しいと思っています。 「自分はだめな人間だ」という思考におちいりそうになったときは、自分ができていることに焦点をあてるこ …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031