【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

複業(マルチキャリア・週末起業・パラレルキャリア)の習慣

複業のすすめ。あなたから会社員の肩書をとったら残るものは何ですか?

投稿日:2019/01/18

Pocket

「会社の肩書をとったら、自分に残るものは何か?」

それを考えるために、複業にトライしてみるという手があります。

 

スポンサーリンク


 

長く会社員をやっているときに勘違いすること

会社員を長くやっている人は(私も含めてなのですが)、ある勘違いを起こすようになると感じています。

それは、

・自分の実力と会社の看板の実力を混同してしまう

ということです。

要は、仕事を受注したり、自分のスキルで案件を成立させたり、会社から求められたことをこなしているうちに、

・会社の組織としての力を、自分の能力だと勘違いしてしまう

のですね。

一流と言われる会社に勤務ている人ほど、そのような傾向にあるかもしれません。

そのようなケースで多いのは、新卒で入社した会社にずっと努めているようなタイプですね。

会社の外に出た経験が少ないので、会社の中の実力を、自分の実力と思ってしまうのだと思います。

 

まだ見ぬ将来のために「複業」にトライしてみる

会社での仕事が嫌になると、独立を考えたり、転職を考えたり、天職を考えることがあると思います。

「自分が本当にやりたいことは何だろう?」という風に迷うかもしれません。

そのようなときこそ、私は「複業」をおすすめしたいです。

確かに、会社員をやりながら、ひとりビジネスなどの道を探るのは、簡単ではありません。

なんと言っても時間の制約がありますし、実力不足を痛感します(痛いぐらいに・笑)。

それに、独立・転職・天職、どのような道を選ぶのかは、すぐにはわからずに悩むという人も多いのではないでしょうか。

ただ、どの道に進むにしても、会社員をやりながら複業にトライすることは、決して無駄にはならないと思うのです。

まず複業をやってみて、会社の外での自分の実力を知るシミュレーションをしたほうがいい、ということですね。

複業でひとりビジネスをやってみると、裸の自分の実力がわかります。

私自身、複業にトライして痛感したのは、会社の取引先の人は、「私自身」に仕事を依頼しているのではなく、「私が務めている会社」に仕事を依頼しているという事実に気づいたことです。

そして、まわりの友人たちを見ていても思うのですが、おそらく、多くの人にとって複業をスタートした当初の成果は、「こんなはずじゃなかったのに・・・」と思われるレベルなのではないでしょうか。

複業では、会社の看板はほとんど役に立ちませんので。(^_^;)

どれほどいい会社に努めていて、どれほど部署名がかっこよくて、どれほど肩書がすごくても、お客さまのニーズに自分の仕事が合わなければ、次の仕事はいただけないのですね。

たとえば、ブログ。

ブログを長く書いていると、アクセスが少しずつ増えていくことがあります。

このブログでは、少しだけ広告を貼っているので、忘れた頃にちょっとした収入が入ることもあります(本当にわずかなのでつらいのですが・・・笑)。

しかし、私が書いた記事が読者にとって学びになったり、行動や気づきにつながるものでなければ、どれほど一生懸命にブログを書いたとしても、次に読んでいただけるかどうかは、まったく保証がないのです。

読者にとっては、書いている人の会社名や肩書などは一切関係がないからです。

記事の内容が、好きなのか嫌いなのか、自分の役に立つのか立たないのか、それだけで判断されてしまう世界です。

これは、会社員だけやっていると、なかなか味わえない感覚だと思います。

 

複業によって本当の自分を客観視できる

複業をやってみれば、会社名や職業から離れた自分の実力を知ることができます。

ブログを1つをとってみても、自分の本当の実力がわかります。

私自身も、セミナーを開催してもお申込みがゼロだったり、ブログを何年も書き続けても月間のアクセスが1,000くらいで、泣きたくなる日々でした。。。

ただし、今にして思えば、それが良かったのですね。

なぜなら、複業によって本当の自分を客観視できたからです。

会社で営業成績が良かろうと、名ばかりの肩書がつこうと、本当の自分にはあまり関係がありません。

そう思いつつも、肩書がないサラリーマンというのは、けっこうさみしいもので、長年の努力が消えてしまったような感じもしましたが(笑)。

それでも、

・自分から会社をとったら何が残るのか?
・自分はどのような価値を提供できるのか?

ということについては、日頃から考えておかなければならないと考えています。

会社という看板がなくなった後に残るものが、自分の実力だからです。

会社という看板がなくなった後に残るものが、自分そのものだからです。

「なんでもできる」というマルチでゼネラリストとして会社で評価されたとしても、通用するのは会社の中だけ、ということもあります。

「何でも屋」ではなく、何かしらに特化しなければ、複業を続けるのは難しいからです。

それに、会社の中で与えてもらった肩書は、世の中のほとんどの人にとっては、あまり意味がないものです。

会社の中の地位に甘えないようにすること、そして、自分の本当の実力を知るためにも、複業にトライしてみるのはいかがでしょうか。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、ランチタイムを活用してコーチングセッション。

独立起業して1年目から、思いがけないオファーがやってきているということで、興味深いテーマでした。

「スペースを空けると何かが入ってくる法則」というのは本当なんですよね。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-複業(マルチキャリア・週末起業・パラレルキャリア)の習慣

執筆者:

関連記事

複業で世界と人を広げる。複数の世界に存在する自分をつくりあげよう。

私の周りで「第2領域」の話題がさかんです。(^_^) 私は、複業に取りくむことは、まさに「緊急ではないけれど重要な活動」だと考えています。   スポンサーリンク   目次1 必要性 …

「最初の1円」をどう稼ぐ?自分の知識と経験で価値提供できるゾーンを探る。

複業での初収入、つまり「最初の1円を稼ぐ」のはハードルが高いものです。 それでも、「完ぺきになったらやる」より、「自分ができる範囲」で飛び込んでみる勇気が大事です。   スポンサーリンク & …

最近、仕事で泣いたことがありますか?中途半端な関わりでは仕事で泣けない。

ここ数年、思わず涙する経験が増えました。 自分自身に対する涙もありますが、仕事で泣くことが増えているのです。   スポンサーリンク   目次1 「習慣化の学校」メンバーのつながりを …

ライスワークだけでは心もとない。複業を見すえたライフワークへの取り組みのすすめ。

以前の私は、会社の仕事だけでいっぱいいっぱいになる毎日を過ごしていました。 しかし、そこで多少無理やりにでも「ライフワーク」を求める活動を起こしたからこそ、環境が良くなっている面があります。 &nbs …

「or」ではなく「and」の発想で進もう。「やりたいこと」のシングルタスクは難しい。

・AまたはB、どちらかを選ばなければならない というのは思い込みになるケースがあります。 ・AもBもできるやり方がある という方法を教えてみましょう。   スポンサーリンク   目 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら