【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング・NLP モチベーション

1人3役のポジションでゴール達成を考えてみよう。「ディズニーストラテジー」のアプローチ。

投稿日:2018/06/13 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

何かにチャレンジする際には、

・最悪を考えた上で、楽観的に前進する

という思考で考えられると理想的だと思っています。

そのためには、3つのポジションからイメージするとわかりやすくなります。

 

スポンサーリンク

 

動けないときに考えたい、3方向からのシナリオ

先日、コーチングセッション中、クライアントさんの考えが少し膠着(こうちゃく)状態になりました。

クライアントさんが目指すゴール、それが手ごわかったため、アイデアを出すことが難しかったのです。

そこでクライアントさんに質問したのは、3つのポジションから考えてもらうこと。

ゴールに到達するまでの大まかなシナリオをイメージするために、3つのシナリオを描いていただきました。

まずは、すべてがうまくいった理想の「こんな風になったら最高!」という最高のシナリオ。

次に、リスクがすべて現実化してしまった「最悪だ・・・」という最低のシナリオ。

そして、「おそらく、実際はこんな感じになるだろう」という現実のシナリオ。

その3つのレベルで考えてみると、現実のシナリオを描きやすくなります。

また、これがいいのは、最低のシナリオを想定しておくことで、最悪の状態をイメージできること。

何かに挑戦しようとする際に、覚悟が決まるのです。

 

「ディズニーストラテジー」という手法を取り入れる

これは、NLPでいうところの「ディズニーストラテジー」という手法です。

ウォルト・ディズニー氏は、ゴール達成を考えるとき、「ディズニーストラテジー」の視点から考えていたと言われています。

すなわち、自分の夢を3つのポジションから見ていたということです。

その3つのポジションとは、

・ドリーマー(夢想家)

・クリティック(批評家)

・リアリスト(現実家)

です。

3つの役割に分かれて、1つのプランを検討していたのです。

まず、「ドリーマー(夢想家)」は、とにかく大きな理想を広げます。

次に、「クリティック(批評家)」は、ドリーマーの非現実的な部分を徹底的にチェックします。

最後に、「リアリスト(現実家)」は2者の両方の案をふまえて、現実的な案を考えるのです。

こうすることで、先にあげたように現実的なアプローチができますし、最悪を想定するという覚悟もできるのですね。

このように考えることで、なにかと理想主義に走りがちだったウォルト・ディズニー氏は、自分の理想を現実的なビジネスに転換してきたわけです。

 

ゴールまでのシナリオを複数持っておこう

ここで重要なことは、

・シナリオは複数持っていたほうがいい

ということです。

ご存じのとおり、計画をたてても、実際にやってみないとどうなるかはわかりません。

予想以上にうまくいくときもあれば、想定外の失敗もあります。

予定よりも前倒しで完成してしまうこともあれば、納期ギリギリでトラブルが起こることもあります。

要は、最高のシナリオと最悪のシナリオの間のどのゾーンに現実が落ち着くのかは、やってみないとわからないということなのですよね。

だからこそ、シナリオは複数考えておきたいものですし、スケジュールもバッファを持っておきたいもの。

実際は余裕がある目標のほうが少ないと思いますし、達成までに困難をともなうゴールであればなおさらです。

それなのにシナリオが1つだけしかないと、「シナリオ通りに進めなければ」という意識がはたらいてしまい、状況に合わせて対応するといった柔軟性が失われてしまいます。

では「最初から現実的なシナリオを考えればいいのでは?」と思うかもしれませんが、シナリオを1つしか考えないと、たいていの場合は現実的なシナリオだけになります。

それだと、リスクも少なくはありますが、チャレンジもありません。

大きな成果を得るのは難しいでしょう。

ですから、シナリオは理想と現実の幅を持って考えてみることが大事です。

ゴール達成までの道のりを描く際には、ぜひ、

・最高のシナリオ=ドリーマー(夢想家)

・最低のシナリオ=クリティック(批評家)

・現実のシナリオ=リアリスト(現実家)

のポジションから描いてみることがおすすめです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、妻と娘がお風呂に入っている間に自宅でひとり戦略会議を実行。

「6本の柱」で今年後半の目標をマインドマップにしました。

今年目標にしていたことを達成している部分もあれば、まだまだな部分もあり、精進が必要です。(^_^;)

【募集中】
・6月14日 19:30〜21:30
「理想の1日」を実現する!「早起き習慣化セミナー」
〜毎日2時間の自由時間を生み出す〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コーチング・NLP, モチベーション

執筆者:

関連記事

ネガティブ感情のスイッチが入っても大丈夫。マイナス思考をOFFにする3つの方法。

日常生活を送っていると、イライラ・クヨクヨは避けられませんよね。 感情が生まれてしまうのは避けられませんので、自分なりの対処法を持っておくことがおすすめです。   スポンサーリンク &nbs …

「会話がはずまない・・・」を解決する。「5W1H」という質問の型を意識してみよう。

・初対面の人と何を話せばいいのかわからない ・営業なのに、商談で良いヒアリングができない といった悩みを持っていませんか? 私は、持っていました。。。 ただ、質問の基本の型を知ることで、コミュニケーシ …

「1分間行動イノベーション」の手法で、コーチングの「究極の質問」を毎日自分に問いかける習慣。

  こんにちは、伊藤です。 本日は、昨日のエントリでお知らせしたように、 「1分間で行動にイノベーションをおこす方法」 をお伝えいたしますね。     目次1 1分間で行 …

マイコーチをつける際に、年齢は重要か?自分よりも若い年齢のコーチをつける理由。

私は、自分より年齢が上のコーチと、自分よりも若いコーチ、どちらも雇った経験があります。 ただ、私の場合は、マイコーチに求める部分が変わったので、つけるコーチを変えただけです。 ニーズが先で、特に年齢は …

「あー、なんだかもやもやする」状態を抜け出す特効薬。頭の中を整理するためにとにかく会話をしてみよう。

自分が無意識に使っている言葉にも、自分なりの区別があるものです。 それは、自分が誰かに話しているときに気づくことが多いと思います。 それは、相手に話しながら自分で情報を整理しているから起こる現象なので …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031