【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング・NLP モチベーション

1人3役のポジションでゴール達成を考えてみよう。「ディズニーストラテジー」のアプローチ。

投稿日:2018/06/13 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

何かにチャレンジする際には、

・最悪を考えた上で、楽観的に前進する

という思考で考えられると理想的だと思っています。

そのためには、3つのポジションからイメージするとわかりやすくなります。

 

スポンサーリンク

 

動けないときに考えたい、3方向からのシナリオ

先日、コーチングセッション中、クライアントさんの考えが少し膠着(こうちゃく)状態になりました。

クライアントさんが目指すゴール、それが手ごわかったため、アイデアを出すことが難しかったのです。

そこでクライアントさんに質問したのは、3つのポジションから考えてもらうこと。

ゴールに到達するまでの大まかなシナリオをイメージするために、3つのシナリオを描いていただきました。

まずは、すべてがうまくいった理想の「こんな風になったら最高!」という最高のシナリオ。

次に、リスクがすべて現実化してしまった「最悪だ・・・」という最低のシナリオ。

そして、「おそらく、実際はこんな感じになるだろう」という現実のシナリオ。

その3つのレベルで考えてみると、現実のシナリオを描きやすくなります。

また、これがいいのは、最低のシナリオを想定しておくことで、最悪の状態をイメージできること。

何かに挑戦しようとする際に、覚悟が決まるのです。

 

「ディズニーストラテジー」という手法を取り入れる

これは、NLPでいうところの「ディズニーストラテジー」という手法です。

ウォルト・ディズニー氏は、ゴール達成を考えるとき、「ディズニーストラテジー」の視点から考えていたと言われています。

すなわち、自分の夢を3つのポジションから見ていたということです。

その3つのポジションとは、

・ドリーマー(夢想家)

・クリティック(批評家)

・リアリスト(現実家)

です。

3つの役割に分かれて、1つのプランを検討していたのです。

まず、「ドリーマー(夢想家)」は、とにかく大きな理想を広げます。

次に、「クリティック(批評家)」は、ドリーマーの非現実的な部分を徹底的にチェックします。

最後に、「リアリスト(現実家)」は2者の両方の案をふまえて、現実的な案を考えるのです。

こうすることで、先にあげたように現実的なアプローチができますし、最悪を想定するという覚悟もできるのですね。

このように考えることで、なにかと理想主義に走りがちだったウォルト・ディズニー氏は、自分の理想を現実的なビジネスに転換してきたわけです。

 

ゴールまでのシナリオを複数持っておこう

ここで重要なことは、

・シナリオは複数持っていたほうがいい

ということです。

ご存じのとおり、計画をたてても、実際にやってみないとどうなるかはわかりません。

予想以上にうまくいくときもあれば、想定外の失敗もあります。

予定よりも前倒しで完成してしまうこともあれば、納期ギリギリでトラブルが起こることもあります。

要は、最高のシナリオと最悪のシナリオの間のどのゾーンに現実が落ち着くのかは、やってみないとわからないということなのですよね。

だからこそ、シナリオは複数考えておきたいものですし、スケジュールもバッファを持っておきたいもの。

実際は余裕がある目標のほうが少ないと思いますし、達成までに困難をともなうゴールであればなおさらです。

それなのにシナリオが1つだけしかないと、「シナリオ通りに進めなければ」という意識がはたらいてしまい、状況に合わせて対応するといった柔軟性が失われてしまいます。

では「最初から現実的なシナリオを考えればいいのでは?」と思うかもしれませんが、シナリオを1つしか考えないと、たいていの場合は現実的なシナリオだけになります。

それだと、リスクも少なくはありますが、チャレンジもありません。

大きな成果を得るのは難しいでしょう。

ですから、シナリオは理想と現実の幅を持って考えてみることが大事です。

ゴール達成までの道のりを描く際には、ぜひ、

・最高のシナリオ=ドリーマー(夢想家)

・最低のシナリオ=クリティック(批評家)

・現実のシナリオ=リアリスト(現実家)

のポジションから描いてみることがおすすめです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、妻と娘がお風呂に入っている間に自宅でひとり戦略会議を実行。

「6本の柱」で今年後半の目標をマインドマップにしました。

今年目標にしていたことを達成している部分もあれば、まだまだな部分もあり、精進が必要です。(^_^;)

【募集中】
・6月14日 19:30〜21:30
「理想の1日」を実現する!「早起き習慣化セミナー」
〜毎日2時間の自由時間を生み出す〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コーチング・NLP, モチベーション

執筆者:

関連記事

コーチングも機械にとって変わられる?生身の人間コーチとロボットコーチ、どちらにコーチを依頼するのか。

「あと3年もすれば、コーチングビジネスは機械にとって変わられる可能性がありますよ。」 ロボット業界や人工知能の分野に詳しい友人のコーチが、話していました。 「これからコーチングはもっとたくさんの人に必 …

相手の想いを引きだす「いい質問」は、相手が普段考えている領域の近くにあるもの。

子どもの質問というものは、思いがけず本質をついてくることがあっておもしろいものです。 その一方で、かなり「遠い質問」をすることがあり、今日は私が考える「いい質問」を考えるきっかけになりました。(笑) …

no image

「モチベーション」を維持する方法(5)

———————————————————— 当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(僕の造語です)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 僕が「良習慣」を身につけていく …

目標ができるとワクワクしますし、これからなにをすべきか考えざるを得なくなりますよね。

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 先日からいくつか記事にしてきた銀座コーチングスクールの副代表・林さんの「ルーキーコーチのための『初めてのコ …

ペーシングを活用したコミュニケーション。空気を読まずに「空気を生み出す」。

「空気を読む」ことが大事と言われることもあれば、「空気を読みすぎないこと」も大事だと言われますよね。 どちらもメリット、デメリットはありますが、自分から「空気を生み出す」こともできると思っています。 …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930