【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

学ぶ習慣

そのアウトプットに意図はあるのか?意図した発信でなければ受け手も時間の浪費になる。

投稿日:2017/06/11 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ガラケーからスマホに変える際に、日々接する情報量が圧倒的に変化したことを記憶しています。

アウトプットをはじめたのもその頃でした。

ただ、アウトプットをするのであれば、目的意識を持って発信したいものですよね。

 

スポンサーリンク

 

スマホ所有によってSNSとのつき合い方が変わる

息子が携帯を持つようになって、いろいろと使いかたに関するルール等を話し合うようになりました。

食事中に見ることはだめだと伝えたり、歩きスマホも禁止です。

ただ、思い返すと、私自身がスマホを所有したときは、際限なく研究していたので大変でした。

便利なアプリの研究はもちろん、AndroidスマホだったのでiPhoneとの違いを調べたり、同じような機能のアプリでも比較する等して、時間を使ったものです。

通勤時間、これは私にとって非常に重要な自己投資の時間なのですが、その時間さえも、スマホに奪われていきました。

・著名人のブログ記事を巡回
・ニュースサイトでの情報収取
・「これはいい情報だ!」と思えばTwitterやFacebookにシェア

といったことをおこない、時間がすぎていったのですね。

ときには妻とLINEのやりとりをしながら、駅のホームを歩いていました。。。(^_^;)

 

意図を持ったアウトプットをしているか?

ただ、本気で自己投資を考えるようになり、上にあげたような時間は皆無となりました。

なぜなら、考えれば考えるほど、SNSで情報発信するような手法は意味が無いと思うようになったからです。

情報収集は重要なことではありますが、専門的な知識以外は絶対必要なものではないでしょう。

先週の月曜日、100kmマラソンの疲れのために久しぶりに1日自宅にいましたが、昼間のワイドショーや夕方のニュース番組でずっと同じ話題を繰り返していて、唖然としてしまいました。。。

もちろん、家族や友人とLINEやTwitterをやることには問題はなく、必要なコミュニケーションでもあります。

実際、FacebookやTwitterの登場で、個人が情報発信できるようになったことは、実にすばらしいことだと感じています。

Instagramも、見ているだけなら「へえ、カラフルでおもしろい写真だな〜」と思うこともあります。

しかし、明確な情報発信の意図を持たないアウトプットなのだとしたら、発信している人にとっても、その情報を受信している人にとって、時間の「浪費」になってしまうのではないでしょうか。

 

SNSをやるなら、目的を持ってはじめよう

たとえば、私がTwitterを始めた頃のツイートには、「渋谷なう」といったつぶやきを見かけたことが本当にありました。

そのような情報は、自分の貴重な時間を割いてまでおこなう情報発信なのでしょうか?

私は、そうは思えません。

受け手にしてみれば、「・・・で?」という感じですよね。(笑)

あらためて言うまでもなく、時間は何ごとにも変えられない貴重な資産です。

その時間をどのように活用するのかによって、あなたの未来が決まるのです。

・流行だから
・みんながやっているから
・はじめたらやめるタイミングを見失ったから

といったような理由で情報発信しても、その情報に中身はありません。

惰性で情報発信をしたり、情報を収集しても、ほとんど意味はないのです。

これでは、電車でスマホゲームに熱中している人たちとなんら変わりがないでしょう。

Facebookも、Twitterも、Instagramも、必ずやらなければいけない義務はありません。

もし取りくむのならば、目的を設定してから取り組みましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は午前中にコーチングセッションを2件。

午後は娘と2人でプールにいきました。

娘には子どもプールで待ってもらい、ひとりのトレーニング時間を確保。

あまり疲れることなく1kmを泳ぐことができ、、、自分の成長を感じました。

自分の成長を実感する瞬間・・・たまりません。(笑)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-学ぶ習慣

執筆者:

関連記事

コンプレックスは悪者じゃない。弱点を克服したあとに現れるあなたの強み。

弱点やコンプレックスには目を向けたくないものです。 しかし、克服したいと思うくらいの気持があるなら、弱みを強みに変えるくらいにエネルギーを注げると理想的です。   スポンサーリンク &nbs …

セミナーのメモにマイフォーマット。私が活用している6つのルール。

セミナーや勉強会のメモ、あなたはどのようにつくっているでしょうか? 以前の私は、かなりの欲張りぶりがでてしまい、「セミナーの内容を全部メモしてやる!と意気込んでいました。 しかし、結果として「たくさん …

「アルダファの三大欲求理論」から考える。人間の高次的な欲求にある成長欲を活用しよう!

  こんにちは、伊藤です。 本日は、明日出場する「東京マラソン」の受付に行ってきました。 受付会場の東京ビッグサイトは大混雑。 これだけたくさんの人が関わるマラソン大会に参加できるのは、嬉し …

自分の思考を磨くために。積極的に「対話」を活用しよう。

古代ギリシャの哲学者であるソクラテスは、何よりも対話を重視したと言われています。 私も、、、というとおこがましいのですが(^_^;)、対話によって思考が深まり、気づきや内的成長をする機会を得ています。 …

「自己学習を習慣化したい」のに、なかなか時間を確保できないときはどうすればいいのか?

私が自己学習を習慣化する際に確保したのは、ランチタイムの時間でした。 結果的にそれは正解だったと思っており、ポイントは「報酬」という要素です。   スポンサーリンク   目次1 動 …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031