【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づく習慣

あなたは「正論」が好きですか?私が考える会社の中での「正論」の扱い方。

投稿日:2018/12/28

Pocket

社会人になってとらえ方が変わったものの1つに「正論」があります。

特に、組織の中での「正論」の扱い方には注意したほうがいいと思うのです。

 

スポンサーリンク


 

会社で正論ばかり述べる人はいますか?

正論ばかりを言う人。

あなたの周囲にもいるのではないでしょうか。

そのような人は、会社のような組織にいると、矛盾点に目が行ってしまいます。

組織の矛盾点や上司の矛盾にがまんができなくなるのですね。

ただ、そのような問題点というのは、だいたい以前にも指摘されていたり、一度論点として話し合っていることも多いはず。

それが未解決のまま残っているということは、それなりの理由があるのだと思うのです。

正論ばかりを言う人は、「0か100か」という思考パターンの人に多いです。

ですから、会社としてある程度「必要悪」として残っていたり、「いろいろと考えたけど、ここは20%は仕方ない」というような、マイナスの部分が許せないのですね。

このような思考だと、会社員としてうまくやっていくのは難しいのかもしれません。

 

「総論賛成、各論反対」の雰囲気を打破するために

もちろん、正論が悪いと言っているわけではありません。

たとえば、不正行為を見逃したりするのは良くないですよね。

しかし、組織(特に長く続いている組織)には、すべてが完璧にうまくいくことなどあり得ないように思うのです。

40代の男性が、健康診断ですべての数値が完璧に健康ではないのと同じように。

ただ、だからといって、

・うちの会社の仕組みはおかしいのでは?
・あの社員をリストラすべきではないか?
・たばこを吸っている社員は1日に何度も無駄な時間を浪費しているのに、なぜ禁煙車と同じ給与なのか?

という人に対して、もし自分が上司だったら、どう思うでしょうか?

「そんなことは、とっくにわかっているんだけどな。。。面倒くさいやつ・・・」と思われるかもしれません。

その一方で、会社でチャンスをつかむ人というのは、どういう人か。

私が見てきて感じるのは、そのような人は、会社に矛盾や理不尽さがあることを受け入れています。

そして、会社ともめても無駄だとわかっているので、「自分はこの状況でどうしていくか?」ということにフォーカスしている人だと思います。

ですから、「これは解決しなければならない」という課題に対しては、柔軟かつ客観的に主張するものです。

自らがリスクをとって動き、やがて周囲を巻き込む。

そのようにして、「総論賛成、各論反対」の雰囲気を打破していくのではないでしょうか。

 

会社に正論を言うよりも自分で小さな行動を起こす

「ここは変えたほうがいいよな・・・」

組織にいると、どうしてもそのようなことが出てきます。

そして、「会社を変えよう!」と言うだけだったら、誰にでもできるのかもしれません。

しかし、そこに「嫌われる勇気」や行動がともなわなければ、無責任な発言になってしまうでしょう。

ただ言っているだけの人は、そのうち「そんなに言うなら、あなたがやればいいのでは?」と言われてしまうかもしれません。

それだと、上司からも期待されないし、周囲からも応援してもらえないのではないでしょうか。

ほかの人をコントロールすることは難しいですし、ましてや変えることなどできません。

それよりも、自分が動けば結果に変わる部分に労力を注ぎましょう。

「こんな仕組みがあったほうがいい」と思うなら、まずは自分がやってみる。

アイデアを数人に話してみて、「それ、良さそうだね」と言われたことを小さくはじめる。

そこで出した結果こそ、何よりの説得材料になるのではないでしょうか。

その結果が望ましいものであれば、周囲の人も「いいかも」と言って、取り入れてくれる可能性も出てくるはず。

そうしてはじめて、周囲を動かすことができるのだと思います。

つまり、会社を変えたいと思うのなら、会社に変化をうながしたり、上司に愚痴を言ったりするのではなく、自分の思考と行動を変えること。

それが、結局は正論を語るよりも、よほど近道なのではないでしょうか。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、4つも予定が重なる日でした。

当初はセミナーに参加する予定。

しかし、会社の忘年会が入ってしまったのですね。。。(^_^;)

セミナーは動画参加に切り替えてもらいました。

また、「習慣化の学校」の説明会もバッティング。

さらに、ランチーム・トライアスロンチームの忘年会とチームキャプテン元帥の生誕祭もあったのですが参加できず。。。

全員参加が必須の会社の忘年会というのも、古い慣習や常識なのでしょう。

でも、そこをぶっちぎることは、まだまだできない自分がいました(汗)。

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-気づく習慣

執筆者:

関連記事

「感情が先。理屈は後。」理論には、「人が動く」プロセスがある。

「感情が先。理屈は後。」という理論は、パワフルです。 その理論は、まさに「人が動いてしまう」プロセスだからです。   スポンサーリンク   目次1 「蒙古タンメン中本」の蒙古タンメ …

成果を上げるためには「内的成功」→「公的成功」という順序が必要。

  こんにちは、伊藤です。 「平成進化論」3日間セミナーの同期生であり、尊敬する友人・羅王さんのブログを読んで感銘を受けました。     目次1 本日のお勧め記事2 内か …

あなたがいるべきコミュニティーはどこですか?夢や目標を語るとき、相手はどのような反応をするのか。

あなたの周囲には、夢や目標を応援してくれる人はいますか? そのような応援者や周囲の挑戦者たちが集まっているコミュニティーは、あなたの成長を加速させてくれる仲間です。   スポンサーリンク & …

「傾向と対策」は学校のテストだけじゃない!自分の人生にどのように適用するか?

目次1 息子の定期テストを見ていて考えたこと2 テストは出題範囲が分かる3 繰り返し練習する4 傾向と対策を練る 息子の定期テストを見ていて考えたこと 息子が中学生になって、初めて定期テスト(期末テス …

身の回りの環境を整え、「心の澱(おり)」を取り去る習慣

目次1 ■「環境整備」で小さな心の負担を取り除く2 ■「ライフマネジメント」の観点から見ても環境整備は重要3 ■自分では「整っている」と思っていた「身の回りの環境」に落とし穴4 ■幸福度と環境整備に存 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら