【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考習慣

自分を知るために、両親の価値観や思考パターンを探ってみる。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

私たちの思考パターンは、かなりの部分で両親から受け継いでいるものです。

ですから、自分を知るために、両親の思考パターンを探ってみるのはトライする価値があると思っています。

 

スポンサーリンク


 

帰省時の両親との会話から感じたもの

今回の帰省で、両親と、

・価値観
・仕事観
・家族観

などといった分野について話をする機会がありました。

会話の中から、両親の価値観をなんとなく探っていたのですが(職業病です・笑)、やはり共通しているところがありました。

両親が持っている価値観と、私が持っている価値観。

共通点は、「平和を好む」という価値観です。

エニアグラムでいえば、「タイプ9」ですね。

大事にしているものは、

・笑顔
・穏やかである
・ほかの人への安心感
・気持ちをなごませる
・平和や快適である
・つながりを重視する
・基本的には楽観的

といった部分。

一方で、避けたいものは、

・人から見捨てられる
・葛藤を避ける
・実態よりもいい方に理想化してしまう
・きっかけがないと変化を起こせない
・怒りや不満は直接表現しづらい

という部分。

さらに、不健全なときは、

・自分の感覚を麻痺させる
・問題に直面することを避ける
・自分を抑制して無感覚になる

といった部分などです。

これらは、両親と同様、まさに私自身に関しても共通している価値観だったのです。

「やっぱりな〜」と、ひとり納得していました。(笑)

 

両親から受け継いでいる思考パターンに気づく

今回の両親との会話を通して、私たちが持つ価値観やビリーフ(無意識のうちに正しいと信じている思い込み)は、両親から受け継いでいる部分が非常に多いことがわかります。

たとえば、私の父は穏やかで、基本的に笑顔であり、争いを好みませんでした。

そのため、私は(たぶん姉も)家庭は心地よい場所でした。

私はそのような環境で育ち、自分が経験して肯定しているからこそ、私自身もそれを実行するようにしています(無意識のうちに)。

それは、私にとって自然であるわけです。

父の価値観が、よくも悪くもいまの自分を形成する要素として、色濃く反映されているのですね。

また、父の仕事に対する姿勢や考え方は、そのまま父の生き方(働き方)につながっていました。

ですから、その価値観も、私の生き方(働き方)、そして考え方とつながっているのです。

そう考えると、自分のことを分析したり、自分のことを知るために、ひとつアプローチとして自分の両親がどのような価値観を持っているのかということを考えてみるのは有効だということに気づきました。

実際、私は両親との会話を通して、自分をふり返って納得したこともあり、同時に「ここは残念ながら、治らない部分なんだろうな・・・」と残念に思うところがありました。(笑)

もちろん、私の両親は完璧な人間ではなく、不足している部分はたくさんあります。

そこは反面教師として受け入れればいいし、良い面は自分の長所として伸ばしていけばいいのです。

そのようにして、私は両親の不完全さを受け入れているし、それを受け入れることによって、自分の不足している能力も受けることになると思ったわけです。

 

自分のビリーフを言語化するために両親を客観視する

ビリーフ(無意識のうちに正しいと信じている思い込み)は、主に小学校ぐらいまでの幼少期の体験や環境からつくられると言われます。

無意識の思い込みがつくられるのはまさに「三つ子の魂100まで」ということわざにいら言い表されているんですよね。

幼い頃の性格は図書とっても変わらないという意味ですか性格は遺伝や環境要因から疲れますが、環境要因の中で後天的に疲れた正確に大きな影響与えるのがビリーフなのです。

そのビリーフが、幼少期の頃からずっと私たちの無意識で行動や感情をあやつってきた思考パターン。

その思考によって、自分の行動をコントロールされてしまっている感覚です。

裏を返すと、私たちはビリーフを扱うことができれば、自己嫌悪感や不安から解放される可能性もあるのです。

では、ビリーフをとらえるためにはどうすればいいのでしょうか?

重要なのは、言語化です。

言語化をするとそのイメージや対象について扱うことができるようになるからです。

扱うことができれば、コントロールすることもできるようになりますよね。

ビリーフの多くは、言語化するととてもシンプルな言葉であることも多いため、恥ずかしくなることもあるかもしれません。(^_^;)

それも、自分の無意識では、当たり前のこととして信じられているわけです。

言葉にしてみると、客観視することができます。

客観視できれば、その価値観について考えることが可能になるのです。

また、言語化を文字にして視覚でみることによって、1次元から2次元になり、思考を探っていくことができるようになるのです。

しかし、イメージを言語化するというのは、コーチのように心理を扱っていても難しいものです。

自分の中にしかないので、見えづらいし、わかりづらいのですね。

ただ、自分のことはわからなくても、ほかの人を通して感じることによってわかることがあります。

それが、今回わかったのですが「自分と共通項が多い人を客観的に見て、わかったことを自分に当てはめてみる」ということです。

つまり、自分自身を知るために、ほかの人の思考パターンや価値観を客観視して、「自分はどうだろうか?」と考えてみるのです。

自分のことは、直接的にはなかなかわからなくても、親の価値観を見てみることで言語化できることがあるのではないでしょうか。

自分の思考パターンはどのように生まれ、どのように強化されてきたのか。

両親の生きるスタンスや話の中から探ってみるのも面白いものです。

自分を深く探り、ビリーフを言語化するためにも、「両親との対話」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、午前中にコーチングセッション。

午後は、妻と2人でランに行き、帰宅後に娘と2人でスイムと、連続でした。(笑)

夕食は、妻の両親と義妹家族と一緒に。

妻の両親の父の日、母の日、母の誕生日など、まとめてお祝いしました。(^_^;)

【募集中】
2017年8月17日開催:【これで続けられる!「良習慣の見つけ方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜】

2017 年8月24日開催:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

2017年9月7日開催:毎日目標を達成する!「1年で100個のやりたいことを達成する!」ワークショップ

2017年9月14日開催:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

【メルマガはじめました】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

▼登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■お知らせ

【セミナー募集中!】
2017年9月14日開催:これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

2017年9月21日開催:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す!〜

2017年10月6日開催:毎日を超充実させる!「やりたいことリスト100」をつくるセミナー

 
コーチングサービスは随時承っております。
コーチングのお申し込み

■当ブログへのお問い合わせ・ご感想はこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前 ( * 必須)

メールアドレス ( * 必須)

題名

メッセージ本文

■スポンサーリンク


-思考習慣

執筆者:

関連記事

あなたは考えたことがありますか?はたして「ほかの人に嫌われずに生きること」は可能なのか?

あなたに1つ質問させてくださいね。 「ほかの人に嫌われることなしに、一生を終えることは可能だと思いますか?」 この質問に対する答えを考えていきましょう。   スポンサーリンク   …


悩みの源泉はほかの人との比較。幸福を感じる基準は自分で決められる。

日々生きていると、うまくいくことばかりではありません。 というか、うまくいくことのほうが少ないような感じさえあります。(^_^;) ただ、そのような状況であっても、幸福を感じることはできるはずです。 …


思わず「イラッ」としたらどうしますか?そのようなときは「相手を変えず、自分の見方を変える」を試してみましょう!

こんにちは、伊藤です。 先日、ぼくが遭遇したちょっとしたトラブルから、 「相手を変えず、自分の見方を変える」 という学びを実体験しました。     目次1 ランチタイムのおそば屋さ …


トラブルを起こした相手を責めるより、人間関係のダメージに注意しよう。

トラブルが起きたとき、何をポイントに解決に向かえばいいのでしょうか。   スポンサーリンク   目次1 トラブルは避けられない2 どこにポイントをおいて解決をはかるか3 相手を許し …


迷ったときの決断を助けてくれる!あなたは「思考の3原則」をご存じですか?

あなたは、判断に迷いますか? そのようなとき、あなたはどのように結論を出しているのでしょうか。 自分の中に、普遍的で一貫した判断基準を持てたら良いと思いませんか?     目次1 …


似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930