【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング・NLP

10,000回のフィードバックから考える。相手にどのように声がけをすればいいのか?

投稿日:2018/12/18 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

相手の言動や行動に対するフィードバック。

どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

私のおすすめは、3つのポイントにしぼってフィードバックをすることです。

 

スポンサーリンク

 

SNS上のフィードバックを10,000回以上おこなう

私がサポートコーチを務めている「習慣化の智慧(続ける習慣実践会)」というコミュニティーがあります。

そこでは習慣化コンサルタントの古川武士さんの15分程度の音声コンテンツが毎日配信されます。

そのコミュニティーにはたくさんのメンバーがいて、音声に関する気づきや感想をしています。
(コミュニティーの運営は、当初はGoogle+で運営していましたが、来年に終了するということでFacebookに移動中です)

そこでは、毎日10〜20人くらいのメンバーが投稿をしているのですが、私が、それらの投稿に対してフィードバックのコメントをすることが主な役割です。

毎日少なくとも10コメントしているとすると、1年で3,650回以上のコメントをしています。

また、すでに3年以上継続しているコミュニティーなので、おそらくコメントやフィードバックは10,000回を超えていると思います。

10,000回以上のフィードバックをどのようなポイントでやっているのか、あらためて考えてみました。

 

最初はプラスのフィードバックをする

基本的なスタンスは、

・ひと言目は、プラスのフィードバックをする

ということです。

人は誰でも、ほめられるとうれしいものですよね。

たとえ、小さなことであっても、いや小さなことこそ、意外とうれしいものかもしれません。

ただ、「人をほめる」といっても、なかなか難しいこともあるのですよね。

人は意識しないと、できていないところや不足している部分にフォーカスするもの。

本能的には、マイナスのほうに目がいくようにプログラムされているのです。

ただ、完璧な人間はいません。

良い面もあれば、悪い面もある。

できている部分もあれば、できていない部分もある。

その前提を含んだ上で、

・ひと言目は、プラスのフィードバックをする

わけですね。

ポイントは考え方や目標宣言をほめるのではなく(それももちろんいいのですが)、「行動」に焦点をあてて「プラスのフィードバックをする」ということです。

そして、そのあとに、改善点のアドバイスや提案があれば、伝えるのですね。

誰でも、成長へのプロセスをたどります。

今が理想とは違う状態だこらこそ、インプットとアウトプットをくり返して進んでいるのですよね。

それなのに、いきなり改善点をフィードバックすると、「そんなの、わかってますよ」ということになりかねませんし、気分も落ちます。

ですから、改善点や提案は悪いことではないのですが、状況やタイミングによっては、相手にとってよろこばしいものではないということです。

ですから、まず、

・ひと言目は、プラスのフィードバックをする

ということが大事なのです。

 

質問をして気づきをうながし、最後に応援する

プラスのフィードバックの次に大事なのは、

・相手に気づいてもらう質問をすること

です。

人は、

・自分が相手に承認されている

のと同時に、

・自分が相手に敬意を払っている

というような関係性がないと、なかなかフィードバックが機能しません。

特に、自分の存在を認めてもらっていると思えなければ、改善しようという気もおきないものなのです。

投稿を読んでいて、相手が「思い通りにいかないです」と書いてあると、ついアドバイスをしたくなるものです。

しかし、ここで重要なのは、いきなりアドバイスをすることではないのです。

それよりも質問をして、相手が自分で気がつくこと。

そのためにも、「こうしたらどうですか?」とはいきなり言わないこと。

代わりに、「どうしてそうしたんですか?」とか、「本当はどうなりたいんですか?」という問いかけをするのです。

最初にプラスのフィードバックができていれば、質問が相手にスッと入りやすくなっています。

その後に質問するので、相手は答えやすくなるのですね。

小さなことでもほめることができれば、人間関係は良好になるものなのです。

もし、余力があれば、最後に抑えておきたいのが、

・応援すること

です。

この3つのポイントをおこなうことで、コミュニケーションは円滑になるはずです。

 

まとめ

まとめると、フィードバックのポイントは、

・ひと言目は、プラスのフィードバックをする
・相手に気づいてもらう質問をすること

そして最後に、

・応援すること

です。

具体的には、

「まずは実際にアクションを起こしたことだけでもすばらしいですね!

 では、この次に改善するとしたら、ポイントはどんなことが考えられますか?

 ぜひ、そこを意識して、明日もトライしてみましょう!」

という感じですね。

これは、子育てやチームビルディングにも活用できるポイントなので、ぜひトライしてみていただければうれしいです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社の仕事がたまっていたため、その対応をしていました。

年末はどうしてもやることが多くなりますね。。。

これも思い込みかもしれませんが。(^_^;)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コーチング・NLP

執筆者:

関連記事

「大きな目標=結果の目標」を達成するために、「小さな目標=過程の目標」を重視する。

どんな大きな目標も、小さな目標の積み重ねです。 それだけに、小さな目標である「過程の目標」を大事にしたいものです。   スポンサーリンク   目次1 「小さな目標=過程の目標」の重 …

週末起業家として活動するために、どのように時間を確保するか?

私と同じ週末起業家のコーチの友人が、「なかなか活動時間を増やせない」と話していました。 特効薬はなく、地道に時間の使い方を改善し続けていくしかないと考えています。   スポンサーリンク &n …

私がアドバイザーを選ぶ3つのポイント。実践者・スタンス・状況把握という基準。

行動力を高め、継続力をキープするためには、私は自分ひとりの力ではとても無理なので、アドバイザーの力を借りています。 そのため、「誰にアドバイスを求めるのか?」ということを非常に重要視しており、選ぶ基準 …

より良く変化するために。コーチとクライアントが中長期で成長するために一緒に変わる。

人は、変化を嫌う生き物です。 でも、変化するときがあります。 それは、「変化しないことのリスク」が、「変化することのリスク」を上回ったときですよね。 スポンサーリンク 目次1 具体的な習慣を身につける …

「目標」の正しい活用方法。目標の意義は達成することだけではなく、追求するプロセスにある。

たいていの人は、目標を立てたら、その目標を達成することが重要だと思うでしょう。 しかし、より重要なのは、目標を追求するプロセスで成長すことだと考えています。   スポンサーリンク &nbsp …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031