【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

やりたいこと(天職、才能、強み)を見つける習慣

職業選択の自由がある時代に。ビジョンから自分の仕事を選ぶか、理想のライフスタイルから自分の仕事を選ぶ。

投稿日:2019/01/05

Pocket

息子と職業選択に関する話をしていて、将来的に仕事をえらぶための2つのアプローチを話しました。

その内容を記事にしました。

 

スポンサーリンク


 

コーチやサポーターとしてたくさんの方々の人生にふれてきて、感じていることがあります。

それは、

・その人の幸福感は、「自分の仕事が好きかどうか」によって、大きく影響されている

ということです。

簡単にいえば、

・仕事で幸福感を味わっている人は人生でも幸福である
・仕事がおもしろくないと思っている人は人生全体もあまりおもしろくすごせてない

ということですね。

もちろん、100%はありませんので、完全にイコールではありません。

しかし、おおよその傾向で、上記のような感じになっていると思うのです。

ですから、「どのような職業を選択するのか?」ということが、その人の人生の幸福度に大きく関わってくるのだと考えています。

ただ、昔の日本の会社と今は違っています。

終身雇用や年功序列は過去のものになってきていますし、転職や会社員の独立起業が珍しくなくなってきました。

それだけ職業の選択肢が増えているということですよね。

選択肢が増えるのはとてもいいことの反面、「迷う」ことも増えるという側面もあります。

「今の会社でずっと働いていて大丈夫かな・・・」と迷うのは、ほかに選択肢があるからでしょう。

 

「職業」をただの「職種」のようにとらえてしまうと、迷いが大きくなります。

大事なことは、その仕事を通して、どのような世界を実現し、自分がどのようになりたいか、ということを考えることでしょう。

私もまだまだ発展途上(すぎる)のですが、「こんな世界(みんなが24時間を良習慣でうめつくす)が実現したらすごいよな」というビジョンはあります。

私のコーチングやブログは、そのための手段でもあります。

そのようなビジョンを実現するために、自分には何ができるのか、というベースから考えると、仕事も選びやすくなるのではないかと思うのです。

そのようなビジョンがあれば、仮に就職の時点で間違った判断をしてしまっても、転職などで修正がきくでしょう。

逆に、職業選択で迷うという人は、自分なりのビジョンが描けていない可能性が高いと思います。

ですから、どのような仕事をしても迷ってしまうのですね。

新卒時期の私は、まさにこの状況にはまっていました。(^_^;)

実現したいビジョンを持たなかったので、自分の職業も選べなかったのです。

そう考えると、職業というのは、自分が実現したい目的を助けるために存在するものなのかもしれません。

ですから、自分にフィットする職業や仕事を選ぶために、自分に質問して、

・自分はどのような世界をつくりたいのか?
・自分が心地よいと思う状況はどのような状態なのか?
・人生を終える前に後悔したくないことは何なのか?

ということを考えてみることが不可欠です。

当然、一度考えたら終わり、ということはありませんので、変化してもいいのです。

それよりも、自問して「今の自分はどう思うのか?」を仮でもいいので一旦つくってみることがおすすめです。

 

いきなりビジョンを考えるのは難しい人もいると思います。

もう1つの方法として、身近に考えるために、

・自分が10年後にどのような生活をしていたいのか?

ということを考えるのもいいですね。

ライフスタイルというのは、自然にできあがるものではないと思っています。

それよりも、人生のどこかの時点で自分なりに決断し、つくりあげていくものです。

そのようなライフスタイルを通じて、自分が実現したいビジョンをイメージするのもいいかもしれませんね。

そのためには、自分の感性がプラスに動くものを集めていくことが大事だと思います。

自分が「いいね!」と感じる、「自分のいいね!」を収集するのです。

私が「いいね!」と感じるものは、

・自分の笑顔
・家族の笑顔
・クライアントさんたちの笑顔
・師匠たちの笑顔
・チームメンバーの笑顔
・友人たちの笑顔

など、人とのつながりと、その笑顔によって生まれる雰囲気に「いいね!」を感じます。

一方で、イライラや疑心暗鬼のような雰囲気は苦手で、やわらかいコミュニケーションがうまれない世界は好きになれません。

そのように、「自分とつながっている人たちの笑顔を増やすには、自分はどのようなライフスタイルをつくればいいのか?」ということから仕事を考えることもいいものだと思うのです。

このようにして、ライフスタイルから、自分の仕事をイメージして職業選択を考えてみる。

そこからビジョンにつなげる方法もあります。

どちらの方法にしても、ビジョンがあるのとないのとでは、10年後に大きな差が生まれると思うのです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、夕方に書く仕事のためにタリーズへ。

娘と2人で並んで座り、お互いに自分がやりたいことをこつこつと。

意外にも集中でき、充実の時間となりました。

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-やりたいこと(天職、才能、強み)を見つける習慣

執筆者:

関連記事

自分の心の中の「やってみたい」を無視しない。その「やってみたい」は複業や天職につながっているかもしれません。

先日、「伊藤さんは、最初からコーチングをやりたいと強く思っていたんですか?」と質問されました。 頭で強く思っていたのではなく「やってみたい」と心が感じた、と答えました。   スポンサーリンク …

自分の軸を知るために、ほかの人の意見に素直に耳を傾けたほうが良い理由。

「他人の意見に流されたり、他人のアドバイスにしたがってばかりだと、自分の軸が定まらないですよ。」 ・・・というのは、一見すると説得力がありそうです。 ただ、自分の軸に気づくためには、むしろ積極的にほか …

ストレスに負けずにエネルギーを高める方法は、行動を止めずに動き続けること。

行動すればするほど元気になり、休めば休むほどエネルギー量が低下する。 人のエネルギーというのは、そのような循環が起きているように考えています。   スポンサーリンク   目次1 エ …

「やりたいこと」は自分発信の欲求。笑われても、アホっぽくても、未完了をきっちり完了するほうが大事。

自分が「やりたいこと」というのは、ほかの誰がなんといおうと「やりたいこと」なのです。 ほかの人に笑われても、自分の気持を大事にして、未完了を減らしていくほうがストレスはたまりません。   ス …

天職を見つけるヒント。あなたの日常に「気づき」による感情の変化を探してみよう。

天職につける人と、天職につけない人がいたら、幸せになれるのは間違いなく天職についた人でしょう。 1日の多くの時間を投資する仕事時間が、天職であれば、人生の幸福度や充実感は圧倒的に差が出るはずです。 で …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら