【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

モチベーション

目標の価値は、「未来を変える」ことではなく「今の選択を変える」ことにある。

投稿日:2019/01/17 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「目標」を設定すると、意識や行動が目標に向かうようになります。

「目標」というと苦しいイメージを持つ人が多いですが、「自分の感情をオンにする」ための手段だと考えてみてはどうでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

年始の目標をあきらめる時期と割合

今年に入って2週間がすぎましたね。

1月1日に立てた目標がある人も多いと思います。

さて、その年始の目標。

それをあきらめる人が多くなってくるのは、いつ頃だと思いますか?

先日受講したセミナーで聞いたところによると、なんと「2月中旬」にはあきらめてしまう人がほとんどだそうです。

割合にすると85%。

かなり多いですよね。(^_^;)

おそらくそれは、自分が期待していたほどの結果をもたらさない目標だったのでしょう。

では、目標を立てると、何が変わるのでしょうか?

私自身、目標設定をして、目標を追いかける日々になってきています。

当初感じていたのは、「目標は達成するためにあるもの」だと思っていました。

しかし、目標の本当に大事な部分は、自分の「感情をオンにする」ことだという風に、とらえ方が変わってきたのです。

2月中旬であきらめる85%の人は、自分の感情がオンにならない目標を設定してしまっているのかもしれません。

 

自分の「感情がオン」になる目標になっているか

目標をたてると、「感情がオン」になります。

「感情がオン」になると、行動するようになります。

行動すれば、現実が変わります。

要は、現実を変えるために、目標が重要なツールになるということですね。

2月中旬であきらめる85%の人は、なかなか変化しない現実に負けてしまうのかもしれませんね。

目標というのは、「未来を変える」というよりは、目標があると「今の行動が変わる」のです。

目標があることによって、目標がなかったら選択していなかったであろう行動を選択するようになります。

たとえば、「フルマラソンを完走する」という目標があるからこそ、寒くてランニングをさぼりたい気持が出てきたときも、外に走りにいくようになる。

これが、目標によって今の選択が変わるということです。

自分の姿や得たい未来があるからこそ、そこに近づく行動を選択するように「今の行動が変わる」わけですね。

これが目標の効用です。

それなのに、自分の「感情がオン」になっていない目標だと、これまでと同じ行動を選択してしまうのです。

 

「目標」を追求するプロセスに成長がある

そう考えると、目標を立てるときは、「周りの人にどう思われるだろうか」ということは、気にしないほうがいいです。

それよりも、「自分がその目標を心から目指したいかどうか」というように、感情が動くことが大事なのですね。

たいていの人は(私も含めて)、「できるかどうか」という視点から目標を設定してしまいがちです。

しかし、それは「今の自分」が決めていることであって、「未来の自分」から考えたら、もっと違った目標になるかもしれませんよね。

ですから、目標を設定するときは、多少の枠を取り払って、

・すべてがうまくいった3年後は、どのような日常をすごしているだろうか?

・もし、確実に成功するとわかっていたら、自分は何をやりたいだろうか?

というくらいの発想で目標を考えてみましょう。

そのほうが、「2月中旬までに85%」のあきらめる人たちに入らない可能性が高まります。

そして、その目標からイメージできる未来に、自分の心が踊るかどうかが重要。

その未来を想像すると、思わず「ネットを見ている場合じゃない。今すぐ行動しないと!」と行動したくなるような目標がいいですよね。

そうすれば、目標によって、自分を成長させることができるようになりますので。

「自分の感情がオンになる」レベルの目標になると、実現は難しくなるかもしれません。

でも、それくらいでいいのです。

もちろん、目標を達成できれば理想です。

ただ、目標を追いかけるプロセスの中でも、確実に成長していくのですね。

そのような意味で、「目標を達成したかどうか」よりも、「目標によって今の選択が変わったかどうか」という基準が大事。

そのような視点で、自分の目標を再チェックしてみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりで継続クライアントさんとのコーチングセッション。

前回のセッションで、ブログを心機一転リニューアルするということでみごとに実行。

これからブログを毎日更新してくれることを約束してくれました。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-モチベーション

執筆者:

関連記事

目標のリマインド。あなたの目標を定期的に思い出す仕組みを持っていますか?

人というのは不思議なもので、夢や目標は常に意識しておかないと忘れてしまいます。 夢や目標を忘れないためにできるのは、常に思い出す仕組みをつくっておく工夫です。   スポンサーリンク &nbs …

no image

「モチベーション」を維持する方法(2)

———————————————————— 当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(僕の造語です)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 僕が「良習慣」を身につけていく …

周囲の評価や自分の失敗に課題がある人へ。「自分がなり得る最高の自分」の基準を決めてみる。

成果がでないときや、試みたことが予想よりも悪くなることってありますよね。 そのようなときこそ、周囲に流されずに「自分がなり得る最高の自分」をめざしましょう。   スポンサーリンク &nbsp …

習慣化を続けるための重要な2つの要素は「パワフルな理由」と「憧れの人」。

継続するために必要なことは何でしょうか? 私は、 ・「パワフルな理由」を見つける ・「憧れの人」を真似する という2つの要素が強力だと感じています。   スポンサーリンク   目次 …

つらい時期を乗り越えるエネルギーを蓄えるために。うまくいっている人の「過去の物語」を追体験する。

新たなアクションを起こすためには、準備として自分の環境を整えることは大事だと思います。 ただ、その準備は、環境のような外側を整えることよりも、心や感情といった内側をケアすることも必要です。 &nbsp …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728