【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣を身につける習慣

「行動したいのに先のばししてしまう問題」に立ち向かう。「0→1」にこだわりすぎず「準備」で前進する。

投稿日:2019/07/09

Pocket




「行動する」という言葉は、「できたか」それとも「できなかったか」という「0か100か」というとらえ方になりがちです。

ただ、そうすると先のばしにつながりやすいんですよね。

「0と100」の間を進めイメージを持てるようになると、先のばし感を減らすことができます。

 

「0→1」に対して「準備」で前進する

どのような活動であれ、何もないゼロのところから「1」にしていくプロセスは、大変なことが多いものです。

そのようなときは、

・「0→1」にこだわりすぎず、「準備」で前進する

ことを意識するように意識しています。

現在も来週の7月19日に迫った「先のばしをやめる習慣」セミナーの準備をすすめていますが、新しいコンテンツなので苦戦中なんですよね。(^_^;)

ただ、これまでいくつかのセミナーを企画・制作をしてきた経験があるので、おおよその流れはつかめている部分はあって、こういうときこそ、

・「0→1」にこだわりすぎず、「準備」で前進する

ことが大事なんです。

ですから、

・会場を予約する

・告知ページをつくる

・ECショップで商品を設定する

といったように、セミナー開催への「準備」を進めています。

そうやって「準備」していくことが、ゴールへの着実なステップだと思っているからです。

 


 

【お知らせ】

・2019年7月19日(金)「先のばしをやめる習慣」セミナー
http://www.ryoushuukan.com/seminar-to-stop-procrastination/

・パーソナルコーチングのお申込み
http://www.ryoushuukan.com/coachng_application/





未経験の「0→1」は負荷が大きいのが当然

ただ、一番最初のセミナーを自主開催する「0→1」のときを思い出すと、それはそれは大変でした。

当時、会社の仕事でもさわったことがほとんどなかったPowerPointを使って、セミナーのスライドを見よう見まねでつくり始めました。

このとき、なぜ大変だったのか。

それは、自分でセミナーを開催した経験がないので、

・土台がない

・お手本がない

・基本がわからない

から大変だったんですね。

ゼロの状態から「行動する」というのは、大きな負荷がかかるものです。

こんなときは「0→1」という大きなステップをイメージしているので、人は、

「大変だなぁ」

「面倒くさいなぁ」

「まだ時間はあるしなぁ」

と思うわけです。

 

「すぐやる人」と「先のばしする人」の能力の差

ただ、このような状況であっても、

・すぐやる人

と、

・先のばししてしまう人

の2つのタイプの人間が存在します。

ゼロの状態の大変さをイメージすると、つい先のばししたくなることがあるんですよね。

そうして、先のばしした自分を「先のばししただめなやつ」という風にとらえて、落ち込むわけです。

でも、ここでよくよく考えてみると、

・すぐやる人=ものすごく優秀でなんでもできる人

・先のばししてしまう人=ダメダメで何にもできない人

というわけでもないと思うのです。

2つのタイプの人たちが、あきらかに能力がかけ離れているかといえば、必ずしてもそういったわけでもないんです。

納期がやってくれば、先のばししている人もなんとかタスクを終えているものなので(そうですよね?)。

先のばしする人が、すべての仕事で納期遅延を起こしているわけではないはずです。

要は、すべては、やり方次第なのだと思うのです。

 

テンプレートやフォーマットの活用

そもそも、物ごとをまったくのゼロからスタートさせるのは、効率的なやり方とは言えません。

実際、会社でも、

・報告書や企画書

・定例会議の議事録

・ルーティン業務の書類

などは、すでにテンプレートがありますよね。

もちろん、毎回の調整は必要ですし、自分なりのアレンジは必要です。

それでも、白紙の状態からつくるよりは、テンプレートやフォーマットがあった方が、圧倒的に効率的にタスクをすすめられます。

 


■スポンサーリンク




先のばしの準備不足を解消する

先のばししてしまう人には、物ごとに取りくむ際に、

・十分な準備ができていない

という共通点があることに気づきました。

つまり、

・準備不足

ということですね。

それは、

・「道具やツールがそろっていない」という物理的な準備不足

もあれば、

・「これから取りかかる」という精神的な準備不足

もあります。

そこで思ったのは、先のばししてしまう人であっても、準備不足を減らせばいい
わけです。

つまり、

・できる限りの準備をしておけば、スムーズに行動ができる

ということです。

それが、

・「0→1」にこだわりすぎず、「準備」で前進する

ということですね。

 

「早起き→朝ラン」に「準備」を取り入れる

たとえば、私には「せっかく早起きしたのに、なかなか朝ランに行けない」という状況がありました。

そのようなときは、朝起きたときに、ふとんの中で、

・ウェアに着替える

・ウエストポーチとキャップを用意する

・ランニングシューズを下駄箱から出しておく

という動作を考えていると「面倒くさいなぁ、、、」という感情になり、結局2度寝してランニングができないということがあるんですよね。(^_^;)

このときの対策は、難しいこととか何にもなくて、

・できる限りの準備をしておく

に限るんですよね。

朝のランニングでいえば、面倒くささに打ち勝つ対策として、

・ウェアに着替えた状態で寝る

・玄関にウエストポーチとキャップを置いておく

・ランニングシューズは玄関に出しておく

という準備をしておくだけでOK。

そうすれば、朝目覚めたときに「よし、このまま走っちゃおう」という気分になるわけです。

また、それまでに、朝ランに必要な道具をチェックリストにしておいたり、目覚めたあとの動線をイメージしてから眠るというのも準備のひとつですね。

これが、

・「0→1」にこだわりすぎず、「準備」で前進する

の具体例です。

それでも、日常には、準備する余裕がない状態で、新しいことに取り組まなければならならないこともあると思います。

そのようなときには、「とにかく動こう」と考えることもいいのですが、それだと「0→1」になり、チャンク(行動のかたまり)が大きすぎるケースがあります。

ですから、そのようなときこそ、「まずは、準備に取りかかろう」と考えるほうが、取りかかりやすく、スムーズに進められるのです。

「準備」ですから、やり直しはいくらでもききますし、軌道修正も簡単です。

何より、すぐに実行にうつすことが難しそうなことであっても、「準備」だとすれば、少しずつ進むことを自分に許可できるのです。

 

「0→1」の間のグラデーションを認める

私たちは、どうしても「行動する」ととらえると、「0→1」を実行して、タスクをひとつ終わらせることをイメージしてしまいます。

ですから、1に進むまでに大きなハードルを感じるわけです。

しかし、物ごとの多くは、そんなに簡単に「0→1」が成立しないことも多いものです。

だからこそ、そのようなときは、ほんの少しでもいいので、前進することを考えましょう。

習慣化コミュニティーの友人は「ほふく前進」と称していましたが(笑)、それでもいいのです。

実際、0.3でもいいし、0.1だって準備が進めば、それはゼロではありません。

ゆっくりかもしれませんが、確実に、着実に、ゴールに向かって進んでいるのでダ大丈夫なんですね。

ですから、「ゼロから行動を起こすのは大変で、つい先のばししてしまう」という人は、

・「行動する」よりも「準備を進める」

という感覚で取りくんでみましょう。

 


 

【お知らせ】

・2019年7月19日(金)「先のばしをやめる習慣」セミナー
http://www.ryoushuukan.com/seminar-to-stop-procrastination/

・パーソナルコーチングのお申込み
http://www.ryoushuukan.com/coachng_application/


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、新しいネットショップの研究をしてから帰宅ラン。

その後、コーチングセッションでした。

ブログが、見事に2ヶ月間、毎日続いたクライアントさん。

次のフェーズとして、メニューのアピールについて、アドバイスさせていただきました。


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-良習慣を身につける習慣

執筆者:

関連記事

やはり「変化」「向上」するためには、基準値を徐々に変えていくことがコツ!

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 友人のブログに共感しました!     目次1 会社員でありながらスゴい成果を出す友人2 …

「誰でもできることを誰もやらないくらいにやる」習慣

目次1 ■本日のビジネスバンクグループさんのメルマガに感動2 ■誰でもできることを誰もやらないくらいにやる3 ■黄塚さんのシェア4 ■良習慣は才能を凌駕する ■本日のビジネスバンクグループさんのメルマ …

no image

「何を話しているか」より「どんな行動をしているか」で判断する

———————————————————— 当ブログは、「良習慣」(僕の造語です 笑)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 僕が「良習慣」を身につけていく中で、成功体験や …

自分らしさのつくり方。「自分らしい」と「あなたらしい」のギャップを見つける3ステップ。

「あなたらしい」と言われてうれしいこともあれば、とまどうこともあります。 自分のイメージにあった「自分らしさ」をつくり上げていくための方法を考えてみました。   スポンサーリンク &nbsp …

大切な人を毎朝自分にリマインドする「クライアントリスト」作成のすすめ。

私が毎日見るリストに「クライアントさんのリスト」というものがあります。 それをつくるきっかけと効用を記事にしました。   スポンサーリンク   目次1 「クライアントさんのリスト」 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら