【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング・NLP

対話の時間を有効にするコツは、相手の望むスタンスを先にヒアリングすること。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

私たちはいろいろな役割を持って生きていますから、その役割に対するスタンスを決めておくのは大事です。

対話においても、相手の望みをきいてから、お互いのスタンスを決めるとうまくいきます。

 

スポンサーリンク

 

再契約のクライアントさんとの空気を一変させた質問

先日、私とのコーチング契約期間が終了したクライアントさんから、あらためて継続のお申込みをいただきました。(^_^)

そこで、オリエンテーションのために対面でお会いしたのです。

ただ、半年ぶりにお会いしたので、2人の間に若干の緊張感がありました。

クライアントさんも、そして私も。(笑)

そこで、私は、ストレートに「今日は、どんな風にかかわったらいいですか?」と聞きました。

クライアントさんは、「今日は友人として話を聞いてほしいです。」と即答されました。

私は、そのひと言を聞けたのでスタンスが決まってほっとしましたし、クライアントさんもその言葉を口から発したことによって、いくぶん落ちついたように見えました。

せっかくの対面の時間です。

対話における2人のスタンスを決めておくことで、その後の時間を有効活用できるのですね。

 

ルーキーコーチ時代の私の失敗談

「お互いのスタンスを決めておく」という教えは、私のコーチングの先生から学んだことです。

以前、私がコーチングをはじめたばかりの頃です。

ありがたいことに複数の継続クライアントさんから契約をいただくことができました。

わからないことが多いながらも、必死でクライアントさんを支援しているつもりでした。

しかし、なかなかクライアントさんたちの行動が進まないことがあり、私の中で大きな課題になっていたのです。

コーチングの講義の際に、コーチングの先生に「伊藤さん、顔が怖いよ!(笑)」と言わる始末です。。。

私は、クライアントさんたちとの状況を話してから、「いまいち私のプッシュが足りないのかもしれません。」というような話をしました。

いや、もちろん、私はコーチとしてクライアントさんの成果を出すためにがんばっていると思っていました。

すると先生は、「うーん、、、伊藤さんのクライアントさん、全員が全員、早く成果を出したいって思ってるの?」という質問をされました。

私は、「いや、、、コーチングですから、それは当然ですよね?成果を出すためにお申込みをいただいているので。」と答えました。

このとき、先生からダメ出しを受けたのです。

確かに、今にして思えば、私は新人コーチがやりがちなミスをおかしていました。

どういうことかといえば、私は、すべてのクライアントさんに対して、同じようなスタンスで接して、成果をあげるための質問ばかりしていたのです。

そのような質問の連打は、ある意味「詰問」であり、答えを強要していたかもしれません。。。(^_^;)

 

お互いのスタンスを確認する問いを投げる

コーチングを受けるのであれば、「成果をだすこと」、それはもちろん大前提です。

ただ、ゴールまで通る道は1つであっても、たどりつく方法は1つではありませんよね。

クライアントさんの状態や環境によっても変わります。

必ずしも一直線で行けるわけでもないということです。

たとえば、私がクライアントであったら、

・嬉しいことがあって、とにかくコーチと喜びを分かち合いたいと思ったとき

・思いっきり自慢したいとき

・ネガティブな気持を思いっきり吐き出したいとき

・アドバイスが欲しい(コーチの考え方を聞きたい)とき

というような状況がありました。

つまり、クライアントの私を取りまく様々な状況があり、感情も変化していたわけです。

それなのに、コーチから、常に成果を出すための質問ばかり受けていたら、ちょっとつらいわけです。

「少しはこちらの気持もわかって欲しい」と思ってしまいます(私の当時のマイコーチはそんなことはやりませんでしたが)。

私自身がコーチとして、このあたりの機微がまったくわかっていなかったのですね。

今は経験を積んできたので、ルーキーコーチの時代に比べれば、クライアントさんの声のトーンや話し方でわかることも増えてきました。

でも、それでも迷います。

だからこそ、クライアントさんの意向を確認することが大事だと思うのです。

「今日はどんなテーマで話したいですか?」

「どんなコーチングがいいですか?」

「今日は私を使って何を話したいんですか?」

最初、コーチングの先生からこのような質問を受けたときは、そのストレートぶりに「えっ!」と思ったものです。(笑)

でも、ストレートでいいですよね。

「今のあなたには、どんなサポートが必要?」

そのような問いかけが、もっとも相手の欲している言葉かもしれません。

これはコーチングに限らず、家庭や会社でも使えるはずです。

自分のスタンスに迷ったら、奥さまや部下に率直に「どんな風に接して欲しい?」と聞いてみてはいかがでしょうか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

私がAmazon Fire TVからはまってしまったドラマ「孤独のグルメ」。

なんと新シリーズでシーズン6が開始していました。(^_^)

さっそく1話を観て、妻にお好み焼きをリクエスト。

生まれてはじめてお好み焼きをおかずにして、白米を食べてしまいました。(笑)

それにしても、すごい炭水化物まつりですよね、お好み焼き定食って。。。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コーチング・NLP

執筆者:

関連記事

アドラー心理学の「幸せの3つの条件」とは?条件をみたすために、まずは自分を受け止めよう。

昨日は、平本あきおさんの「コーチングLIVE」を観に行きました。 ライブの最後に平本さんが語ったことが印象的だったので、備忘とお勧めのワークを記事にしました。   スポンサーリンク &nbs …

「一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?」に学ぶ!セルフコーチングに役立つ10の質問。

「積ん読本を30冊以下にするまで新刊は買わない!」 年始にたてた私の誓いが、またも破られました(笑)。 友人が読んでいた本に興味を持ち、すぐに購入してしまったのです。(^_^;) それが、本書「一流の …

コーチングセッション200時間超え。時間、能力、人脈、お金の4つの壁に向かう工夫。

「継続は力なり」と言われますが、あなたには、目的を持って毎日のように続けていることがありますか? 「自分が興味関心のあるものに時間を使えている環境」は、毎日の生活に充実感をもたらしてくれるのでおすすめ …

子どもに「勉強しなさい!」と言ってませんか?人に行動を促すときに知っていると便利なコツ

「子どもや部下が行動してくれなくて困っている。。。」 そのようなこと、ありませんか? 実は、自分以外の人に行動をうながす時、知っておくと便利なコツがあるんです。 今回は、その「セカンドシグナル」という …

コーチングの「きく」にあてる漢字はどれ?聞く、聴く、訊く、利く、効く。

はじめてコーチングを学んだとき、コーチングにおける「聞く」は、「聴く」だと教えてもらいました。 「聴く」は、「傾聴」ですから、より深く聞きとるニュアンスです。 しかし、私の「聴く」という概念にパラダイ …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30