【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

「試しにやってみる」ことに失敗はない。結果よりも行動に焦点をあてる。

投稿日:

Pocket

先日、息子の高校の入学式に参加しました。

その際に、校長先生が「高校生活では、ぜひたくさん失敗して欲しい」とスピーチされていたことが印象的でした。

私は大人になって習慣化やコーチングに出会うまで、「失敗してはいけない」と信じていたからです。

 

スポンサーリンク


 

初めての行動には「プロセスへのフォーカス」が大事

先日、継続サポートしているクライアントさんが、初めて自主開催のセミナーをおこなう決意をされました。

そして、見事に告知までこぎつけたのです!

ここまでくれば、あとはセミナーの開催まで準備をするだけですね(応援しています!)。

私も経験がありますが、これはかなり勇気がいる行動です。

その宣言をされただけでもすばらしいですし、人生をふりかえったときに、きっと思い出に残る1シーンになることは間違いないでしょう。

仮に、セミナーへのお申込みがゼロだったり、少なかったとしても、それはただの結果です。

重要なのは、失敗を恐れずに、これからの自分の未来を信じて、人生で初めての試みをおこなったというプロセスであり、事実なのですよね。

 

失敗への不寛容は自発的なチャレンジを妨げてしまう

今回のクライアントさんに対して私が言い続けたのは、「試しにやってみたらどうでしょうか?」ということでした。

結果ではなく、行動することに焦点をあててもらいたかったからです。

あなたは、これまでに新しいことにトライしてみようと思ったとき、親や先生、上司や先輩はどれくらい「試してみる」という提案をしてくれたでしょうか?

私自身は、「試しにやってみれば」と言われたことはほとんどなかったように思います。

あくまで一般的なイメージですが、私が子どもの頃は、学校でも家庭でも失敗することに対して不寛容だったように感じているからです。

とくに学校では、校則もきびしいものでしたし(男子は全員坊主とか・・・笑)、現代以上に知識偏重型の教育でしたから、ミスや失敗を恐れる雰囲気が強かったと思うのですね。

それは社会でも一緒です。

以前、取引先の会社が倒産してしまった際、担当営業として債権者集会に行きました。

当日、その会社の社長はきちんと債権者集会を出席していました(体調不良ということで欠席する人も多いのです・・・)。

社長の勇気はすごいと思いましたが、債務の金額も大きかったため、集会の雰囲気は怒りに満ちていました。

そのシーンを思い出すと、この日本という国は、失敗やミスということに対して「許さない」イメージがありますし、かなり厳しい感覚を持っているのだと思うのです。

失敗やミスを許さないそのような雰囲気が、「試しにやってみる」という柔軟な思考や姿勢を奪い取っているようにも感じます。

 

自他ともに「試しにやってみる」選択肢を与える

しかし、人が成長するときや教育するという場面では、ミスや失敗はつきものです。

とくに子育てなどは、親自身にも正解なんてわからないですし、親が自分の価値観で成功に導くことなんておこがましいとさえ思います。

ですから、子どもも含めて相手に対して、もっと「試しにやってみる」という視点を与えても良いのではないかと考えています。

理由は、ひとまずであっても「試しにやってみる」という選択肢を与えることが、相手の自主性を生み出すからです。

私自身、習慣化を通じて学んだ体験知として、まさにこの「試しにやってみる精神」を自分に与えられることが大きかったものです。

興味があれば、いろいろな習慣を試しにやってみて、合っていれば続ければいいし、だめだったらやめればいいのですよね。

反対にいえば、「試しにやってみる」という選択肢がないと、「やめる=失敗」となってしまうため、どうしても行動するハードルが高くなってしまいます。

そうなると、「やりたい」から、「やらなければならない」「やるべき」になり、自主性よりも義務感が出てきてしまうのです。

そのブレーキに対するシンプルなアプローチが、「試しにやってみる」という思考・行動です。

さて、あなたは職場や家庭で、相手に対してどれくらい「試しにやってみる」視点をあたえているでしょうか。

そして、自分自身に対して、どれくらい「試しにやってみれば?」と問えていますか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

2、3日前から左目が腫れてきたので、急きょ仕事の前に眼科へ。

前日から少し腫れはあったのですが、「寝れば治るかな」と思ったらそう甘くはなく、朝起きたらもっと腫れていました。(笑)

なんだか試合後のボクサーみたいだったのですが、たんなるものもらいだそうです。

会社で、冗談で「奥さんになぐられました」と言ったら、相手の顔がひきつったので、あわてて冗談だということを伝えました、念押しで。(笑)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

【「ボトルネックを見つける」+「外堀を埋める」=継続!】という公式を見つけました!

昨日の記事に引き続き、今日は 「今の自分には少しだけ勇気が必要なアクションプラン」 第2弾を実行いたしました!   【告知:早起きセミナー開催いたします。下記のURLよりお申し込み受付中です …

ジャンクフードを子どもに食べさせない方法

目次1 ジャンクフードをやめる方法とは?2 大人は可能、子どもは難しい。コントロールするということ。3 思いきった施策とは?4 飽きるまでやり続ける ジャンクフードをやめる方法とは? 先日、習慣化コン …

余分なものを減らさなければ、いつまでたっても満足できない

目次1 「減らす習慣」第3ステージ2 時間泥棒を突き止める3 減らす対策6つの視点4 余分なものを見極める 「減らす習慣」第3ステージ 今日は古川武士さん「減らす習慣」セミナーでの振り返り第3ステージ …

他の人に検索でひっかけてもらうために!自分に「タグづけ」をしよう

最近、友人コーチたちと積極的にセッショントレーニングを繰り返しています。 セッション前後によく出る話題は、ブランドというか、自分への「タグ」の話題です。 プロコーチとして、もっと「とんがる」ために、自 …

「バランスの良い人間性」とはどのようなフレームワークなのか?人間性を磨くために忘れたくない「4つの視点」!

初めて早起きセミナーを開催して10ヶ月ほど経過いたしました。 今月は3回行うという荒技を使いましたが(笑)、おかげさまで新たな願望を2つも達成いたしました!   【告知:早起きセミナー開催い …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。