【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

時間を大事にする習慣

自分とのアポイントメントを守ることができる人は、自分を尊重しているということ。

投稿日:2018/08/18

Pocket

コーチングのクライアントさんで、成果を上げている人に共通していることがあります。

それは、

・自分を尊重して、自分とのアポイントメントを守ることができる

ということです。

 

スポンサーリンク


 

うまくいっている人は「自分とのアポイントメントを守ることができる」

・自分を尊重して、自分とのアポイントメントを守ることができる

ということ。

これは、言い換えれば、「自分を尊重している」といえますね。

たとえば、退社時間直前に上司から仕事の依頼を受けたとしましょう。

その際に、「上司からの仕事は引き受けなければならない」と思って、そのまま引き受けたりはしないのですね。

ちょっと勇気を出して、「申し訳ないのですが予定があるので、明日の午前中でもよろしいでしょうか?」と交渉ができる人です。

そうして、自分がやろうとしていた優先事項に、時間を投資するわけです。

自分を尊重できない人は、ほかの人からの依頼を受けるばかりで、自分の時間を奪われていってしまいます。

もちろん、ほかの人の仕事を手伝うというのは悪いことではなく、組織にいれば必要なことです。

それに、いくら私でも「ほかの人を手伝ってはだめです」と言っているわけではありません。(笑)

あくまでも、

・自分を尊重して、自分とのアポイントメントを守ることができる

こと。

その約束を優先していくということです

 

自分の人生の時間にコントロール感を持つことができるようになるために

あなたが、

・週に1度は自己対話の時間を持つ習慣を定着させたい

と思ったとしましょう。

これは、私もおすすめしていますし、友人たちにも「やります」と言ってくれる人たちが多いです。

ただ、残念なことに、継続している人というのは少ないという印象です。。。

それは、自己対話というのは、即効性があるわけではありませんし、今すぐ目に見える変化が起こるわけではないからです。

こういった活動というのは、どうしても軽視されてしまいがちなのですよね。

それでも、遅効性の習慣と理解しつつも、自分の「第2領域」の活動として時間を確保する。

それが、

・自分を尊重して、自分とのアポイントメントを守ることができる

ということであり、優先したい時間なのです。

それ以外の残った時間で、ほかの人との依頼に対応すれば大丈夫です。

そのようにすることで、自分の人生の時間にコントロール感を持つことができるのです。

まずは週に1度、30分でいいので、

・自分がやりたいこと

・自分がじっくり考えたいこと

・自分しかできないこと

などを明確にして、スケジュールに組み込むようにしましょう。

 

あなたの人生にとって先に確保するべき「大きな石」とは?

・自分を尊重して、自分とのアポイントメントを守ることができる

それを習慣化するために重要な視点は、「将来の自分のありたい姿」に近づく活動を入れておくことです。

私の場合は、

・コーチングセッション

・プロコーチ同士の国際コーチ連盟レベルの練習会

・ひとり戦略会議

・セミナー活動

・トライアスロンのスイムトレーニング

などがあります。

このような形で、そのような活動時間を優先的に確保するようにスケジュールを組み立てていくのですね。

とくに、コーチングセッション、コーチング練習会、セミナーについてはほかの人との約束なので、強い強制力があります。

それができるように仕事を最善主義で取り組み、あまり残業をしないようにしているのです。

その他には、「ひとり戦略会議」がありますが、これはまさに、

・自分を尊重して、自分とのアポイントメントを守ることができる

ことを試されるもの。

この時間を定期的にとることができるようになれば、自己尊重がうまくいっているということです。

決まった日時にできないことがあったとしたら、スケジュールが詰まりすぎなので見直す必要があるというバロメーターにもなるのですね。

このような未来につながる活動に時間を投資できていると、精神的にも落ち着きます。

自分で人生のコントロール感を持つためにも、自ら「緊急ではないけれど重要な活動」の時間をとりにいきましょう。

先に自分がやりたいことをカレンダーに入れていくことができればできるようになるほど、目標達成が近づくもの。

ですから、自分がやりたい活動、すなわち、

・家族との時間

・夢への行動

・心おどる活動

・運動の時間

・遊びや休息

をスケジューリングすること。

それがあなたの人生にとって先に確保するべき「大きな石」です。

そのほかの小さな行動は、余った時間で対応していけばいいのです。

重要なタスクでなければ、仮にできなくてもそれほどダメージはないのですから。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、継続クライアントさんとのコーチングセッション。

複業で35万円のお仕事を受注されたということで、ご支援していた私としても嬉しい報告をきけました。

また、同じ規模のお仕事の話がもう1つきているということで、いい流れです。

私のコーチングに対するリターンは有形・無形、それぞれありますが、数字にあらわれるよろこび、あるんですよね。(^_^)

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-時間を大事にする習慣

執筆者:

関連記事

ゴールデンウィークの10連休を有効にする47のアイデア。家族で楽しむ32のリスト(アウトドア+インドア)と15の習慣リスト。

2019年のゴールデンウィークは10連休。 有効な連休にするために、計画をたてていきましょう。   スポンサーリンク   目次1 10連休を活用した「わくわく行動」を考える2 家族 …

大量の情報をスピーディーに収集するコツ。専門分野で意識するべき3つのポイントを持っておく。

日々、大量の情報をどのように処理していくのか。 コツは、情報を選ぶポイントをしぼることだと考えています。   スポンサーリンク   目次1 「情報処理速度をあげたい」という課題2 …

やりたいことが進まない人はいますか?解決方法は、心に浮かんでいる「やりたいこと」をとにかくはじめることです。

  明後日に控えた「時間カイゼン習慣術」セミナーの準備に、いい感じで追い込まれています。 この緊張感が成長のための負荷になりますし、そのためには「とにかくはじめる」ことが大事なのです。 &n …

集中力をつくる3つの方法。環境に投資・不自由さ・モード分け。

集中力をつくり出すためには、環境をととのえることが重要です。 私が取りくんでいる3つの工夫を記事にしました。   目次1 「集中できる環境がない」という悩みをどうするか2 集中する環境をつく …

自己成長に必要なのは「貯めておく時間」。将来の飛躍のために時間を積み重ねる。

自己投資や複業をスタートしても、すぐには成果が出ないものなのですよね。 そのようなときこそ、「貯めておく時間」だととらえてみましょう。   スポンサーリンク   目次1 挫折したブ …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら