【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

書く習慣

「KPT法」をご存じですか?「PDCAサイクル」を機能させるフレームワークをご紹介いたします!

投稿日:2015/04/15

Pocket

改めて言うまでもなく「PDCA」というサイクルは重要ですよね。

ただ、きちんとサイクルを回せている人は少ないように感じます。

 

man-690201_640

 

「PDCA」サイクルの重要ポイントはどの部分なのか?

目標を設定すると、まずは

▼計画して(プラン)

▼実行する(ドゥー)

という2つのプロセスがありますよね。

たいていの人はこのこまでは到達します。

また、普段の仕事や家事などの活動をしていれば、計画の有る無しにかかわらず、なんとなく実行できてしまうものです。

しかし、大切なのは、実行したあとに、

▼成果を測定して、評価をする

という「C」の部分と、

▼今後どのようなアクションをとっていくのか

という「A」の部分です。

大切なわりに「C」「A」のプロセスは意外と忘れられがちではないでしょうか?

「C」「A」がないと「ただやっているだけ」という風になりがちなのです。

以前、ぼくが新しい習慣を身につけようとして挫折したときは、このチェックとアクションのプロセスを軽視したときが多いです。

なぜか「振り返って結果を評価する」「次のアクションはこうする」という部分を面倒くさく感じてしまうのですよね。(^_^;)

そこで本日は、今のぼくが振りかえりに使っているフォーマットをご紹介いたします。

 

「KPT法」のご紹介とやり方

ご安心くださいね。

ぼくが使えているフォーマットですから(笑)、もちろんシンプルです。

それは、

「KPT法」

と呼ばれているものです。

振り返りの項目は、

▼Keep

▼Problem

▼Try

という、たったの3つの項目。

3つの単語の頭文字をとって「KPT法」と呼ばれているのですね。

振り返るために下図のようなフォーマットがあります。

 

KPT法_フレームワーク Sheet1

 

では、書いていきましょう。

例として、「オーディオ学習を習慣化する」について書いてみますね。

 

1、Keep

まず、左上の枠は「キープ」です。

・良かったこと

・続けること

を書いていきます。

できたこととして、

・通勤の往復で平日は毎日オーディオ学習ができた

・聴きたかったオーディオブックを2冊分聴くことができた

などと書いていきます。

 

2、Problem

次に、左下の枠で、ここは「プロブレム」。

・困ったこと

・問題点

を書きます。

問題点として、

・水曜日の帰り道で、iPhoneの充電が無くなってしまった

・電車の中はうるさくて、ところどころ内容が聞こえなかった場所があった

といったことをあげます。

 

3、Try

最後は、右のスペース全体を使います。

「トライ」ということで、

・今後の活動で試したいこと

そして、

・キープの項目で上がったものを強化する

・プロブレムを改善する

といったことも書いていきましょう。

例でいえば、

・iPhoneの充電池を持ち歩くことにしよう

・ノイズキャンセリング機能がついたヘッドフォンを購入する

・週末はウォーキングをしながらオーディオ学習をしてみよう

といった案が出てくるでしょう。

 

とても簡単にざっくりとご紹介しましたが、これで振り返りは完成です!

行動習慣ナビゲーターの講習でも学んだのですが、

「人は枠があると埋めたくなる」

心理がありますので、その気持を利用しているのですね。

ちなみに、このフレームワークは(も)、習慣化コンサルタントの古川さんに教えていただいたものです(笑)。

 

定期的に振り返る習慣

さて、「KPT法」はいかがでしたでしょうか?

もちろん、もっと詳しく緻密なレビューをしたい方が、項目を増やすことは自由です。

ただ、振り返りの習慣がない方は、欲ばらずこの3つのポイントでチャレンジや目標への進ちょくを定期的に振り返る習慣をつけてみましょう。

ポイントは2つ。

▼いつやるか?

▼何を振り返るのか?

を決めておくことです。

やれば分かっていただけると想いますが、シンプルですけれど最低限のチェックポイントは抑えられています。

何より、まずは実行してみることが重要です。

振り返りの習慣がなかった方は、ぜひお試しくださいませ!

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-書く習慣

執筆者:

関連記事

自分の習慣化スキルを確認するために小さなチャレンジをしてみます。

私の「続ける技術」はどれくらいのレベルか? ちょっとしたチャレンジをしてみます。     目次1 5年日記への憧れ2 心のセンサーを逃さない3 新しい習慣は中途半端な日にちから 5 …

読書感想文が終わってないお子さんへ!10個の質問に答えながらマインドマップをかくだけで読書感想文を書く方法。

お子さんの読書感想文は終わりましたか? 読書感想文は、かなり重たい宿題ですよね。 そこで、読書感想文に使える良いフォーマットがありましたので、ご紹介いたします。 さらに、我が家のオリジナルは、以下のマ …

「自分欲求」と「感性」の近似性を考える。書く習慣で自分の内側を探求しよう。

「自分欲求」と「感性」は非常に近しいものだと感じています。 「欲求」と「感性」はコントロールできないものだからです。   スポンサーリンク   目次1 今村暁さん考案の「意識の3層 …

あなたの不安はどのようなものですか?不安に対処するための2つのお勧め習慣

あなたは、どのようなときに不安を感じますか? 不安への対処法としてお勧めの習慣を2つご紹介いたします。     目次1 日本人の不安ベスト32 不安を眺める2つの習慣3 まとめ 日 …

「人生の棚おろし」ワークに再トライ。年齢の変化が自分資産に影響を及ぼす。

自分がこれまでの人生でどのような経験を積んできたのか? そのような事柄を一気に書き出す「人生の棚おろし」ワークを何年かぶりにやってみました。   スポンサーリンク   目次1 「人 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら