【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

書く習慣

「KPT法」をご存じですか?「PDCAサイクル」を機能させるフレームワークをご紹介いたします!

投稿日:2015/04/15

Pocket

改めて言うまでもなく「PDCA」というサイクルは重要ですよね。

ただ、きちんとサイクルを回せている人は少ないように感じます。

 

man-690201_640

 

「PDCA」サイクルの重要ポイントはどの部分なのか?

目標を設定すると、まずは

▼計画して(プラン)

▼実行する(ドゥー)

という2つのプロセスがありますよね。

たいていの人はこのこまでは到達します。

また、普段の仕事や家事などの活動をしていれば、計画の有る無しにかかわらず、なんとなく実行できてしまうものです。

しかし、大切なのは、実行したあとに、

▼成果を測定して、評価をする

という「C」の部分と、

▼今後どのようなアクションをとっていくのか

という「A」の部分です。

大切なわりに「C」「A」のプロセスは意外と忘れられがちではないでしょうか?

「C」「A」がないと「ただやっているだけ」という風になりがちなのです。

以前、ぼくが新しい習慣を身につけようとして挫折したときは、このチェックとアクションのプロセスを軽視したときが多いです。

なぜか「振り返って結果を評価する」「次のアクションはこうする」という部分を面倒くさく感じてしまうのですよね。(^_^;)

そこで本日は、今のぼくが振りかえりに使っているフォーマットをご紹介いたします。

 

「KPT法」のご紹介とやり方

ご安心くださいね。

ぼくが使えているフォーマットですから(笑)、もちろんシンプルです。

それは、

「KPT法」

と呼ばれているものです。

振り返りの項目は、

▼Keep

▼Problem

▼Try

という、たったの3つの項目。

3つの単語の頭文字をとって「KPT法」と呼ばれているのですね。

振り返るために下図のようなフォーマットがあります。

 

KPT法_フレームワーク Sheet1

 

では、書いていきましょう。

例として、「オーディオ学習を習慣化する」について書いてみますね。

 

1、Keep

まず、左上の枠は「キープ」です。

・良かったこと

・続けること

を書いていきます。

できたこととして、

・通勤の往復で平日は毎日オーディオ学習ができた

・聴きたかったオーディオブックを2冊分聴くことができた

などと書いていきます。

 

2、Problem

次に、左下の枠で、ここは「プロブレム」。

・困ったこと

・問題点

を書きます。

問題点として、

・水曜日の帰り道で、iPhoneの充電が無くなってしまった

・電車の中はうるさくて、ところどころ内容が聞こえなかった場所があった

といったことをあげます。

 

3、Try

最後は、右のスペース全体を使います。

「トライ」ということで、

・今後の活動で試したいこと

そして、

・キープの項目で上がったものを強化する

・プロブレムを改善する

といったことも書いていきましょう。

例でいえば、

・iPhoneの充電池を持ち歩くことにしよう

・ノイズキャンセリング機能がついたヘッドフォンを購入する

・週末はウォーキングをしながらオーディオ学習をしてみよう

といった案が出てくるでしょう。

 

とても簡単にざっくりとご紹介しましたが、これで振り返りは完成です!

行動習慣ナビゲーターの講習でも学んだのですが、

「人は枠があると埋めたくなる」

心理がありますので、その気持を利用しているのですね。

ちなみに、このフレームワークは(も)、習慣化コンサルタントの古川さんに教えていただいたものです(笑)。

 

定期的に振り返る習慣

さて、「KPT法」はいかがでしたでしょうか?

もちろん、もっと詳しく緻密なレビューをしたい方が、項目を増やすことは自由です。

ただ、振り返りの習慣がない方は、欲ばらずこの3つのポイントでチャレンジや目標への進ちょくを定期的に振り返る習慣をつけてみましょう。

ポイントは2つ。

▼いつやるか?

▼何を振り返るのか?

を決めておくことです。

やれば分かっていただけると想いますが、シンプルですけれど最低限のチェックポイントは抑えられています。

何より、まずは実行してみることが重要です。

振り返りの習慣がなかった方は、ぜひお試しくださいませ!

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ/国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)/早起きコンサルタント/ビジネス書作家/「良習慣の力!」ブログ管理人/「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者 /セミナー講師/習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/「習慣化の智慧」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員(営業)など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。これまでサポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。さらに詳しいプロフィールはこちら

-書く習慣

執筆者:

関連記事

「ひとり会議」で自分と話そう。「モヤモヤする」のは自分自身のことを考える時間をつくっていないから。

大きな不満があるわけではないけれど、「このままでいいのかな・・・」という気持もある。 そのような状態こそ、「ひとり会議」をおこなうとすっきりします。   スポンサーリンク   目次 …

書く習慣を定着させた人たちに共通する3つのコツと2つの工夫。

日記などを「書く習慣」。 人生を変えるくらいインパクトのある習慣です。 定着のヒントを記事にしてみました。   スポンサーリンク   目次1 「書く」習慣に成功している人たちの3つ …

ふり返りによって成果を見える化する。1年をふり返るためにおすすめの5つの視点。

定期的に自らを振り返り、次に向けた改善点を洗い出す。 ドラッカー氏の言葉です。 その言葉を持ち出すまでもなく、ふり返りを行うことは、成長し続けるためには欠かせません。 私が今年1年をふり返るために使用 …

イラッときたときの対処法。ネガティブな感情をためこまずに、ストレートに吐き出す。

イラッとした際、どのように対処していますか? ネガティブな感情には、自分なりの対処法を持っておくことをおすすめします。   スポンサーリンク   目次1 責任を押しつけてきた人にイ …

後悔しない決断力を高める方法。4ステップで取り組む「決断評価トレーニング」

後悔しない決断をするためにはどうすればいいのでしょうか。 これは4ステップで取り組む「決断評価トレーニング」で改善することが可能です。   目次1 4ステップで取り組む「決断評価トレーニング …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。