【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣

活動実績が少ない不安から抜け出すために、行動面・マインド面で考えておくべきこと。

投稿日:2016/12/28

Pocket

先日、友人の後輩コーチから「認定をとったのですが、なかなかセッションすることができません・・・」という相談を受けました。

これはルーキーコーチは多かれ少なかれ誰もが通る道ではあるのですが、そのようなときはどのようなアプローチをしていけば良いのでしょうか?

私の経験も含めて記事にしました。

 

スポンサーリンク

 

最初は誰でも実績ゼロ

コーチングに限らず、「複業」を目指して活動していこうとするときに悩むのが、「活動実績の少なさ」ではないでしょうか?

「コーチとして活動していきたい!」とモチベーションが高いときほど、実績が少なくてアピールできないというジレンマです。

私もコーチングスクールに通って認定を受けたものの、実際にお金をいただいてサービスを開始するには実績も実力も不足していました。
(これは、セミナーを開催するときも同様の課題を抱えていました。)

もちろん、コーチングセッションにかける時間(準備も含める)やセミナーのコンテンツづくりの労力を考えると、お金をいただきたくなるのは、人として当然の心理でしょう。

そのような声も聞きます。

しかし、経験や実績がない段階では、「ちょっと高望みしすぎではないかな?」とも思うわけです。

そのため、スタート当初は、利益は度外視することをおすすめしています。

いま、どのレベルのベテランでも、初心者の時期はあったのです。

初心者のフェーズでは、セッションやセミナーなど、場数をふむことを目的にすれば良いし、それを目指すのですね。

実際、机に向かって知識を得ることや、新しい資格をとろうとするよりも、経験を積むほうが実力をつけるためにはよっぽど重要だと思います。

 

ルーキーの場合の行動面・マインド面でのアプローチ

行動面からいくと、経験が少ない最初の頃は、仲の良い友人・知人や血縁関係のある親戚など、身近なところから声をかけましょう。

あなたがそのような活動を知ってもらうこともできますし、場合によっては応援してくれるかもしれません。

その際は、できるだけ「モニター価格」として格安で提供できればベストです。

ただ、心理的なハードルもあるでしょうから、その際は「無料でも良いので、ぜひともやらせてもらえないだろうか?」というスタンスでいけば、たいていの方はOKをもらえるはずです。

ただ、あなたが努力してつかんだスキルや知識を格安または無料で提供するわけですから、サービスを受けていただいた分として、評価をいただきましょう。

具体的には、できるだけ「お客様の声」として、フィードバックをいただくのです。

また、ブログ等でご紹介できるように、紹介するための公開許可をいただくことも忘れないようにしましょうね。

あと、マインド面として、この時期は活動しても活動しても、実入りは少ないので、かなり不安になります。

私も「こんなことをやり続けていて、意味はあるのかな・・・。やめてしまっても何も変わらないよな。。。」とさえ思いました。(^_^;)

ただ、だからこそ、不安を減らすために会社や組織に所属しているときに「複業」を試していただきたいのですね。

たとえば、会社をやめてしまってからだと、目先の生活費を稼がなければなりませんから、「モニター価格」など悠長なことは言ってられません。

仕事が得られないと、再就職やアルバイトという選択肢も考えざるをえないでしょう。

そうなると必死にセールスをしなくてはならなくなります。

営業している私の立場からいうと、必死にセールスをしている人からは、なぜか買いたくなくなりますから、これはもう悪循環なわけです。。。

 

行動からのフィードバックを糧に改善し続けよう

どのように活動するにしろ、スタートの期間にどれだけ試行錯誤をするのかが、今後のビジネスの伸びを広げてくれると考えています。

何か行動をすれば、必ず何かしら現実のフィードバックがあります。

その反応をもとに、改善をくり返していけば良いのです。

まずは自作の名刺をつくって渡すだけでもでしょうし、「無料キャンペーン」の施策をうっても良いでしょう。

私が「100人コーチング」を実践したときは、最初は無料でスタートしました(70人をこえたあたりから有料に変えたのは、師匠からのフィードバックによるものですが・・・)。

ただ、こういった働きかけをし続けることが大事です。

経験を積み重ねていけば、「おっ、これはいけるかも」とか、「このオファーじゃぜんぜんだめだな・・・」といった反応を体で感じることができます。

そのようにして、手ごたえを感じられた施策だけ残していけば良いのです。

そのプロセスで得られた「手ごたえ」を糧にして、さらに試行錯誤を繰り返していきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、ひとり会議を延期してブログを更新。

更新が終わっていないと落ち着かないので、このサイクルを打ち消したいものです。

自分に喝を入れるためにも、師匠のサービスを受けようかと思っています。 (^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

本当に相手の成長を願うなら、持つべきは本音ベースの勇気あるフィードバック。

相手に苦言を呈することに、ためらってしまうことはありませんか? 私は、どれほどあきらかに間違っていようが難しいです。(^_^;) それでも、意識して、できるだけ事実を伝えようとしています。 &nbsp …

初対面での会話に困らないために。プロコーチおすすめの3つの質問。

初対面のかたとの会話、あなたは得意でしょうか? 私自身、人みしりの部分があるので苦労はしていましたが、今ではだいぶ免疫がついてきました。 その理由の1つに、会話で質問を使えるようになったことがあります …

会話での「話し方のテクニック」はどれくらい必要?本音の関係はテクニックよりも内容で勝負しよう。

「話し方のテクニック」のような手法を覚えておくと、何かと便利ではあります。 しかし、テクニックに終始する会話はおもしろくないでしょう。   スポンサーリンク   目次1 話し方のテ …

より良く変化するために。コーチとクライアントが中長期で成長するために一緒に変わる。

人は、変化を嫌う生き物です。 でも、変化するときがあります。 それは、「変化しないことのリスク」が、「変化することのリスク」を上回ったときですよね。 スポンサーリンク 目次1 具体的な習慣を身につける …

言いづらいことを言うために必要なのは、相手を想う気持と有効なフレーズ。

あなたには、「言いたいけれど、言いづらい」と思ったことがありますか? 私は言いづらいことを言わないようしてきましたが、言えるようになってきた経験があるので、心がけていることを記事にしました。 &nbs …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら