【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

家族

成果が出なくて苦しいときにどうするか?「大切にしたい人」の笑顔をイメージしてみよう。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「みなさんの応援があるからがんばることができました!」といったようなことを、スポーツ選手が話していますよね。

実際に応援される立場になるとわかるのですが、「応援」は、本当に見えないエネルギーを与えてくれるものです。

そして、つらい時期でも、応援してくれる人を笑顔にするために、行動を続けることができるのが私たち人間です。

 

スポンサーリンク


 

ワークショップのリハーサルをおこなう

昨日は、自宅で【「1年で100個のやりたいことを叶えるワークショップ」〜やりたいことリスト100をつくろう〜】のリハーサルをおこないました。

受講者は、妻です。(笑)

思えば、私が、対外的にはじめてのコンテンツでセミナーをおこなうときは、いつもプロトタイプ版を妻に向けておこなってきました。

これまでに、

・「早起き習慣化セミナー」をはじめておこなうときも
・「良習慣の見つけ方セミナー」をおこなうときも
・「ブログ1,000記事セミナー」おこなうときも

妻に最初の受講者になってもらっています。

妻もそれをわかっているのか、今回などは、「そろそろセミナーのリハーサルやらなくていいの?」と妻から催促がありました。(笑)

セミナーをおこなうのは、ただでさえ緊張がともないます。

しかも、はじめてのコンテンツともなればなおさらです。

ですから、リハーサルを通しで1回やっておくというのはおすすめです。

プロトタイプでつくったものを実際にやってみると、

・時間配分の見積り
・コンテンツの構成
・言いまわし

など、頭で考えていたこととのズレに気づきます。

また、相手からフィードバックをもらえるのもいいのです。

ちなみに昨日の妻からのフィードバックは、

・「(笑)」を多用しすぎ

というものでした。(笑)

そして、実際に多かったのです。(^_^;)

自主トレをやりながら、気づいた改善点はメモをしておきます。

そうして、自主トレセミナー終了後に改善点をスライドを反映して、ワーク資料をブラッシュアップしました。

やってみなければわからないことも多く、ぶっつけ本番でやらなくて良かったです。

このように、身内に向けてプロトタイプ版をやらせてもらうというのは、非常に助かることなのです。

「応援されてるんだなぁ〜」と感じる瞬間です。

 

リタイアの原因の共通点は「家族の応援がなかった」こと

「家族の応援」は、複業(週末起業)をおこなう上では欠かすことはできないものです。

応援について、先日あるセミナーを受講している最中にふと気づいたことがあります。

それは、私がトライアスロンやマラソンのレースでDNF(リタイア)したときに、ある共通点があったということです。

その共通点とは、【家族の応援がなかった】ということでした。

私のレースリタイア歴は、これまでに2回あって、

・はじめての100kmウルトラマラソンで53km地点でタイムアップ
・今年6月のトライアスロンでスイムでタイムアップ

柴又100Kウルトラマラソン惨敗(前編):チャレンジして失敗することは悔しい。しかしそれ以上に得るものは多い。

第31回 NISSAN CUP 神奈川トライアスロン大会でリタイア。敗戦から見えてくる「けいけんち」の大切さ。

というものです。

この2レースとも、子どもの体調が万全でなく、自宅で応援してもらっていました。

そのレースが、不思議なことに2つともリタイアになってしまったのですね。

もちろん、トレーニング不足、実力不足ということは否定できません。

しかし、それでも、「家族が応援にきてくれている」ということが、私にとって見えないパワーになっているのではないか、と感じたのです。

実際、はじめてトライアスロンのオリンピックディスタンスを完走したレースでは、家族のことを思い出してスイムパートをなんとか泳ぎきりました。

日産カップトライアスロン2016。スイムパートで何度もおとずれた「リタイア」の4文字。

 

人は、ほかの人の笑顔のためにがんばることができる生き物です。

団塊の世代のサラリーマンは、嘘ではなく「家族のために」がんばっていた人も多いはずです(やり方は上手ではなかったイメージがありますが、それはそれとして)。

また、私の体験を思い出しても、家族のために行動するとき、大きな力を発揮できるようになります。

ですから、「自分ががんばれば、大切な人を笑顔にできる」という感情は、ゴール達成に役立つはずなのです。

 

成功を一緒に喜んでくれる人は誰か?

その「笑顔」というテーマで書くと、たとえば、

・すぐに感情的になってしまう
・怒りっぽい
・いらいらしやすい

と思っている人がいるとします。

その人自身も、決して「怒りたい」と思っているわけではないのですよね。

むしろ、

・おだやかに
・余裕を持って
・笑顔で

相手に接したいと思っているはずでしょう。

そのような気持ですごすことができれば、自分が笑顔になれることはもちろん、周囲の人たちも笑顔になるはずです。

さて、そのようなとき、笑顔にしたい人は誰でしょうか?

たとえば、自分なりにがんばった仕事のプロジェクトが成功に終わった瞬間。

そのときに、

・おめでとう!
・がんばったね〜
・すごい!

といって一緒に喜んでくれる人は誰でしょうか?

もしくは、あなたが真っ先に報告したい人はどんな人でしょうか?

その人たちの笑顔を思いうかべると、自分の気持もわくわくしてくる。

そのような人を、1人でもいいのでイメージしてみましょう。

 

自分が目指すゴールを共有することが重要

さらに、頭の中でイメージするだけではなく、実際に応援団になってもらえると理想的です。

たとえば、妻(夫)やパートナーに「今回のセミナーで収益が出たら、お祝いで家族で食事にいこう!」といった提案をしてみるのです。

こうすると、ゴール到達へのプロセスや結果が、自分だけの喜びではなく、家族みんなの喜びに変わります。

人間は無意識に「どれくらい自分にメリットがあるのか?」を考える生き物です。

その部分を伝えることは大事です。(笑)

そのような意味で、応援団になってもらう人は、家族やパートナーなど自分の大切な人がいいでしょう。

苦しいときにがんばろうと思えるのは、大切な人のためです。

ですから、

・主催したセミナーの参加者がゼロでも、家族を呼んででも会場費が無駄にならないようにしました

・トライアスロンのスイムでリタイアしそうになったとき、家族がいるから最後まで泳ぎました

・マラソンでリタイアしそうになったときも、チームメイトがいるから最後まで走りました

ということになるのです。

要は、多少くじけそうになったとしても、「家族やチームメイトを笑顔にしたい!(そして、できれば自分のかっこ悪い姿をみせたくない・笑)」という気力が湧いてくるものなのですね。

そう考えていくと、私たちが目指しているゴールというのは、自分だけのものではなくなってきます。

私たちがゴールテープを切ることによって、大切な人を喜ばせることができる。

そのように考えて、苦しい時期を乗り切りましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、チームメイトの渋屋さんがブログ更新2,000日を達成した記事を読みました。

ブログ連続2,000日更新で、私に起きた変化

すごいです。

先日も、私のブログ師匠である井ノ上さんも毎日更新を10年継続しています。

ブログを10年毎日更新した私がブログをすすめない理由もすすめる理由も「運」

10年て、、、想像できません。(^_^;)

そんな私は、あと1ヶ月弱でようやく1,500日。

先達の継続力には及びませんが、ただ、「書けば書くほど、そして続ければ続けるほど豊かになる」のは、みなさん同じなんだなぁと感じています。(^_^)

【募集中】
2017年8月3日開催:【もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す!〜】

2017年8月17日開催:【これで続けられる!「良習慣の見つけ方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜】

【お知らせ】
メルマガをスタートいたします。

読者さんが50名集まったところで配信をスタートする予定です。

ご興味を持っていただけたら、ご登録をいただけると嬉しいです。(^_^)

▼登録は下記からお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■お知らせ

【セミナー募集中!】
■2017年10月6日(金) 19:30〜21:45:毎日を超充実させる!「やりたいことリスト100」をつくるセミナー

■2017年10月19日(木) 19:30〜21:30:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

■2017年10月26日(木) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

コーチングサービスは随時承っております。
コーチングのお申し込み

■当ブログへのお問い合わせ・ご感想はこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前 ( * 必須)

メールアドレス ( * 必須)

題名

メッセージ本文

■スポンサーリンク


-家族

執筆者:

関連記事

「夫婦ラン」のすすめ。一緒に走れば「心・頭・体・お金」に優しい。

・「最近、夫婦での会話が少ない」 ・「夫婦ゲンカが増えた」 ・「一緒に何もやっていない」 というような課題があるご夫婦はありますでしょうか。 そのような場合は、ぜひ「夫婦ラン」を試してみましょう。 & …


充実した人生を過ごすためには、大切な人との人間関係の質を高めることが不可欠ですよね?

「あと半年で命が終わるとしたら、誰と何をして過ごしますか?」 クライアントさんとのオリエンテーションで、その人の価値観を知るために上にあげたような質問をしています。 たいていの人は、「家族と時間を過ご …


夫婦のコミュニケーションを円滑にする!「妻会話」スキル磨きの勧め

ご結婚されている方には必須の、お勧めスキルがあります。 それは、「英会話」、、、ではなく、「妻会話」のスキル(笑)です。     目次1 「自分の強みを100個書き出す」ワークをや …


朝食の短い時間でも、家族でコミュニケーションをとる儀式にできる。

先日参加した忘年会で、家族一緒に朝食を食べていない人が多いことを知りました。 私にはちょっとした驚きがありました。 ・奥さんとの出勤時間が合わない ・子どもの時間に合わせていると会社に間に合わない ・ …


自分と家族をWin-Winにする3つの工夫。「やりたいこと」と家族とのバランスをとるために。

会社の仕事が詰まっていると、平日に自由な時間をとることができないものですよね。 たまに平日に時間がとれたとしても、友人たちとのつきあいや飲み会があります。 休日であっても、妻(夫)や子ども(たち)がい …


似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031