【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

時間

人生で大事な3つの時間。自分・家族・仕事の優先順位を決めていますか?

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

・自分の時間
・家族との時間
・会社の時間

これは人生で重要な3つの要素だと考えています。

さて、あなたの優先順位はどの並びになるでしょうか?

ぜひ、一度考えてみてから、記事をお読みいただければうれしいです。(^_^)

 

スポンサーリンク

 

「デキるビジネスマンは忙しい」という幻想

会社員複業家として活動していると、クライアントさんたちにメール返信するとき等に、「伊藤さん、忙しいところありがとうございます!」と言われることが増えてきました。

しかし、家族や友人たちと平日の夜に一緒に食事をとることもありますし、週末は1日べったりと家族と一緒にいることも多いです。

コーチングの練習会にも参加しますし、ひとりになってセルフコーチングをしたり、「ひとり戦略会議」を毎週主催(笑)しています。

最近は新しいプロジェクトにとりかかっていたり、今月のトライアスロンのレースに向けてトレーニグしていることもあり、少し予定がつまっていましたけれども。

ただ、それでも、意地でも「忙しい」とはいわないようにしています。

それよりも、10年前の私のほうが一見時間がありそうなのに、「忙しい」を連発していました(それがデキるビジネスマンの証だと思っていたので・汗)。

当時は、毎晩終電まで仕事をするか、先輩や同僚とお酒を飲んで帰るか。

お客様を接待する日もあれば、社内の上司や同僚ともよく飲みに行っていて、最大で1週間のうち平日5日すべて飲み会をやっていたこともあります。

いわゆる「飲み二ケーション」が大事だと思っていたのです。

今から考えるとよくわかるのですが、お酒を飲まないと話せないことがあるというのは言い訳で、ただ単に飲みたかっただけでした。(^_^;)

財布が傷むし、肝臓も痛めていたでしょう。。。

 

「自分・家族・会社」の優先順位はどうなっているか?

もちろん、職場の人たちは大事な人たちです。

会社の利益のために一緒に働いている仲間ですので。

しかし、あまりにも会社の仕事がたくさんあったり、会社としての人間づきあいが多すぎてプライベートを圧迫されるのだとしたら、優先順位を考えなければなりません。

さて、記事冒頭の3つの時間の優先順位、あなたはどのようになりましたでしょうか?

私は、

・自分の時間>家族との時間>会社の時間

の順番という並びを意識しています。

あなたにも共通する優先順位かもしれませんね。

ただ、私がそうなのですが、意識としては持っていても、現実がそのようになっているかどうかは別の話。

つい、仕事の時間が肥大化してくる傾向にあります。

ただ、この優先順位で考えてみると、短縮化・効率化できるのは会社の時間のはずです。

また、私自身、この優先順位がくずれてくると、心理的につらさを感じるようになってきます。

会社の時間は、多くの人にとって収入を得るために大事な時間というのは、もちろん私も理解しています。

会社の仕事が大好きだという人もいるでしょう。

それはとてもすばらしいことだと思います。

20代であれば、社会人としての土台づくりの時期ですから、会社の仕事一辺倒になることもあっていいと思います。

ただ、仕事だけがむしゃらにやるのは20代から30代前半くらいまでがいいのではないか、という気がしています。

なぜなら、人生の目的から優先順位を考えるとすれば、私は、

・自分の時間>家族との時間>会社の時間

になるからです。

よく言われるように、生きるために働くのであって、働くために生きているわけではありませんよね。

しかし、仕事に熱中していると、自分や家族のことを忘れられる瞬間があります。

家に帰れば、見たくない現実があるケースでは、仕事に熱中してしまいたくなることもあるでしょう。

私自身、夫婦で小競り合いがあって家に帰りたくないときは、居残り残業をしていたのでよくわかります。。。

でも、「果たして、それでいいの・・・?」と、当時の自分に言いたいのです。

 

あなたの優先順位はどうなりますか?

もしも今、10年前の自分に戻れるのであれば、自分の時間と家族の時間は優先度を高くしていきます。

それは、私が心地よさを感じる優先順位が、

・自分の時間>家族との時間>会社の時間

だからです。

家族との時間は意識してブロックしないと、なかなか確保できないのも確か。

それでも家族の人間関係なら効率化は不要ですし、生産性のことは考えなくてOKです。

「アナと雪の女王」で歌われたように「ありのまま」でいいのです。

私もつい先日、仮眠をとろうとして、うっかり5時間も昼寝をしてしまいました。(娘に何度も起こされながら・笑)

しかし、それがありのままの自分、素の自分、自然体の自分、そしてどうしようもない自分だと思えます。

それを表現する場、気づける場が家庭です。

そのような場があることに感謝して、その代りに家族のために生きる時間も大事にする、という意気込みが今の私は気に入っています。

ですから、私の優先順位を、

・自分の時間>家族との時間>会社の時間

にしているのですね。

人間関係、特に家族関係は効率化はできませんし、してはいけないのではないでしょうか。

何のために生きているのかと問われれば、「家族のため」という人は多いはずです。

私の友人たちも独立したり、定時退社するのは「家族を大事にしたいから」だと公言しています。

もしもそうでないのなら、家族をつくる必要はないのかもしれません。

家族というのは、生産性や効率性から考えたら、手間暇はかかるし、無駄なことも多いですから。(笑)

しかし、人生を考える上では、非常に重要な要素なのは間違いありません。

だからこそ、仕事の時間にメリハリをつけて、抜くべきところは抜いていきましょう。

そうして仕事ばかりの毎日を見直して、家族と一緒の時間を過ごすのです。

それと最後に、自分の時間を忘れてはいけませんね。

・自分の時間>家族との時間>会社の時間

という優先順位を意識して、自分がやりたいことにもきっちり時間を使いましょう。

あなたが輝くことが、家族を幸せにすることになりますし、会社にいい影響を与えることにもつながります。

スキルアップのための資格をとったり、人生を豊かにしてくれる本を読んだり、新しい視点をもらえるセミナーに参加するのもいいですね。

外に出ていってたくさんの人に会って多用な視点を知り、異なる価値観を受け入れるトレーニングをすることも大事です。

そうして広がった知見は、家族にも、職場にも波及効果があるはず。

ですから、

・自分の時間>家族との時間>会社の時間

という優先順位が大事なのだと思うのです。

・・・以上は私の優先順位ですが、あなたはいかがでしょうか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、定例のコーチング練習会に参加。

9月に入って新しいテーマでのトレーニングだったので、私なりに実験的な試みをおこないました。

かなり強引にいって、やや失敗気味でしたが、、、周囲はプロコーチだけなので、笑って許してくれました。(笑)

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-時間

執筆者:

関連記事

理想の1日を実現する方法。正解に近づくための「間違いを知ることこそ大事」。

試験では、間違いは即減点ですよね。 でも、「理想の1日を実現する」というフィールドにおいては、間違いが正解への道しるべになることも多いです。   スポンサーリンク   目次1 間違 …

「週末を自分のために有意義にすごしたい!」と思ったら、まず意識するポイントとは?

先日、ひとり戦略会議でふり返りをしているときに気づいたことがあります。 それは、1年前に比べて、「充実感を持って週末時間をすごせるようになったなぁ」という感情があることです。 「それはなぜなのだろうか …

重たいタスクに気分がのらず、なかなかとりかかれないときの対処法をどうするか?

少し面倒なタスクが出てくるとき、ありますよね。 着手するのもためらうし、かといって先のばしをすると自分が困る。 さて、どのように対処していけばいいでしょうか?   スポンサーリンク &nbs …

「毎日の充実感がない」という人へ。自分にとって「本当に重要な活動」を明らかにしていますか?

私たちにとって貴重な「時間」というリソース。 「時間を有効に使えている」と感じながら日々を充実させるためには「自分にとって大事な活動」を理解する必要があります。   スポンサーリンク &nb …

「人、物、お金、情報、時間」を「ワンソース・マルチユース思考」で磨き上げる。

経営で重要なリソース(資源)は「人、物、お金、情報、時間」と言われることがあります。 「やりたいことがあるのにできていない」と感じる人は、その5つの要素をマルチユースできないか考えてみましょう。 &n …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930