【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づき

自己管理のコツは、「自分しかいない!」と思うこと

投稿日:2013/12/09 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

■当たり前のことに気づきました(汗)

 

セミナーを開催すると決心したのちに、当たり前のことに気づきました。

 

それは、

セミナーの当日、その場所でその時間に講師を務めるのは、わたししかいない!

という事実です。

 

ホワイトボード

 

当たり前ですよね?

あまりに当たり前すぎて意味が分かりませんよね?

 

あなたは、講師のように教える立場になったことがあるでしょうか?

もし、一度でもその立場を経験した方なら、わたしの言っている意味を多少でも理解してくださるでしょう。

 

何をお伝えしたいかと申しますと、

講師役は代替できない

ということです。

 

■不可欠な人材と代替可能な人材

 

代替できない立場。

 

それは、わたしが常に考え、目指しているポジションです。

ビジネスであれば、誰でもそうですよね。

 

たとえば、会社の重要な業務があるとします。

その重要な仕事が、もし自分しかできないとすれば、代替できない立場にある、といえます。

 

そうなれば、会社の中での存在感も出てきます。

リストラの不安もないので、自尊心を傷つけることなく業務を遂行できるでしょう。

 

わたしの会社に、女性のデザイナーが1名在籍しています。

わたしは、その1人しかいないデザイナーをうらやましいと思うときがあります。

 

会社の事業にとって必要不可欠な人材、というポジションにいるからです。

彼女が突然転職したら、会社としては大きな打撃を受けるでしょう。

 

反対に、わたしは数いる営業部員のうちの1人です。

仮に、わたしが突然転職したとしましょう。

 

一時的には人員不足で、オーバーフローになるかもしれません。

しかし、他の営業部員の業務と共通点が多いので、すぐにフォローしてくれることができます。

 

そのような意味で、わたしは代替可能な人員なのです。

 

■自分の幸運をいつも見逃している

 

ただ、一度代替がきかない立場になると、あらゆるリスクに敏感になりますね。

今まで意識していなかった感謝することに気づきました。

 

・わたしは、両親からいただいた丈夫な身体を持っています。

・妻が健康に気を遣った食事を作ってくれます。

・1日に1万歩歩くように心がけています。

そのような感じなので、あまり病気にはなりません。

 

風邪をひかないようにしよう、などとあまり意識したこともありません。

ですから、慢心なのでしょう。

普通にしていれば、健康でいられる、と思ってしまいます。

 

■矢面に立つ、という覚悟が人を成長させる

 

しかし、それは、セミナーを開催する立場になって、考え方が変わってきました。

 

・万が一にでも、風邪をひいてはいけません。

・カラオケを歌いすぎて、のどに変調をきたしてはいけません(そんなに歌いませんが)。

・ましてや、前日の飲酒だってあり得ません。

 

もっといえば、ダイエットすることだって必要だと思っています。

「早起き」して健康的なライフスタイルをつくっています!

という講師のスタイルがしまりがなかったら説得力に欠ける、とわたしなら思います。

 

会社の看板がなく、自分ひとりの個人として講師をし、お客さまに価値を提供するということは、それぐらい必死になるということです。

 

いかに自分は会社に守られていたか?

家族に守られていたか?

 

軽んじていました。

セミナーの成功は、わたし自身の価値をどれだけうまくパッケージ化し、お客さまが望まれる人生のお手伝いをできるのか。

 

みずから自分自身に挑戦し、アタックし、転びながら学習していくのです。

正直に言いますと、今までの人生では、大きな壁が現れると、つい逃げ出したくなる気持ちがありました。

 

しかし、今は違います。

 

わたしは、自分の人生の主人公になっています。

批判も、試練も、受け入れる心づもりです。

 

すべての矢面に立つ!

 

そのような心意気、責任感、覚悟。

 

そんな気持ちが出てきた自分を、少しは成長しているなー、と自画自賛した次第。

誰も褒めてくれないので、いつも自分で自分を褒めています(笑)。

 

【今日の気づき】
「自分しかいない!」という状況をつくり、覚悟を決めると人生の主人公になれる。

 

132187_photo1

 

【もう二度寝しない!
来年こそ早起きを実現する「早起き」セミナー】

 

お申し込みはこちらから!

 

 


 

-気づき

執筆者:

関連記事

身の回りの環境を整え、「心の澱(おり)」を取り去る習慣

目次1 ■「環境整備」で小さな心の負担を取り除く2 ■「ライフマネジメント」の観点から見ても環境整備は重要2.0.1 (1)身の回りの環境 (2)仕事・経済 (3)健康 (4)人間関係3 ■自分では「 …

「食事」は双方向の気づかいと思いやり。あなたは相手へのリスペクトを持っていますか?

  こんにちは、伊藤です。 中学生の息子が朝食をつくってくれました。 「家族のための朝食をつくる」という春休みの宿題のためです。 息子があぶなっかしく朝食をつくる姿(笑)を見つつ、ぼくは少し …

「どうして、あの人はあんな行動をとるの?」答えのヒントは行動分析学にあります!

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 先日「行動分析学」に関する本を読みました。 数年前に購入していたのですが、パラっとめくったところ、文体がい …

座学よりも体験から学ぼう。あえて違う選択をすることが自分のキャパシティーを拡大する。

「やりたいことリスト100」を実行していることで、学びや気づきが増えています。 お金と時間はかかるのですが、重要な投資だととらえています。   スポンサーリンク   目次1 体験に …

無病息災を願うのは大事。でも、困難がまったくなかったら成長しませんよね?

お正月、大混雑の中を初詣にいく人々の姿を目にしました。 その光景を見ていて、思いがけず「無病息災」という言葉から、人の幸福の視点について考えを巡らせてしまいました。   スポンサーリンク & …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930