【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣を身につける習慣

慣れない行動を確実に習慣化するために、あなたに取り入れて欲しい「準備」の視点。

投稿日:2019/03/08

Pocket

あなたの習慣化がうまくいかないとしたら、それは「準備」の視点が足りていない可能性があります。

「準備」の視点から習慣化を見直してみるのはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク


 

レースに向けた「準備」をする日々

「ハーフマラソンのレース、ご一緒しませんか?」

先日、マラソンチームの友人に誘われて、私は「いいですね」と。

一緒に会話をしながら、ハーフマラソンを完走しています。

これは、私が、何度もハーフマラソンやフルマラソンを走っているので、2つ返事でOKできました。

それなりに「準備」をしていたからです。

また、週末のフルマラソンに向けて、日々、少しずつですが走っています。

2月はいろいろとあったのですが、なんとか80kmを走れました。

トレーニング量は満足できるものではなく、自己ベスト更新といったようなレースにはならないと思いますが、完走を目指して走ろうと思っています。

それでも、自分なりにフルマラソンに向けて「準備」をしています。

ゴールのためには、できるだけの「準備」が必要だと思っているからです。

 

「準備」ができていれば習慣化ができる

さて、ここで質問です。

もし、あなたが友人に「明日、一緒にフルマラソン走らない?」と誘われたらどうしますか?

おそらく、ほとんどの人は、「いやいや、、、準備してないから。さすがに今日の明日はきびしいでしょ」と言うのではないでしょうか。

「準備」が不足している状態で無理をすれば、自分の身体を痛めてしまう可能性が高いからです。

フルマラソンのようなレースなら、完走するための「準備」をして本番にのぞみますよね。

フルマラソン完走というゴールが設定されているのなら、それに見合った「準備」が必要なのです。

しかし、そのゴールが「習慣化する」という目標になるとどうなるか。

準備をしていないのにもかかわらず、いきなり走り出す人がほとんどです。

そうしてロケットスタートではじめて、途中で失速し、やめてしまう人が多いのですね。(^_^;)

さて、あなたが設定した習慣化が成功するかどうか。

それは、じつは「あなたがどのような行動をするのか」ということが決定要因になるわけではありません。

あなたの頭・心・身体が、その習慣化にふさわしい「準備」ができるかどうかが大事なのです。

「準備」ができていれば、その習慣化は「たやすい行動」になります。

シンプルに言えば、「習慣化できている」というのは、その人にとっては「準備ができている行動」という状態です。

本来は、行動そのものには、「習慣化が簡単にできる」とか、「習慣化が難しい」という区別はありません(一般的な難易度というのはあと思っていますけれど)。

たとえば、小学生にとってメールを書くことは難しいかもしれませんが、あなたには簡単ですよね。

ただ、あなたにはブログを継続することが難しいかもしれませんが、簡単にできる人もいるのです。

「たやすい行動」になっている人は、ターゲット習慣に対して「準備」ができている、といえるのですね。

 

「非日常の行動」を「日常の行動」にする「準備」をする

たとえば、フルマラソンなら、私なら4時間30分から5時間くらい走り続けます。

マイペースでゆっくり走れば、ある程度は完走できる自信はあるものの、日常的な行動ではありません。

おそらく、たいていの人にとっても同じでしょう。

要は、フルマラソンを走るということは、ほとんどの人にとって「非日常の行動」だからです。

ですから、そのような「非日常の行動」に対して、ストレッチや日々のトレーニングを積むことで、「日常的な行動」として慣れさせていく必要があるのです。

そうしてトレーニングを積むことによって、身体をフルマラソンという競技に慣れさせていくわけです。

このとき、身体を慣れさせていくのと同時に、頭や心もランニングに対して「日常的な行動」に認識を変えていく「準備」をするのです。

それが定着してきたときに、「フルマラソンに挑戦する準備ができた」ということになるのですね。

たまたまフルマラソンを例に出しましたが、これはほかの行動習慣や思考習慣も同じです。

たとえば、以前の私は、早起き習慣化をしようとして、翌日いきなり4時起きを目指しました。

しかし、1日や2日は根性でできるものの、しばらくすると寝不足になり、2度寝するようになります。

これは、早起きという行動が「非日常の行動」の状態なのに、いきなりゴールを目指してしまっている状態。

マラソンでいえば、もう何年も走っていない人が、いきなり翌日にフルマラソンを走ろうとするようなものなのです。

いくらなんでも非日常すぎますよね(笑)。

ですから、早寝することからスタートすることや1週間に30分ずつ早起きして身体を早起きに慣れさせていく、といったような期間が必要なのです。

このようにして、少しずつターゲットの行動習慣に頭と心と身体を「準備」していくプロセス。

それが、習慣化なのですね。

このような「準備」の視点で、あなたの習慣化を見直してみましょう。

あなたの頭と心と身体は、理想の習慣にふさわしい「準備」ができていますか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、ランチタイムを活用してコーチングを受けました。

夜は会社終わりで書く仕事。

その後ランニングして、帰宅してからコーチングセッション。

いい時間の使い方ができました。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-良習慣を身につける習慣

執筆者:

関連記事

頭と心の不協和音をデトックスするための5つのアプローチ。

PCを使っていると、知らないうちに小さなごみがたまっていきます。 定期的にデータを整理して、ごみ箱をきれいにしますよね。 人もPCと同じように、頭と心にごみがたまっていたら、デトックスする必要がありま …

人生で大切なことはすべて道徳の授業から学んだ

「早起き」メルマガ(有料)始めました! 登録はこちらから! ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ メルマガ登録・解除 幸せな成功をつかむ!「朝4時」起きの技術!~「早起き」は人生変革への最短ルー …

目標設定を見直すタイミングを増やす

■家族集合写真を撮りました   昨日は、妻の両親と妻の姉妹家族で地元の写真スタジオで家族集合写真を撮りました。   今年、妻の両親が続けてきた32年の家業をやめることが決まりました …

幸せになるための習慣リスト。幸せがずっと続く12の行動習慣。

私たちは、「幸せを感じるために生きている」といっても過言ではありませんよね。 その「幸せ」を研究し続けた研究者が、「どうすれば幸福になれるのか?」という指標を、12の行動習慣に分類してくれています。 …

習慣化のコツ。自分を動かすための環境づくりに力を注ぐ。

続ける能力がないわけではないのに、継続できない人を見かけます。 その原因は、意志力の強さや根性ではなく、「環境づくり」がうまくできていないだけ、だということがあります。   ■スポンサーリン …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら