【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

長期的な目標と短期的な目標。どちらを優先すればいいのか?

投稿日:2020/01/30

Pocket

大きな目標を追いかけるのか、それとも目の前のことを一生懸命にやるのがいいのか。

あなたは、どちらが大事だと思いますか?




 

娘のピアノが上達した理由

先日、小さく驚いたことがありました。

小学4年生の娘のピアノが、上達していたんです。

もちろん、ピアノ教室に通いはじめた当時からの比較ですけれど。

最初の頃は、

「ポロン、、、ポロン、、、」

という感じで、たどたどしく単音でピアノを弾いていました。

でも最近耳にしたピアノは、

「ポロロン、ポロロン、ポロロロ〜ン♫」

という感じだったんですね。

我が娘ながら、2年以上も毎週通い続けているだけあるな、と。

10歳にして早くも「続く人」です(笑)。

こうなると気になるのは、ピアノ教室のプログラム。

きっと先生の声かけやテキストに工夫を凝らしているはず。

研究すれば「続く人」へのいいヒントになるに違いありません。

それで、テキストを見てみたんですね。

見てみると、やはり。

テキストがいい感じに、段階を設けてあるんですね。

これこそ「チャンクダウン」。

大きなチャンク(かたまり)を、小さいかたまりに分割して、扱いやすいサイズにしてから取り組むわけです。

そうして、常に達成感を得られるようにしているんですね。

学習塾の公文式なんかも、こういう段階式の学習プログラムですよね。

前進する負荷が少なくなるようにプログラムが組まれているので、無理なく成長できるわけです。

長期的なゴールを眺めながら、目の前のことに取り組むためのいい仕組みといえますよね。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





毎日単調なトレーニングは「続かない人」になる

私たち人間は、がんばって行動を起こしているのに、長いあいだ成果が出ないとやる気が無くなります。

そうして「このまま続けても、だめなんじゃないか・・・」という感じで、無力感を学習してしまうんですね。

こうなると、よほどの忍耐力がないと続けられません。

たとえば、私の娘がピアノをやりたいと言ったとします。

そこで「ドレミファソラシド」だけを毎日100回練習してもらうとしましょう。

「基本が大事なんだよ」という風に教えて。

もしかするとそれで10年くらい練習すれば、すごく上手に「ドレミファソラシド」だけ弾けるようになるでしょう。

10年間の基礎トレーニングのおかげで、ほかの楽曲が上手に弾けるかもしれません。

でも、おそらくはそうなる前にやめてしまうと思います。

毎日「ドレミファソラシド」だけなんておもしろくないです、間違いなく(笑)。

やはり、ピアノで楽曲を弾きたいと思うはずです。

たまには演奏会に出て人前で弾きたいと思うかもしれません。

そうした何らかの成果や達成感を得るような機会がなければ、続かないでしょう。

ですから「段階」が必要なんですね。

もちろん、これは私たち大人も同じです。

未来につながる活動があり「やったほうがいいこと」は頭ではわかっているつもり。

ただ、未来につながる活動というのは、すぐには成果が見えないことが多いものなんですよね。

ですから、今すぐ取り組む必要性を感じません。

そうなると、やはり続けるのが難しいということになるわけです。

そのために、「良習慣の種」のようなルーティンチェックリストを活用して、短期的な達成感を仕組み化することをおすすめしているんです。

 


■スポンサーリンク




長期的なゴールを眺めながら、目の前のことに取り組む

一方で、短期的な成果だけを求めるのはデメリットもあります。

目の前のことに夢中になりすぎると、今度は長期的な目標を見失ってしまうんですね。

つまり、短期的な達成感を得る工夫は大事なんですが、それだけに集中してしまうと今度はゴールを見失ってしまうということです。

たとえば、節約。

お金を貯めたかったら、節約を考えますよね。

節約すれば、短期的にはお金は減りません。

それに貯金という成果はすぐに出るわけです。

でも、節約するだけでお金持ちになれるのかというと、おそらく違うはずです。

なぜなら、節約ばかりに目がいってしまうと、自己投資をしなくなるでしょう。

投資より節約が大事だからと。

するとどうなるか。

成長しなくなってしまうはずです。

自己投資をせず、成長もしなければ、人生における長期的な発展にはつながりません。

それなら節約をがんばるよりも、自己投資をして実力をつけることです。

そのほうが、収入を増やすことにつながります。

何より、節約ばかりだと人生がどんどん閉じていきます。

一方で、自己投資をすれば、長期的に人生が逓増していく可能性が高まるんですね。

私の周囲にも活躍している人やお金をたくさん稼いでいる人はいますが、みなさん学びにどん欲です。

少なくとも私の周囲には、がんばって節約をしている人で活躍している人はいません。

それよりも、大きな目標のために、段階にわけて日々の活動に落とし込みをしています。

そこにつながる成果も、しっかり確認していく。

そうして達成感を得ながら進んでいくこと。

それが大切だということを知っているんですよね。

つまりは、バランスをとることが大事だという結論になるわけです。

娘のピアノでいえば、大切なのは長期的に好きな楽曲を弾けるようになること。

そのために、毎週のレッスンや日々の自主トレーニングを継続しながら、テキストをどんどん終わらせていく達成感を得ていくようにする。

そんな仕組みができているので、続いているんですね。

これが、長期的なゴールを眺めながら、目の前のことに取り組むためのバランス感覚です。

そのようなバランス感覚こそ、うまくいっている人が意識しているポイントなんですね。

ぜひ、あなたも取り入れていきましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、コーチングセッションを1件。

クライアントさんのご希望で、対面セッションでした。

たまには対面でのセッションもいいですね。

オンラインのセッションとは受け取る情報量が変わります。(^_^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

人生を豊かにするサード・タイムのすすめ。「第3の時間」をつくり出す4つの工夫。

会社で働いていると、常に誰かがまわりにいます。 帰宅すれば、家族が家にいます。 そうなると、自分ひとりの時間というのはほとんどありませんよね。 だからこそ、ひとりの時間というのはある程度強制的につくり …

習慣の目標設定を考えるときに最も重要視して欲しいたった一つのポイント

目次1 ■「人生を変える習慣化セミナー」に参加2 ■陥りがちな挫折パターンは「何を」から考えてしまうこと 一般的に「何かを始めたい」と思い立ったときに 「何を習慣化するか?」 という部分に目が行きがち …

「今は」という呪文はメンタル安定に有効なマジックワード

昨日は仕事終わりに家族と待ち合わせ。 神楽坂の阿波おどりを観ました。   目次1 人が集中するものを避けてきたけれど2 お祭へのパラダイム変化の兆し3 「今は」をマジックワードに設定する 人 …

「確実にやってくる未来」を「想定外」と言ってしまう愚をおかさないためにできること。

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 中学生の息子が、ようやく宿題を終えました。     目次1 パーキンソンの法則を体現( …

「オープンクエスチョン」と「クローズドクエスチョン」の違いを意識することで会話の広がりに差が出る

目次1 ■2つの質問の違いとは?2 ■クローズドクエスチョンとは?3 ■強制的なクローズドクエスチョンもある(笑)4 ■オープンクエスチョンとは? ■2つの質問の違いとは? 昨日のエントリ(「初対面の …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。