【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣

なぜ、「悪習慣」は、やめられないのか?目の前の誘惑に負けないためのおすすめの質問。

投稿日:2018/11/26 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

良習慣にせよ、悪習慣にせよ、誰にでも続けているものはあるでしょう。

1日を良習慣で満たすためにも、悪習慣を追放したいものです。

 

スポンサーリンク

 

なぜ、「悪習慣」は、やめられないのか?

先日、誕生日祝いで久しぶりに二日酔いになるまでお酒を飲みました。(^_^;)

私が話に熱中してしまい、色々と妻に未来を語っていたようですが(笑)、妻と2人で時間を忘れてしまうほど語り合えるというのは幸福なことだと信じています。

さて、久しぶりに二日酔いになった頭で考えていたのは、

・なぜ、「悪習慣」は、やめられないのか?

ということです。

たとえば、

・たばこを吸う
・スマホをいじる
・ネットサーフィンをする
・ギャンブルをやる
・夜ふかしをする
・食べすぎてしまう
・スマホでゲームをする
・お酒を飲む(汗)

など、人はおもしろいくらいに、悪い習慣は続けられるのですよね。

しかも、特別な努力もせず、意識しなくても、簡単に続けることができるのです。

これって、よく考えると不思議ですよね。

私は「続けることが苦手」だという方々にたくさんお会いしてきたからです。

「続けることができれば、いろんな課題が解決に向かうのに」と考えている(はず)なのに、良習慣は続かず、悪習慣は続けてしまう。

悪習慣にはまってしまった人は、今の「悪習慣」以上に自分の欲求を満たしてくれるものを見つけない限り、今の悪習慣から抜け出すことは難しいでしょう。

 

良習慣やビジネスが続かない原因とは?

悪習慣に費やすエネルギーや時間を、良習慣やビジネスに投資したら、どうなるでしょうか?

きっと、日常生活が、今よりもあなたの理想の日常に近づくはずです。

このようなことは、おそらく誰もがわかっていることですよね。

しかし、「それができないから困っている」ということだと思うのです。

では、なぜ、お酒やスマホをいじることは続けられるのに、良習慣やビジネスは続けることが難しいのでしょうか?

実は、この理由はとてもシンプルです。

良習慣やビジネスは、

・すぐに「快適な感情」を得られるわけではないから

ですね。

原因はいろいろとあると思います。

たとえば、良習慣でいえば、

・毎日がんばってテレアポをしているのに、すぐに営業成績がアップしない
・毎日がんばって英語を学習しているのに、TOEICのスコアが伸びない
・毎日がんばってブログを書いているのに、アクセス数が伸びない

ということがあると思います。

もしくは、悪習慣をやめるのは、

・毎日ダイエットしているのに、すぐに体重が減らない
・毎日スマホをがまんしているのに、すぐに理想の生活にならない
・毎日夜ふかしをやめたのに、すぐに早起きが定着しない

といったことがあるでしょう。

私たちは努力したら、「すぐに」結果が欲しくなります。

しかし、良習慣やビジネスは、すぐにその効果を実感できないので、つまらなくなり、挫折してしまうわけです。

 

悪習慣に負けそうなときに自分に問いかけたい質問とは?

ここを解く鍵になるのは、「成功体験」です。

成功体験が多い人ほど、

・成果は遅れてやってくる
・停滞しているように見えるけれど、少しずつ力はついている
・がんばった先にしか得たい結果はない

ということを理解しているのですね。

ですから、継続によって目標達成した記憶があったり、願望を成就したイメージを思い出すことができます。

つまり、未来を信じることができ、自分を信じることができるということです。

成功体験がないと、そこを信じる力がいまいち弱いのですね。

世の中には、数え切れないほどの誘惑があります。

油断していると、大事な時間はすべて持っていかれてしまうほどです。

それを防ぐ方法は、

・自分が本当に得たいものを明確にすること

です。

その願望が本音に近いものであればあるほど、迷ったり、選択肢がたくささんあるときにも、

・未来につながる選択
・長期的な視点
・価値観にそった行動

を決断することができるのだと思います。

そこで誘惑を断ち切れるからこそ、続けられるということですね。

その意味では、もしもあなたが続けられないのだとしたら、本当の意味で、

・自分で選んでいない

ということになってしまうのかもしれません。

ぜひ、あなたの心の中にある、

・やりたいことは何か?
・実現したいことは何か?

ということをあらためて自問してみませんか?

今あなたが取り組んでいる良習慣は、本当にあなたの未来につながっていますか?

今あなたがどうしてもやめられない悪習慣は、本当にやめられないのでしょうか?

もしも、悪習慣に流れそうになったら、

・本当は、どうしたい?

と自分に質問してみましょう。

「本当は、どうしたい?」は、コーチングのマジッククエスチョンと言われているシンプルかつパワフルな質問で、私もよく活用しています。

この質問に対して「Yes」なら、大丈夫なはずです。

悪習慣に悩まれている方は、ぜひ「本当は、どうしたい?」と自分に問いかけてみましょう。

 

・・・最近二日酔いになった私が言っても説得力がいまいちですけれども。(^_^;)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

久しぶりに終日オフ。

たまっていた書く仕事を進めていました。

夜は誕生日祝いの延長で、手巻き寿司パーティー。

誕生日が連休になると、お祝い感が持続してお得ですね。(笑)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣

執筆者:

関連記事

「確実にやってくる未来」を「想定外」と言ってしまう愚をおかさないためにできること。

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 中学生の息子が、ようやく宿題を終えました。     目次1 パーキンソンの法則を体現( …

頭、心、身体がスッキリ!早朝の旅ランを楽しんでみませんか?

早起きして、旅先で走ってみるのはいかがですか? 朝早く走る「旅ラン」は、とてもお勧めの習慣です。 今回は早起き情報の番外編として「早朝の旅ランのススメ」を記事にしました。     …

「自分に自信を持つ」ために有効なたった1つの方法

目次1 ■朝活プレイヤーは早起きを強要する?2 ■苦手なことを克服する3 ■自分を律することが個性につながる3.0.1 自制することが出来るというのは、そのまま直接個性にもつながっていきます。自分が良 …

自分の焦りから妻にやつ当たりをしたぼくが、気持を落ち着けてすぐに謝れた理由

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 先日、朝から妻にやつ当たりをしてしまいました。。。 ぼくが妻にやつ当たりするなんて、、、 15年ぶりくらい …

「魅力的な大人」になるための必須条件が何かと問われたら、どのような要素を思い浮かべますか?

ふとしたきっかけから「魅力的な大人像」を考える機会がありました。 考えてみると不思議なもので、実力やスキルはあるのに、「人が集まる人」と「そうでない人」に分かれるものなのですよね。 ということで、私な …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31