【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

書く習慣

「ひとり戦略会議」で夢や目標をリマインドする仕組みを習慣化しよう。

投稿日:2017/12/10 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

目の前に次々にやってくるタスクをこなしていると、毎日が目まぐるしいスピードですぎていきます。

そのようなときは夢や目標を忘れがちになるので、「ひとり戦略会議」で未来の視点を忘れないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

「ひとり戦略会議」を習慣にする5つのメリット

「ひとり戦略会議」では、未来のありたい姿から逆算して、1週間のふり返りと今後のやるべきことを1枚のシートにまとめたフォーマットを使うようにしています。

・目標を達成する
・夢をかなえる
・「自らがなり得る最高の自分」になる

そのために記録をしているのですね。

「大量行動実践会」や「やりたいことリスト100」といった比較的短期の視点で実現するアクションリストはもちろんですが、何年もかけてチャレンジしていく大きな夢や目標を実現していくこともできます。

要は、

・未来
・現在
・過去

という時間軸を俯瞰しながら、「では、今から何をするのか?」ということをしぼることができるようになっているのですね。

ひとり戦略会議を習慣化するメリットを書き出してみると、

・未来へのゴールを定期的にリマインドすることで、夢や目標を置い続けられる
・大きな夢や目標をチャンクダウンすることで、行動のハードルをさげられる
・過去のアクションを整理・言語化することにより、自分の経験値に変えられる
・うまくいかなかったことを確認することにより、反省を改善に変えることができる
・現在の取り組みが将来につながっていることを確認できる

といったことがあります。

 

「選考の逆転」におちいらないための工夫

セミナーでよくお伝えすることの1つに、「選考の逆転」という視点があります。

これは行動経済学で使われる言葉で、ひと言でいうと「人間は、将来の大きな利益よりも、目先の小さな利益を優先してしまう」という現象です。

たとえば、早起きを習慣化したほうがいいことは頭ではわかっているけれど、目先の睡眠欲に負けて二度寝をしてしまう、といったようなイメージですね。

絵画でいえば「遠近法」のようなものだといえるでしょうか。

同じ大きさの物体でも、遠近法を使うと、視点から近くの物体は大きく描き、遠くの物体は小さく描きますよね。

実際、遠くにある物は、たとえそれ自体が大きくても、自分の位置から見ると小さく見えます。

一方で、近くにある物は、たとえそれ自体が小さいものであっても、大きく見えるものなのです。

東京から見ると遠くに小さく見える富士山より、目の前にあるスカイツリーのほうが大きくみますよね。

しかし、実際は富士山のほうがはるかに大きいわけです。

どの地点から対象を見るのかによって、とらえ方が変化するのですね。

 

未来の目標を常にリマインドする仕組みをつくろう

これは、夢や目標についても同じです。

何十年も先の遠くの夢や目標は、たとえそれ自体が大きくても、現時点から見ると小さく見えてしまうものです。

その一方で、明日や来週の直近の予定は大きく見えます。

たとえば私が「将来、国際コーチ連盟のマスターコーチになる」という大きな夢があったとしても、明日の会議のほうが重要に思えるのです。

目先のことに気を取られて夢や目標への意識が薄められてしまうのは、このようなことが原因になっているのですね。

ですから、目の前のことにばかり気を取られていると、遠くのほうにあるものが霞んでしまいます。

その結果、遠くにあるものの存在を忘れてしまってはいけません。

そうならないためにも、「ひとり戦略会議」では、常に未来への視点を持ち続ける工夫をしています。

ですから、普段使っているフォーマットの最上段は、未来のありたい姿を書きます。

そこからチャンクダウンしていき、毎月、毎週といった形で、該当する期間に集中して取りくむための行動に焦点をあてるのです。

これを明確にすることにより、遠くにあるせいで小さく見えてしまう夢や目標を、身近に引き寄せて、「大きな存在」だということをリマインドするように工夫しています。

「ひとり戦略会議」でなくてもいいのですが、そのような確認作業をする習慣を持つことはおすすめです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、終日マーケティング塾で集中して学びました。

ポジショニングと強みの言語化を通したあとのコンセプトメイキング。

また1つ自分のサービスを具体化できました。

その後の懇親会では、講義では聞けない講師サイドの本音の話も。(笑)

楽しい1日でした。(^_^)

【募集中】
■12月14日(木)19:30〜21:30:「やりたいことリスト100」をつくるセミナー 〜やりたいことで毎日が満たされる〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-書く習慣

執筆者:

関連記事

読書感想文が終わってないお子さんへ!10個の質問に答えながらマインドマップをかくだけで読書感想文を書く方法。

お子さんの読書感想文は終わりましたか? 読書感想文は、かなり重たい宿題ですよね。 そこで、読書感想文に使える良いフォーマットがありましたので、ご紹介いたします。 さらに、我が家のオリジナルは、以下のマ …

自分の成長ののびしろは「疑問」の中にある。書く習慣で疑問に形を持たせよう。

私が日記やブログを書き続けている理由のうちの大きな1つに、「自分の疑問を言語化しておく」というものがあります。 疑問を持たない人間は成長がとまってしまうと思っているからです。   スポンサー …

ふり返りによって成果を見える化する。1年をふり返るためにおすすめの5つの視点。

定期的に自らを振り返り、次に向けた改善点を洗い出す。 ドラッカー氏の言葉です。 その言葉を持ち出すまでもなく、ふり返りを行うことは、成長し続けるためには欠かせません。 私が今年1年をふり返るために使用 …

悪循環のリズムに振りまわされそうなときこそ、理想の1日を見直すタイミング。

今までの生活リズムが変わるタイミングで、悪循環のリズムにおちいりそうなときがあります。 そのようなときは、理想の1日のスケジュールを見える化することで解決していくことがおすすめです。   ス …

5年日記を1年間継続。日記を書く習慣が、目指すべき世界に進むためのプロセスを見える化してくれる。

今年の1月1日から、「5年日記」をスタートしました。 当時の記事は下記です。 自分の習慣化スキルを確認するために小さなチャレンジをしてみます。 | 【良習慣の力!】ブログ おかげさまで、1年365日間 …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930