【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣

「電話にすぐ出る」をやめる。時間泥棒や生産性泥棒をブロックする習慣。

投稿日:2017/03/24 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

残業を減らすためのアプローチ、いろいろとありますよね。

その中でも、気軽に試せるわりに、意外と効果がある習慣があります。

それは、「電話にすぐには出ない」というシンプルなものです。

会社ではたらいている人はもちろんのこと、プライベートの携帯電話でも同じです。

「電話がかかってきたら、すぐに出なくてはいけない」というのは、メールやメッセンジャーがない時代の思いこみです。

 

スポンサーリンク


 

電話魔が引き起こす見えない失注案件

取引先の女性で、「電話魔」とも言う女性の方がいます。。。

その会社の取引条件は、決して悪くはないのですが、私はほとんど仕事をお願いしていません。

なぜなら、、、あの電話攻撃が苦手だからです。(^_^;)

仕事には変更や訂正はつきものですし、数量や納期の違いで大きなトラブルにも発展します。

それなのに、常に電話で連絡をされるので、こわくてたまりません。。。

とくに私は記憶力が悪いですし(汗)、夫婦の会話でさえ「言った、言わない」のトラブルがあるのですから、大事な要件はメールにするべきでしょう。

しかも、その女性の方の電話に出てしまうと、いつもせかせかしていて、周囲がなんとなくガチャガチャしてるんですよね。

それで、あせりからか、その女性の方は、たまに基本的なミスも起こすのです。。。

私以外のスタッフは発注をしているので目に見える損失はないのですが、ある意味では電話魔ということで、私からのオーダーは失っているのです。
(これは、意外とこわいことだと感じています。)

 

電話に生産性を邪魔されないように意識する

電話が好きな人の用件というのは、意外とたいしたことがないものです。

ですから、よほどのことでもない限り、すぐに出なくて良いと思っています。

それでも何度も電話がくる人であれば、なおさら「いま電車の中なので、ひとまずメールを送っていただけますか?」と返してみてはいかがでしょうか?

たとえ電車に乗っていなくても、です。(笑)

実際、わたしも会社の電話はある程度意識して出ないようにしていますし、携帯電話もいきなりは出ません。

とくに、私ひとりの時間は貴重な時間だと考えています。

それなのに、過去の失敗として、ブログを書いて夢中になってきたタイミングで携帯電話がなり、いきおい余って出てしまったことがあります。

いったん電話に出てしまえば、当然仕事の話になります。

すると、今度は依頼されたタスクに取りかからないと気になってしまうのですよね。

ようやくそのタスクを済ませてからブログに戻ると、待っていたのは、「・・・あれ?何を書こうとしていたんだっけ。。。」です。

ふたたびエンジンがかかるまでには、また時間がかかります。

せっかくのアイデアやインスピレーションも、どこかに消えていってしまうのです。

相手が何気なしにかけてきた、たった1本の電話。

それが、私の生産性を著しく下げてしまったのです(ただでさえ高くないのに・・・)。(T_T)

 

電話への思いこみを手放そう

アポにしても、仕事の依頼にしても、電話よりはメールのほうが、受け手としては安心して内容確認ができます。

では緊急の際はどうするのか?

もしも本当に緊急であれば、名前を名乗って留守番電話にメッセージを残してくれるはずです。

自分のタスクがひと息ついたら、あらためて確認しても遅くはないでしょう。

かくいう私も、5年くらい前までは「電話は相手を待たせることなく早めに出なければならない」という意識がありました。(^_^;)

しかし、変わったのは、私の周囲の「できる人」は、電話嫌いが多かったのです。(笑)

ただ、裏を返せば、成果を上げている人は、それだけ時間というリソースの重要性を理解しているわけです。

電話に出てしまえば、かんたんなやりとりであっても、3分くらいはかかります。

1日に10本の電話に出ていたら、それだけで30分の時間がなくなってしまうのですね。

睡眠時間を抜いた時間から、さらに30分を失うのは痛手です。

どうしても電話をしなければならないのであれば、細切れに電話するよりも、まとめて折り返したほうが効率が良いです。

なぜなら、頭が「電話モード」になっているので、スピーディーに会話や判断ができるのです。

このようにして、意識して電話に立ち向かわないと、時間が無駄になってしまいます。

仕事の中断や再開は急激なモードチェンジになるため、エネルギーも消費しやすいです。

いつもすぐに電話に出てしまって「自分の時間が取れない」という人は、ぜひ「電話がかかってきたら、すぐに出なければならない」という思いこみを手放してみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、コーチの友人との相互セッション。

なかなか進展しない状況に、お互いやきもきしつつ、それでも前進するしかないのですよね。

人生に満塁ホームランはないし、人生にウルトラCはないので。

できることは、あきらめずに行動することです。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■お知らせ

【セミナー募集中!】
■2017年11月28日(火) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

■2017年12月5日(火) 19:30〜21:30:これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

■12月14日(木)19:30〜21:30:「やりたいことリスト100」をつくるセミナー 〜やりたいことで毎日が満たされる〜

コーチングサービスは随時承っております。
コーチングのお申し込み

■当ブログへのお問い合わせ・ご感想はこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前 ( * 必須)

メールアドレス ( * 必須)

題名

メッセージ本文

■スポンサーリンク


-良習慣

執筆者:

関連記事

中長期のプロジェクト完遂に必要なメリハリを考える

息子の夏休み宿題プロジェクトの続編です。 前回の記事から一週間が経過しました。 現状を報告いたします!(笑)   (ここから有料メルマガのご紹介です) ——————————————————— …


あなたのチャレンジの基準は何?まずは行動基準を「100」にしてみましょう

あなたは、何か新しいチャレンジをするときに、どのような基準を設定していますか? 私は、まずは「100」にこだわってみることをお勧めいたします。     目次1 初めて電話営業した新 …


no image

「温泉の源泉採掘」と「目標達成のプロセス」との類似性について

———————————————————— 当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(僕の造語です)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 僕が「良習慣」を身につけていく …


「初対面の人に話かけるのに時間がかかる・・・」を解決する習慣

「早起き」メルマガ(有料)始めました! 登録はこちらから! メルマガ登録・解除 幸せな成功をつかむ!「朝4時」起きの技術!~「早起き」は人生変革への最短ルート~ 購読料:¥200/月(申込当月 …


ゴール達成でペースダウンしてしまう人へ。常に自分をアップデートし続けるコツ。

ゴールを達成したからといって、そこで力尽きてしまってはもったいないです。 新たなゴールを設定して、常に「より好ましい自分」に変化できるように心がけています。   スポンサーリンク &nbsp …


似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930