【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起き

「強い自分」を表出させる方法は早起き。「弱い自分」を封じ込める方法も早起き。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

なるべくなら「弱い自分」にはおとなしくしておいてもらいたいもの。

そのためにできる行動は、仕事もタスクも先手で追いかけていくことだと思っています。

 

スポンサーリンク

 

私たちが持つ「強い自分」と「弱い自分」の存在

私たちは誰でも、自分の中に

・強い自分
・弱い自分

の、両方の自分を持っているものです。

調子が良くて、「強い自分」が出てきているときは問題ありませんよね。

問題なのは、「弱い自分」が出てきたとき。

これは厄介者で、対処法を考えておく必要があると思っています。

私が見ているところ、うまくいっている人というのは、「弱い自分」とうまくつきあい、上手に封印して、日常生活や表面に出てこないようにしているものです。

また、私に関して言えば、「弱い自分」が出てくるのは、「無力感」「無価値感」を味わったときです。

日頃がんばっているつもりでも、日常のちょっとしたことで「弱い自分」が出てくるものなのですよね。

「弱い自分」が心を占めるようになると、集中力がなくなり、自信もなくなり、ダラダラとした時間を過ごしがち。

こうなると平常のパフォーマンスを取り戻すために時間がかかるので、非効率です。

ですから、なるべく「弱い自分」に心を占拠されないようにしたほうがいいのです。

 

「弱い自分」に打ち勝つための方法は「早起き」

そのように「弱い自分」がアピールを強めてきた場合に、私なりに勝っていくための方法があります。

それは、

・自分で決めた時間に1日をスタートし、1日の先手をとっていく

ということ。

要は、早起きして、1日の始動を早めていくことです。

「えっ?そんなこと・・・?」と思ったかもしれません。

しかし、よく耳にするように、世の中の成功者や成果を出している人に早起きができる人が多いのは確かです。

私の周囲の師匠たちも、軒並み朝は早いです。

実際、「早起きしている経営者の会社は、つぶれない」という話さえ聞いたことがあります。

では、それは、なぜでしょうか?

それが、

・早起きすることで、「弱い自分」を封じ込めている

ということにつながっているのだと思っているのです。

そのことを考えるために、私の失敗談を書きますね。

たとえば、お酒を飲みすぎて二日酔いになってしまったことがあります。(^_^;)

そうなると、早起きどころかめざまし時計がなったときにふとんから文字通り飛び起きて、朝食も食べずに自宅を出発。

満員電車にのって、ギリギリ出社となってしまいました。

この状態になると当然、通勤中のブログ執筆もできませんし、かといって習慣化コミュニティーのサポートの返信コメントをしようとしても頭が働きません。

会社の仕事も午前中はメール返信くらいしかできず、生産性はほとんどなし。

ランチを食べて気を取り直そうと思ったものの、逆に眠くなり、午後のパフォーマンスは大幅にダウン。

なんとかタスクをこなしつつも非効率の極み。

そのまま時間がすぎていって気がつくと退社時間になり、残業が決定です。

結局、ルーティンのタスクが残ったまま「ああ、、、やってしまった・・・」という後悔とともに会社をあとにするわけですね。

1日のスタートにつまづいた影響が、ドミノ倒しのように後ろの時間に効いてくるのです。

このような1日を過ごすと、やってくる感情は大きな後悔。

あなたには、そのようなことはないでしょうか?

 

早起きすることによって「強い自分」で出会える

これを防ぐ手段が、「早起き」です。

早起きには、

・時間に追われる
・タスクに追われる
・ほかの人からの依頼に追われる

といった現象を遠ざけるパワーがあります。

むしろ、追われる自分から、先手をとって追いかける自分に変わっていくでしょう。

早起きして始動を早くすることで思考スピードが速まったり、決断力が高まり、迷いや先のばしも減ります。

そうなると、自己肯定感や達成感が続いてくるのですね。

私も、今でも365日早起きができているわけではなく、ゆっくり起きて、睡眠時間に投資することもあります。

それは、「弱い自分」が心の中に存在していることをよく理解しているからです。

「365日早起きしなければならない」というルールを持った時点で、早起き習慣化を継続していくのは無理です(私には)。

もしそのようなルールを持てば、ルールを破る日が出てきます。

そうなれば「弱い自分」は強力な力を発揮して、私を打ち負かすでしょう。

「弱い自分」強ければ、自分のことが嫌いになってくるかもしれません。

でも、そこで負け続けるわけにはいかないと思うわけです。

ですから、「弱い自分」に打ち勝って、

・朝からコーチングセッションをする
・朝からブログやメルマガを書く
・朝から水泳をして体を動かす

といった活動に取り組むようにしています。

すると、

・朝から集中している自分
・朝から大事な活動に時間を投資できている安心感
・朝から将来の自分のありたい姿に近づいている事実

などといったものに出会うことができます。

そうすることで、自己肯定感や自己尊重感が育ち、自分を好きになることができるようになるのです。

そのような効果を生み出すためにも、早起きを習慣化してみましょう。

「弱い自分」は誰にでもいます。

でも、その「弱い自分」とどのようにつきあっていくのかは、自分で調整をとっていくことができるはずです。

「強い自分」が顔を出せる余地を残すためにも、早起きにトライしてみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、午前中にコーチングセッション2件。

午後はロードバイクの前輪を修理するために、バイクにのってショップへ。

走っていて空気の抜けるのが早いと感じていたので、レース前にチューブを交換してもらうことにしました。

その後、少し涼しくなってからランをして、最後にスイム1,500m。

3種目ともトレーニングすることができて満足です。

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-早起き

執筆者:

関連記事

早起きのイレギュラーに対応するために「理想の1日」を明確にしよう。

現在、同時に10名以上の「早起き習慣化」にかかわっています。 大人数の早起き習慣化のご支援にかかわっていて、とても大切だと再認識したのが、 「自分が考える理想の1日のスケジュールを見える化する」 こと …

午後の作業の効率アップをはかる!コーヒーを活用して短い昼寝をしてみよう!

友人から記事を紹介してもらいました。 ぼくが興味を持っている「昼寝」に関する情報でした!   (ここから有料メルマガのご紹介です) ———————————————————— 「早起き」メルマ …

あえて早起きのデメリットを考える。1つのテーマを賛成と反対から考える習慣。

  こんにちは、伊藤です。 昨日のエントリに引き続き、本日は 「デメリットの3条件」 をお伝えいたします。 【ご参考エントリ】 ディベートの手法に学ぶ!「メリット成立の3つの条件」とは? & …

朝時間の使いかたが、サバイバル時代を生き抜くことの可否を決める。

新しい自分の強みを見つけ続けている人は、いつ自分磨きをしているのでしょうか? 最近考えていることなのですが、人の才能や天職へのアプローチというのは、朝時間を活用することで花ひらくのではないか、と思うの …

早起きして朝から仕事をする人は収入が高い理由を考えてみる。

朝型の人は生産性が高いです。 やはり、収入アップにつながる要因を自らつくっているのです。   スポンサーリンク   目次1 朝型の人は収入が多いのはなぜか?2 朝が弱いと成果が出に …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31