【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起きの習慣

早起きは毎日するべきか?自分にあった「早起きの定義」を決めて柔軟に早起きを習慣化しよう。

投稿日:2015/10/11

Pocket

早起きを習慣化すると、人は自然に「毎日早起きするべきだ」と考えてしまう傾向にあるようです。

私自身もそう思っていましたし、クライアントさんやセミナーのご受講者さんもそのように考える人が多いからです。

でも、それは本当なのでしょうか?

それは、「登山をしよう」と思ったときに、急にエベレストを目指すようなものだと考えています。

それよりは、「規律」もありつつ、ストレッチのような「柔軟性」を持つべきだと思うのです。

stretching-muscles-579122_640

スポンサーリンク

早起きは絶対に毎日しなければならないものなのか?

確かに、「早起きを習慣化しています」という状態を目指すなら、1年365日、毎日早起きするに越したことはありませんよね。

私も、過去、そのように考えていましたし、「毎日早起きしなければ、早起きしている」と言ってはいけないものだと考えていました。

しかし、「毎日早起きしなければならない」というのは、私にとって「呪縛」でした。

私の早起きの技術の定義は、「明日は早起きしよう!」と思ったときに、翌日早起きができることです。

要は、「明日1日を目標の時間に起きることができればOK」なのです。

1日ができるようになれば、毎日早起きしたければ、その法則を毎日適用すれば大丈夫だからです。

早起きセミナーでも、「まず1日早起きするためには、どのようなアプローチをすれば良いか?」ということをお伝えしています。

早起きを目標にしてしまうと柔軟性を失う

ただし、「毎日早起きする」という目標は、私やクライアントさんの経験上、「目標で目的を見失う状態」になりがちです。

たとえば、私の例で言うと、

・会社の仕事をしながら、

・家庭を持って、妻と子ども2人とのコミュニケーションをとり、

・週末起業家として自分の小さなビジネスをやって、

・ブログを1日1記事分書いて、

・セミナーやイベントに参加したり、

・社外の人たちと積極的に交流したり、

という毎日を送っていると、正直言って、早起きを365日続けるのは非常に難易度が高いものです。

それでも、無理やりやっていた時期もありました。

しかし、そうすると、「妻がゆっくり話を聞いてほしい」というタイミングや、「子どもが熱を出すなどの突発事項」などに、寛容になれなくなる瞬間があるのです。

イレギュラーの案件が出てくると、「早起きできなくなるじゃん・・・」と言って、イライラするようになっていたのです。。。

そのように強制的に早起きをしようとすると、たとえばうちの奥さんが、「今日、ちょっとゆっくり話をしたいんだけど時間とってもらえる?」と言われたときに、「ごめん、早起きしないといけないから、明日で良いかな?」と言わなければならないのです。(^_^;)

そんなの、幸せじゃないですよね?

つまり、「早起きという目標」に生きてしまい、幸せな毎日を過ごすための「早起き」ではなくなってしまうわけです。

あなたの「早起きの定義」を数値化・言語化してみよう

では、どのようにすれば良いのか?

私は、早起きセミナーで、「自分の中での早起きの定義を決めてください」とお話しています。

つまり、「早起き=毎日する」というハードルを崩していただくようにしているのです。

セミナーのご受講者さんに聞くと、意外とみなさん、「早起きは毎日すなければならない」と思ってしまっているのです。

ごく自然に。

でも、それってハードルが高すぎませんか?

そのため、早起きの条件を定義(または再定義)するのです。

私の場合は、「1週間のうちに4日以上、4時から5時までの間に起きる!」です。

その条件がクリアできていれば、「自分は早起きです」ということにしていますので、私は、誰がなんと言おうと、「私は早起きです」と言えるセルフイメージが保てるのです。

もちろん、毎日早起きできるように研究を重ねています。

しかし、同時に毎日の幸福感や充実感も捨てられません。

早起きするために生きているわけではありませんので。

ですから、常に最適化できるポイントを探しています。

それが、上に記したような数値化した目標なのです。

これが、私が考える、「人生の幸福感や満足感を忘れないようにしながら、無理なく早起きも達成する秘訣」です。

あなたの早起き習慣化にご参考になりましたら幸いです。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【編集後記】

昨日は、娘と2人で巨大迷路に遊びにいきました。

夕食は家族4人で集まり、その後カラオケに行ってしまいました(笑)。

娘が遊んでいた巨大迷路を見ていて、ブログネタを思いついたので、後日記事にしたいと思っています。

ブログを書いていると、とにかくネタにしようとする習慣が身につきますね(笑)。

【無料】「100人コーチング」のお申し込みはこちらから!

【無料】100人コーチングのご案内 | 【良習慣の力!】ブログ

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-早起きの習慣

執筆者:

関連記事

寒さに負けずに、快適に目覚める方法。あたたかさに「快」の感情をプラスする。

最近、私が主催している「早起き部」で、「寒くてふとんから出られません!」という投稿が増えてきました。(笑) そこで、寒さに負けずに早起きするためのコツを記事にしました。   スポンサーリンク …

早起きのために早寝する思考と残業しないように定時退社する思考に共通する思考とは?

早起き習慣化のために重要なのは、「寝る時間」を守ることです。 それは、「定時で仕事を終える!」というプロセスに非常に似ています。 前回の早起きセミナーで質問をうけた際に、本記事の共通点に気づきました。 …

早起きして朝の「旅ラン」 。街を知り、人を知り、朝日に出会える良習慣。

旅行先でランニングする「旅ラン」。 旅先での朝の目覚めが楽しみになる良習慣です。   スポンサーリンク   目次1 旅行先にランニングウエアとシューズは必需品2 「旅ラン」をする3 …

あなたの理想の生活は?理想の生活スケジュールを1週間単位で描いてみよう。

早起きする理由を明確にするために有効なのが、理想の1日を描き出すことです。 理想の1日を描くことに慣れてきたら、1週間単位での理想の生活スケジュールを考えてみることをお勧めいたします。   …

「強い自分」を表出させる方法は早起き。「弱い自分」を封じ込める方法も早起き。

なるべくなら「弱い自分」にはおとなしくしておいてもらいたいもの。 そのためにできる行動は、仕事もタスクも先手で追いかけていくことだと思っています。   スポンサーリンク   目次1 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。