【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考の習慣

先のばしに苦しんでいるのに、その裏側に「楽しさ」を感じているという矛盾に対処する方法

投稿日:2020/02/18

Pocket

いつも先のばしをしてしまうことに悩んでいる人はいませんか?

私の先のばしの研究でわかったことは、先のばししてしまう裏側には実は心理的なメリットがあるということです。




 

「後でよくない結果になるとわかっているのに、行動を先送りしている状態」

「後でよくない結果になるとわかっているのに、行動を先送りしている状態」

これが、私の中の「先のばし」の定義です。

たとえば、締め切りがある重要なタスクが残っている先のばし。

それなのに、締切がまだ先の簡単な仕事に手をつける。

これは今日中に仕上げなければならない提案書があるのに、メールチェックをやってしまうようなことですね。

テスト前に、急に机の上を片づけたくなるのも先のばし。

返信しなければいけないメッセージがきているのに、すぐに返信できず考えてしまって既読のままにする先のばし。

今日中に学習する予定の資格取得の予定があるのに、冷蔵庫から缶ビールを取り出してしまう先のばし。

もしかしたら、あなたも思いたあたることがあるかもしれません。

さて、実はここに「先のばし」に関する興味深い心理があるんです。

どういうことだと思いますか?

それは、

・「本当はやってはいけない」と思っていることをやってしまうのは、ちょっとした楽しみがある

ということです。

 


 

【お知らせ】

■2020年4月21日(火)19時00分〜21時00分
エキスパートカフェ第14回 著者 伊藤 良氏と読む
『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





まじめな人ほど「先のばし」に注意

不思議ですよね。

本当はだめなことだとわかっているのに、やってしまうなんて。

これは「なぜ、先のばしなんてしちゃってるんだろう?」と不思議に思っている「すぐやる人」にお伝えしておきたいことです。

先のばしする人は、「よーし!先のばしするぞ!」と思って先のばししているわけではありません。

「先のばししちゃだめなんだよな・・・」と思いながら先のばししてしまうんです。

私は知っています。

なぜなら、私自身が「先のばし王」だからです。。。

でも、先のばししてしまう人も、あまり自分自身を責める必要はありません。

むしろ「もう先のばししない!だからYouTubeも見ない!」と禁じることはやめましょう。

これはちょっと断言してもいいんですが、かえってYouTubeを見る時間が増えると思います(笑)。

理由は、くり返しになりますが、

・「本当はやってはいけない」と思っていることをやってしまうのは、ちょっとした楽しみがある

からです。

実際、自分に「しっかりしろ!自分!」と言い聞かせるまじめな人ほど、先のばしをして時間の無駄づかいをしているケースが目立つものです(これも私の実体験です・・・)。

そもそも、先のばしをゼロにするなんて無理な話です。

すべてのタスクはとらえ方。

ずっと保留にしているから先のばしになるだけです。

でも、同じ未完了のタスクでも、「土曜日の午前10時から取り組む」とすれば予定に変わります。

そんな風にしてタスクに取り組む場所をコントロールすれば、「先のばし」という概念はだいぶ減るはずなんです。

 


■スポンサーリンク




「休む時間」をスケジュールに入れる

「先のばしをゼロにする」といって、本当に先のばしはなくなるか。

必ずそうでもないでしょう。

私たちはマシーンではありません。

血の通った人間です。

ときには自分を甘やかしたり、休むことも必要なんですよね。

それなのに先のばしゼロはきびしいです。

実際、

・Facebookで友人たちの投稿を読む

・YouTubeを楽しむ

・Amazonプライムビデオを観る

・マンガを読む

・ゲームで遊ぶ

・何もしないで休む

などといった活動は、人生を楽しむために必要な時間のはずですよね。

では、どうすればいいのか。

私が最近ためしていて効果があるのは、

・初めから「休む時間」をスケジュールに入れる

ということです。

そうすれば、「今日のタスクが終わったら、思いっきりYouTubeを見よう」というように楽しみができます。

先のばしを感じながら、

・「本当はやってはいけない」と思っていることをやってしまうのは、ちょっとした楽しみがある

という形で代替しなくていいわけです。

その時間があるかどうか。

これは時間簿をとってみるとわかりますが、1日の中にはそれなりに「何気なくすごしている時間」が存在しているものです。

もちろん、その時間を第2領域の活動や目標達成に投資することが重要なのは間違いありません。

でも、「休む時間」もやはり必要だと思うんです。

それは、あなたの「自分の時間」だからです。

「自分の時間」をないがしろにしていたら、生きるのがしんどくなります。

ですから、たとえ短くてもいいので「自分の時間」をスケジュールに組み込んでおくこと。

こうすれば、休む時間を確保できます。

その分、これまで過ごしていた無駄な時間が圧縮されるはずです。

ぜひ、

・初めから「休む時間」をスケジュールに入れる

を試していただきたいと思います。

そして大事なこと。

「自分の時間」になったら、罪悪感を持たずにきっちりその時間を楽しむことです。

ほかの人との約束と同じくらいに、自分の時間を大事にしましょう。

 


 

【お知らせ】

■2020年4月21日(火)19時00分〜21時00分
エキスパートカフェ第14回 著者 伊藤 良氏と読む
『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、ショックなことが。。。

東京マラソンの中止が決まってしまいました、、、

5年ぶりの当選だったのに。

せっかくまじめにランニングしてきたのに。

がんばってお金を払ったのに返金なしだし。

・・・と一瞬は思ってしまいました(笑)。

でも、人命のほうが重要ですもんね。

トレーニングした距離はムダになりませんし。

来年の出場優先権は残ることが公式に発表されたので、来年を楽しみにしようと思っています。

ちょうど前日に、妻と2人で沖縄料理店のライブに行く予定にしていたので、そちらの時間を心ゆくまで楽しもうと思います。


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ/国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)/早起きコンサルタント/ビジネス書作家/「良習慣の力!」ブログ管理人/「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者 /セミナー講師/習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/「習慣化の智慧」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員(営業)など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。これまでサポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。さらに詳しいプロフィールはこちら

-思考の習慣

執筆者:

関連記事

「忙しい」という言葉を言わないようにするための対処法

「忙しい」という言葉を使ってしまうときは、思考や感情が追い込まれているときです。 そこから抜け出すためには、「感謝」という感情を高めてみましょう。   目次1 「忙しい」ことは美徳ではない2 …

不安を見るのか、目標を見るのか。思考と意識は「得たい未来」に集中させていこう。

私たちの思考や意識は常にどこかに焦点をあてています。 どうせなら、焦点を「不安」ではなく「未来の目標」に当てていきましょう。   スポンサーリンク   目次1 たくさんの不安を抱え …

「ギブ&テイク」が悪いのではありません。「ギブ&テイク思考」で考えなければいいのです。

相手に与える「ギブ」と、相手から受け取る「テイク」。 相手からの「テイク」を期待しないようにしましょう。   スポンサーリンク   目次1 「ギブ&テイク」がストレスにな …

自分が失敗した数だけ、ほかの人のお役に立てる可能性が高まる。

失敗をこわがりすぎると決断を保留にして先のばししてしまうものです。 そのようなときは「自分が失敗した数だけ、ほかの人のお役に立てる可能性が高まる」と考えるようにしています。   目次1 アイ …

ネガティブな感情に隠れているメッセージ。素直に受けとって裏側を考えてみませんか?

ネガティブな感情とは距離をおいてつき合いたいものだと思っていませんか? でも、ネガティブな感情にも、意味があるものなのです。 もしかすると、あなたはネガティブな感情をスルーすることでデメリットがあるか …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。