【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考の習慣

成果を出す秘けつは「まねる」にある。すごい人たちが積極的に「まねる」理由。

投稿日:2019/07/11

Pocket




あなたには、「お手本、ロールモデル、ベンチマークする人」がいるでしょうか?

もしいるとしても、どれくらいのレベルで「まねる」ことをしていますか?

私のおすすめは、徹底的に「まねる」ことです。

 

成果を上げている人は積極的に「まねる」

“私のしてきたことは、ほとんど誰かのまねだ”

これは、世界最大のスーパーマーケットチェーン「ウォルマート」の創業者、サム・ウォルトン氏の言葉です。

歌手のあいみょんさんは、Twitterで、

“みんな誰かの真似真似ってすぐ言うけど、何も真似しようとせん人は何も生み出さへんってダリが言ってた。

それは私もそう思うしそう信じてます。

色んなアーティスト、芸術家に影響を受けて羨んで憧れてきて、真似せずにはいれへんよ。

真似事から新しい音楽が生まれるなら最高やんか”

と言っています。

野球の落合博満さんは本「采配」の中で、

“自分がいいと思うものを模倣し、反復練習で自分の形にしていくのが技術。

模倣とはまさに、一流選手になるための第一歩なのだ。

大切なのは誰が最初に行ったかではなく、誰がその方法で成功を収めたかだ”

と書かれています。

このように、成果を出している人たちは、先人たちから積極的に「まねる」ことをやっています。

私たちも、この姿勢を「まねる」ことが必要ではないでしょうか。

心理学では「モデリング」と呼びますが、お手本を「まねる」ことが成長への第1歩だと言われているからです。

 


 

【お知らせ】

■2019年11月20日(水)19時30分~21時00分
【週末起業実践会さまにて】
良習慣プロフェッショナルコーチがおすすめする「複業を加速させる3つの習慣」セミナー
https://www.shumatsu.net/schedule/zemi_191120.html

■パーソナルコーチングのお申込み
http://www.ryoushuukan.com/coachng_application/

■「皇居ラン&コーチング」サービス
http://www.ryoushuukan.com/the-imperial-palace-run-and-coaching/

■メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内
http://www.ryoushuukan.com/e-mail-magazine-multiple-work/

■伊藤 良のプロフィール
http://www.ryoushuukan.com/profile/





再現性のある良い「型」を「まねる」

「まねる」存在を見つけられたら、ラッキーです。

先日も、コーチングでクライアントさんと話していた際、「真似したいと思う人が見つからないんですよね」と言われていました。

たしかに、すぐに真似したい人が出てくるかどうかはわかりません。

見つけようと思って見つかるものではないからです。

それだけに、少しでも心がひかれる人を見つけたら、その人のことを徹底的に「まねる」をしていったほうがいいでしょう。

まずは表面的に目に見えるところから、「まねる」をしていき、自分に取り入れたいものがあったら積極的に「まねる」をしていくことです。

もちろん、あなたのオリジナリティを出してはいけないということではありません。

ただ、「プライドが邪魔する」程度のものでしたら、そのプライドは手放して「まねる」をしてしまいましょう。

もしもあなたの現状が理想どおりでないとしたら、「まねる」を取りいれていったほうが成長は速いです。

 

「まねる」とは料理のレシピ

「まねる」とは、たとえて言えば料理のレシピのようなものです。

成果が出ることがわかっており、再現性があり、言語化されていること。

そのような「基本の型」があるからこそ、アレンジもできるわけですよね。

先日、妻に料理のレシピについて聞いていたら、大量のレシピが頭に入っていることがわかって驚きました。

ただ、だからこそ、毎日のように料理をつくれるわけです。

一方で、私には頭に入っている料理のレシピがないので、料理が再現できないのですね、、、(^_^;)

「実力がある・実力がない」というのは、まさにそういうことなんですよね。

 

「守破離」の「守」が「まねる」段階

ご存じの方も多いと思いますが、修行のプロセスには「守破離(しゅはり)」という言葉があります。

「守破離(しゅはり)」とは、

・「守」は、ひたすら師の教えを守る段階

・「破」は、師の教えから抜け出し、独自の方法を創造する段階

・「離」は、これまで習得してきた型を抜けてオリジナルをつくる段階

ということです。

「まねる」というのは、この「守」の段階ですね。

この段階で、いい「型」を見つけることが肝心です。

 


■スポンサーリンク




「まねる」を自分のエネルギーに変えていく

成長する人を見ていると、良い「型」を見つけて、その「型」を上手に「まねる」ようにしているものです。

「何事もはじめが肝心」と言われるように、最初の基本を身につけることが重要なのです。

最初に「型」を学ばずにいきなり我流でいってしまうと、悪い「型」が身についてしまうかもしれません。

そうなると、修正が難しくなるわけです。

そのためにも、良い型を「まねる」ことが大事なのですね。

 

「まねる」ことはだめなのか?

なかなか成長できない人は、なぜか「まねる」ことに抵抗を感じている場合が多いようです。

もしかすると、無意識のうちに「人の真似をするのはいけないことだ」という考えがあるのかもしれません。

ただ、そうなるとちょっと損をしている可能性があります。

「まねる」ことに抵抗を持っていると、せっかく良いお手本があっても、何も取り込まずに終わってしまうからです。

何かを始めても、行き詰まってしまって挫折してしまうかもしれません。

「まねる」という段階を抜かしてしまうということは、ゼロから自分で考えなければならないということです。

そうなると、ただでさえ大変な挑戦なのにもかかわらず、どんどん時間がすぎていってしまうのです。

 

「まねる」ことでリズムをつかむ

「オリジナリティを追求したい」という心意気自体は、すばらしいことだと思います。

ただ、それだと時間がかかることを覚悟しなければなりません。

あなたがふんだんに時間を持っているのなら話は別ですが、たとえそうであっても成果を出すのは遅くなってしまいます。

「0→1」は、「1→10」よりも難しいことです。

何ごとも、最初はエネルギーを必要とするので。

だからこそ、「まねる」ことを、いいスタートを切るためのエネルギーとして活用すればいいのではないでしょうか。

世の中には良い「型」があるわけですから、まずは「まねる」ことでリズムをつかんでいくことに抵抗を感じる必要はないでしょう。

 

「TTP=徹底的にパクる」でOK

心理学でも、モデリングは成長に必要なものだとされています。

もし、どうしても個性を出したければ、それはあとからいくらでも出せます。

ですから、まずは素直に「まねる」ことに取りくんでみましょう。

そこに遠慮はいりません。

「TTP」という言葉にもあるように「徹底的にパクる」でOKなんですね。

そうして、ダンスを踊るようにベビーステップを踏み続けていくこと。

それが、のちのジャイアントステップにつながっていくものなのです。

自分の成長に対してどん欲になっていきましょう。

 


 

【お知らせ】

■2019年11月20日(水)19時30分~21時00分
【週末起業実践会さまにて】
良習慣プロフェッショナルコーチがおすすめする「複業を加速させる3つの習慣」セミナー
https://www.shumatsu.net/schedule/zemi_191120.html

■パーソナルコーチングのお申込み
http://www.ryoushuukan.com/coachng_application/

■「皇居ラン&コーチング」サービス
http://www.ryoushuukan.com/the-imperial-palace-run-and-coaching/

■メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内
http://www.ryoushuukan.com/e-mail-magazine-multiple-work/

■伊藤 良のプロフィール
http://www.ryoushuukan.com/profile/


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、妻とお昼に待ち合わせをして、ランチを一緒に食べました。

訪れたお店は「鉄板中華 青山シャンウェイ」。

私が好きな「孤独のグルメ」にも出たお店です。

ドラマで出ていた「毛沢東スペアリブ」を食べたんですが、予想通り強烈なインパクトでした(笑)。


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ/国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)/「良習慣の力!」ブログ管理人/「複業で自分を磨く!」メルマガ発行者 /セミナー講師/習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/「習慣化の智慧」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員(営業)など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。これまでサポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。さらに詳しいプロフィールはこちら

-思考の習慣

執筆者:

関連記事

苦しい状況のときこそ視点を変える。「目標に到達していない」のではなく「プロセスの中にいる」と考えてみよう。

「自分の目指すゴールになかなか到達できない」という状況は、多かれ少なかれ誰にでもあるものです。 そのような状態はできれば抜け出したいものの、そこで考え方や捉え方を変えることによって、気の持ちようも変わ …

ほかの人に期待しすぎるのはNG。忘れてはいけない「自分で選択した」という視点。

コーチやコンサルタントの強いセールス文を読んでいると、まるで「あなたに魔法をかけます!」といったような感覚になることがあります。(^_^;) ただ、どれほど優秀なコーチやコンサルタントをつけても、最終 …

セルフイメージを高めるために、「かも」と「もしも」の言葉を活用してみよう。

自分のことよりも、ほかの人のことを優先的に考えてしまう人はいませんか? ほかの人を幸せにするためには、まずは自分のことを満たすことが重要です。 そのためには言葉を活用してセルフイメージを高めていきまし …

あなたの可能性を広げる「かも」の法則。ポジティブに「かも」を活用していこう。

「かも」という言葉は、「自分には難しいかも」と言えば可能性をせばめる言葉になります。 一方で、「自分にもできるかも」と言えば、大きく可能性を広げてくれる言葉に変わります。   スポンサーリン …

「あー、忙しい!」を言わないための工夫。ネガティブ表現をポジティブ言葉に言い換えよう。

予定が詰まっていると、思わず「忙しい」と言ってしまいそうになります。 しかし、私は「言葉が行動に与える影響はとてつもなく大きい」ということを知ってから、「忙しい」という言葉を封印しています。 &nbs …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く!」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員(営業)

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

■2019年11月20日(水)19時30分~21時00分
【週末起業実践会さまにて】
良習慣プロフェッショナルコーチがおすすめする「複業を加速させる3つの習慣」セミナー
https://www.shumatsu.net/schedule/zemi_191120.html

■パーソナルコーチングのお申込み
http://www.ryoushuukan.com/coachng_application/

■「皇居ラン&コーチング」サービス
http://www.ryoushuukan.com/the-imperial-palace-run-and-coaching/

■メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内
http://www.ryoushuukan.com/e-mail-magazine-multiple-work/

■伊藤 良のプロフィール
http://www.ryoushuukan.com/profile/