【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づき

生きかた・働きかたの前提が変化しているなら、右肩さがりのライフプランも考えてみては?

投稿日:2016/12/30 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

今年は、私にとって自分の生きかた・働きかたを強く意識する1年になりました。

時代も変化しているし、働く前提も変わっているので、ライフプランも常に考えていかなければならいのですよね。

そのようなふり返りをおこなった年末だからか、いつもとちょっと違うテーマで考えてブログを書いてしまいました。(笑)

 

スポンサーリンク

 

私たちをとりまく働く環境の変化を実感

今年のことをふり返っていたら、取引先の大手企業が、海外の資本で買収されたことや、上場企業の取引先が事業を清算したことを、ふと思い出しました。

何年も前から言われているように、やはり雇用をとりまく環境が変化していますよね。

その真っただ中に私たちがいるのだということを肌で感じています。

「絶対につぶれない」というのは、よほどの企業でない限り幻想になってきているのだと思います。

今の就職市場で、公務員を目指している新社会人が増えていると言われていますが、公務員なら安泰かといえばそうでもないでしょう。

以前、イタリアが公務員の給料が未払いになっていたとか、公共事業の仕事の支払いが遅延しているというニュースを聞いて驚いたものです。

日本でも同じようなことが起きないとは限りません。。。

 

ライフプランのそもそもの前提が崩れていく状況

私が子どもの頃はバブルの終焉期でしたから、右肩あがりの人生プランが普通でした。

父は自営業だったので、土日も仕事をしていましたし、会社員でさえ「がんばって働けば誰でも部長で1,000万円」といったようなイメージが、テレビや雑誌でさかんに言われていたのです。

茨城県の田舎に住んでいた純朴な少年(私・笑)は、それを信じていたものです。

でも、そのイメージはもうありませんよね。

社会人として働くという概念が、変化してきているんだ、ということを実感しています。

実際、私が社会人になりたての頃は右肩あがりの給料を前提にライフプランを考えていましたし、住宅ローンや生命保険を組み立てていました。

要は、会社員として会社に依存していても、普通に幸せな家庭生活が送れたのでしょうね。

でも、社会が変わり、働きかたや生きかたが変化して、そもそもの前提が変わってきました。

そうなれば、働きかたや生きかたのロールモデルも変わります。

 

右肩さがりのライフプランを考えると見えてくるもの

収入をあげるためには自分の能力を高め、人材として市場の中での価値を高めていく時代になっているのだと思います。

たとえば、会社員として会社に価値を提供した分の給与、ひとりビジネスとしての社会に価値を提供した分の収入、そしてプロジェクトに参加して分配されるフィーなど、複数の収入ルートを確保していく工夫は必要でしょう。

すべて自分で考え、自分で実行していかないというのはたいへんですよね。

しっかり考えなければいけないし、そのアイデアを実行して行動にうつしていかなければなりません。

私は常々考えているのですが、「考える」という作業は、つらさがともなう困難な行為です。

ですから、多くのかたがやりたがらないし、無意識のうちに避けようとするものなのですよね。

「考える」場合は、散歩がてらに適当に考えごとをするのではなく、それなりの時間とそれなりの環境を用意して真剣に「考える」ことが必要です。

まあ、要するに、たいへんなのですよね。(笑)

ただ、それも反対からとらえれば、バブル期のような平均的で画一的な生き方から解放されたともいえます。

会社員でないとだめだとか、フリーターはだめだとか、そういったことではなく、もっと多様化した価値観や生きかたが容認される時代になったという面もあるからです。

会社でだまって働いてさえいれば給料は右肩あがりになる時代ではなくなったということであれば、あえて「給料は右肩さがりになっていく」という前提でライフプランを考えてみてはどうでしょうか。

その発想にたった瞬間から、収入は会社からだけ支払われるのではなく、自分であげていく必要がある、というスタンスに変わります。
(「絶対につぶれない会社」働いているかたには関係のないことかもしれませんが)

発想と視点を切り替えていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、冬休みに入る1日目・・・のはずでした。

が、、、現実は誰もいない会社に出社して仕事をしていました。(^_^;)

かなり久しぶりに休日出勤です。。。

年内は、ひとりビジネスの仕事も残っているため、まだ完全に仕事収めではありません。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-気づき

執筆者:

関連記事

ぼくが共感した「ダイエットと早起き」に共通する3つのこと

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 昨日受講した習慣化コンサルタント・古川武士さんの月例の習慣化セミナーは「ダイエット」がテーマ。 【ご参考】 …

つらくて苦しい「努力」より、未来への「工夫」を積み重ねよう。

「努力」という言葉。 つい使ってしまいますし、きらいではないのですが、あまり多用しないようにしています。 その代わりに使っているのが「工夫」という言葉です。   スポンサーリンク &nbsp …

環境激変のために重要な2つのキーワードとは?そして、予想し得ないかけ算は突然起きる

目次1 ■ふたたび小野裕史さんのトークライブより2 ■小野さんからの学び その1:巻き込む力3 ■小野さんからの学び その2:乗っかる力4 ■巻き込み+乗っかり=結果は?4.0.1 【今日の気づき】 …

師匠のタイプは自分の特性にあったタイプの師匠を選ぼう。

師匠を持つことは、より良い人生を送るうえで必須のことだと考えています。 それと同じくらい「誰を師匠にするのか」ということも大事なことです。   スポンサーリンク   目次1 早起き …

質問される立場になろう。自らを成長させるきっかけづくりにする。

早起き、習慣化、考え方など、10年前の自分と変化したことの1つに「ほかの人に質問される」ということがあります。 それは、当該分野について一定の学びと実践をおこなった成果ではないかと考えるようになりまし …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31