【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

複業(マルチキャリア・週末起業・パラレルキャリア)

複業のサービスづくりのコツ。対象設定に欠かせない視点は「ペルソナ」ではありません。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

先日、クライアントさんから「複業がうまくいく商品づくり」について質問を受けました。

そのようなものがあったら私が知りたいですが(笑)、私がマーケティングとセールスの師匠から学んだことをお伝えしました。

その内容を記事にしてみました。

 

スポンサーリンク

 

サービスがうまくいかなくなるコツとは?

冒頭のとおり、「複業のための商品をつくりたい」という悩みを聞くことがありました。

そこで逆に質問したのは、

・では、あなたは自分の知識や経験を活かして、誰を笑顔にしたいですか?

ということです。

もしくは、そのときは質問をしませんでしたが、

・では、あなたはどんな人に自分の価値を届けたいですか?

・では、あなたは自分の能力を活用して、どんな人を助けたいですか?

という感じでしょうか。

まずはそこから考えることがファーストステップ。
(セカンドステップは記事の後半に書きます)

これは、私がビジネス講座に通っていたときに、講師の方から口すっぱく言われ続けたことです。

しかし、たいていの人は、「私は、こんなサービスを届けたいんです!」からスタートしてしまう。

それが、うまくいかなくなるコツだそうです。(笑)

なぜなら、たいていの人は、「私たちのサービスには関心がない」ものだからです。

それよりも、お客様視点にたったときに「自分がそのサービスを購入したら、どれくらい良い結果が得られるのか?」ということが大事なのですね。

そこを考えるために、先述の「誰を」とか「どんな人に」が必要なのですね。

それなのに、その対象がどのような人なのかはっきりと決まっていないとしたら、お客さま目線のサービスをつくることができません。

すると、私たちがつくったサービスが、相手に届く可能性は限りなく低くなってしまうということなのです。

 

スモールビジネスに「ペルソナ」は必要か

では、誰に向けて自分のサービスを届ければいいのでしょうか?

見方を変えれば、届ける先の人こそ、自分の商品の対象になるということです。

このような対象を「ペルソナ」という言葉で表すときがあります。

私も、コーチングスクールで「ペルソナの設定が重要」と言われました。

そうして、自分のサービスを届けたい人をイメージして、

・男性か女性か?

・どんな仕事をしている人か?

・年齢は?

・住んでいる地域は?

・年収は?

などといった人物像を言語化するためのワークも行ないました。

ペルソナを設定するワーク自体は悪くなかったですし、スクールの教えも間違ってはいないと思います。

ただ、そのような属性を意識しただけでは、できあがるサービスは、対象があいまいで不明確になってしまうのですね。

ペルソナで考えるということは、架空の人物を相手にサービスを考えているということ。

たとえば、

・40代男性。上場企業の管理職で妻子持ち。都心に住んでいて住宅ローンあり、車のローンあり。

みたいなことをイメージすることはできます。

ただ、このような「かたまり」で考えた時点で、もう対象はズレてしまうんですね。

でも、人間は1人ひとり異なるわけで、まったく同じ人はいません。

人それぞれ、求めているものは違うものなのですよね。

大企業のマーケティングならペルソナを考える意味もあるのだと思いますが、複業でスモールビジネスをおこなうなら、もっと対象をしぼることが必要です。

 

サービスの対象は「解決したい事柄、そのもの」

さて、本当の意味での「対象」というのは、どこにあるのでしょうか?

ここでの対象は、実は、「人そのもの」ではなく、

・悩み

・問題

・不安

など、その人が「解決したい事柄、そのもの」だということなのです。

これがセカンドステップであり、成長欲求が高い人たちが感じている、

・もっとこうしたい!

・こんな風になりたい!

という願望そのものが、サービスの対象になるということですね。

・40代男性。上場企業の管理職で妻子持ち。都心に住んでいて住宅ローンあり、車のローンあり。

ではなく、そのかたまりからさらに先を考えて、

・管理職に出世してきて、収入も平均に比べると多い。

・人間関係もいろいろあるものの、がまんできないほどではない。

・でも、このまま会社員だけの人生を送る将来に不安を感じている。

・自分の力を試したい気持もある。

・それだけの実力も経験もあるので、「何か」をやりたい。

・しかし、その「何か」がわからない。

・「何か」を見つけるためにも、行動力をつけたり、「こと」を起こしたい。

・ただ、今のままでは現状維持になってきてしまい、それを打破していくために必要なものや人を探している。

というところまで考える必要があるということ。

このセカンドステップまで考えると、サービスの対象は「ペルソナ」ではなく、その人本人でもなく、「悩みごと」だということが理解できるようになるわけです。

こう考えると、たとえばペルソナで年齢を考えるということ自体、あまり関係なくなります。

そうなれば、サービスの対象者は広がりつつも、対象がしぼられるということになるでしょう。

ですから、商品の対象というのは、

・解決したい事柄、そのもの

ということなのですね。

ですから、

・では、あなたはどんな人に自分の価値を届けたいですか?

・では、あなたは自分の能力を活用して、どんな人を助けたいですか?

・では、あなたは自分の知識や経験を活かして、誰を笑顔にしたいですか?

という人の、

・解決したい事柄、そのもの

をイメージすることが大事なのだということです。

常に、このスタート地点を忘れないようにしたいものですね。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、娘と一緒にプールへ。

ただ一緒に遊ぶだけではなく、少し時間をもらって、
スイムトレーニングをすることができました。

夜は家族で「築地銀だこ 鉄板道場」へ。

自分たちでたこ焼きを初めてつくりました。

おもしろい体験でした。(^_^)

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-複業(マルチキャリア・週末起業・パラレルキャリア)

執筆者:

関連記事

仕事と遊びの境目をなくす。オフタイムの使いかたが人生の伸びしろを変える。

・仕事とプライベートの区別が重要 ・オンとオフのメリハリが大切 などという声をよく耳にします。 これは、本当にそうなのでしょうか?   スポンサーリンク   目次1 成果をあげてい …

会社の仕事に閉塞感を味わっている人へ。1日の充実度を高めるために複業をしてみませんか?

最近私がよく考え、コーチングのセッションテーマにもなるのが、 ・会社の仕事に閉塞感があるとき、どうすればいいのか? ということです。   スポンサーリンク   目次1 会社以外の時 …

複業をスタートしたのに成果が出ない。そのようなときはどう考えればいいのか?

複業を目指すクライアントさんから「なかなか成果が出ないとき、どのような考え方をすればいいでしょうか?」という質問がありました。 これは、私も含めて多くの複業家が通る道だと思うので、記事にしてみます。 …

自分のエネルギーは迷うと分散し、決断すると倍増する。

いま集中するべき分野があるなら、迷わず注力しましょう。 ほかのことを多少犠牲にしても、集中するタイミングがあります。   スポンサーリンク   目次1 「やるか、やらないか」でどち …

プロフィールを磨いて、会社名から名乗る自己紹介をやめよう。

サラリーマンであっても、「会社の外で何をやるのか、自分には何ができるのか」ということは常に考え続けるべきだと思っています。 貢献できるスキルや実績が現時点ではなくても、意識してつくっていくことは可能で …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930