【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣

習慣化を「遊び」ととらえてみる視点。真剣に取り組むことが自分のレベルアップやスコアアップにつながる。

投稿日:2019/03/12 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

以前と同じやり方ばかりでは通用しなくなるのは、習慣化も同じです。

そこを乗り越えるために、ゲーム感覚で習慣化に取り組む視点をおすすめしたいです。

 

スポンサーリンク

 

「習慣化」という地味で地道なプロセス

物事を習慣化をしていくこと。

そのプロセスは、はっきりいって地味です(笑)。

習慣に取りくんだからといって「3ヶ月で100万円稼げる!」みたいなことはありませんし、4時起きを習慣化したからといって人生がすぐに激変するわけでもありません。

もっと言ってしまえば、習慣化はしんどくて当然。

楽しいだけではない世界とも言えるかもしれません。

では、その習慣化に、どのようにして楽しさを見い出していけばいいのでしょうか?

もちろん、その答えは人それぞれでしょう。

自分に課したタスクをクリアすることで達成感を得る人もいれば、淡々とやるべきことをやりとげるプロセスに充実感を求める人もいます。

続けられなかった行動が、自分の工夫やアイデアによって継続できるようになることに喜びを感じる人もいるでしょう。

「すべての習慣化にあてはまる正解はこれです」というのは、実は無いのかもしれません。

 

習慣化に真剣なゲーム感覚を持ち込む

ただ、1つだけ言えることがあります。

先ほどあげた例に共通しているのは、「真剣に習慣化にトライしているからこそ、得られる楽しさ」だということです。

反対に、続けられないから「これくらいでいいか」と適当に流す。

やせなくても明日病気になるわけではないから、大盛りを食べてしまう。

早起きをしようとしていたけれど、飲みに誘われて二日酔いになるまで飲んで、さらに二度寝する。

そのようなスタンスで習慣化にトライしていると、そこに楽しさが見いだせないように思うのです。

では、なぜ真剣になれないのでしょうか?

それは、習慣化することへの取り組みが、「遊び」になっていないからではないでしょうか。

この「遊び」は、だらだらと遊ぶことではなく、ゲーム感覚で取り組むような「遊び」です。

私達が趣味をやっていて楽しいのは、真剣に「遊び」をやっているからです。

もしかすると、会社の仕事が楽しくないとしたら、それは真剣に取りくんでいないからかもしれません。

しかし、趣味は真剣に取り組むから楽しさを感じられる。

その意味では、習慣化に「真剣になれるようなゲーム感覚」を取り入れれば、楽しさが見つかるのではないかと考えているのです。

 

習慣化を「遊び」のように真剣に取り組む

習慣化をゲームととらえる。

たとえば、「続けられれば、高得点がとれるゲーム」だと考えてみるのです。

すると、「どうすれば続けられるか」という問いは、「どうすれば高得点がとれるか」という問いと同じになりますよね。

「遊び」だからといって、いい加減にやるのではなく、自分に可能な方法やアイデアで、「続けるゲーム」に参加するということです。

ゲームですから、難易度もあります。

続かなくて、思うように得点がとれないということもあるでしょう。

また、決めたルールを守ることができずに、目の前のステージをクリアできない、ということもあるかもしれません。

そのようなときは、自分のゲーム(習慣化)の進め方に問題がなかったか、チェックすることで打ち手を考えることができます。

そのようにして、スコアアップやステージクリアのために、真剣に考え、習慣化に向き合う。

こうして習慣化への取り組みに真剣さが生まれてくれば、そこに少しずつ楽しさが芽生えてくるはずです。

また、習慣化が楽しいのは、むしろ変化があることでもあります。

たとえば、今月はうまくいったパターンが、来月もうまくいくとは限りませんよね。

そこであきらめずに「経験を積んだ」ととらえて、また新しい打ち手を考えていく。

そうすることで、自分自身の経験値があがり、成長するわけです。

さらに、その習慣化が定着したその先には、「なりたい自分」に近づいている、という状態も手に入ります。

自尊心や自己肯定感も安定するでしょう。

こういった成果は「自分が得たい感情が得られる」ので、とても楽しいものなのですね。

さて、このように、自分の習慣化を「遊び」や「ゲーム」としてとらえてみる視点、取り入れてみてはいかがでしょう?

そうすれば、「遊び」と同じように習慣化にも真剣になれる人がいるのではないでしょうか。

習慣化も、「遊び」のように真剣に取り組む。

真剣に向き合えば、目の前の習慣化にも、楽しみを見出すことができるようになるはずです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりでコーチングセッション。

・・・のはずが、私の仕事のトラブルで、セッション時間を遅らせていただかなくてはなりませんでした。。。

すると、クライアントのMさんから「大変そうですから、リスケにしましょう」という神対応。

私の失態で延期になってしまったのは痛恨のミスですが、クライアントさんの優しさに救われたできごとでした。

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣

執筆者:

関連記事

「結果を出す人」は、なぜ最前列の席に座るのか?答えは「輪投げ理論」にありました!

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 今日は、 【気持が入ると自然に前のめりになる】 というテーマでお伝えいたします。   【告知:早 …

「私がマッキンゼーを辞めた理由」に学ぶ!決断力を持っている人の3つの習慣

  「東大院卒・マッキンゼー社員が芸人になった!」とは帯のキャッチコピー。 そのような決断力を持つ石井てる美さんはどのような習慣を持っているのでしょうか? 本書から学んだ3つの大切な習慣を選 …

松井秀喜さんに学ぶ!「折れない心をつくる」7つの思考習慣

あの松井秀喜さんと「7つの習慣」が結び付けられた記事がありました。 妻からのナイスプレゼントです(笑)。 松井さんから素晴らしい思考習慣を学びましょう。     目次1 私がもっと …

他の人に検索でひっかけてもらうために!自分に「タグづけ」をしよう

最近、友人コーチたちと積極的にセッショントレーニングを繰り返しています。 セッション前後によく出る話題は、ブランドというか、自分への「タグ」の話題です。 プロコーチとして、もっと「とんがる」ために、自 …

Keynoteのスライドを縦レイアウトで作成する方法。ビジョンマップをスマホの待ち受け画面にしてみよう。

昨日の記事でご紹介した「ビジョンマップ」。 夢実現や願望成就をビジュアル化。ビジョンマップをつくってみよう。 | 【良習慣の力!】ブログ MacのプレゼンテーションソフトであるKeynoteは、通常は …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031