【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

やりたいこと・天職・才能・強み

思考で考えすぎる「Yes」よりも、直感がうったえる「Yes」に耳を傾ける。

投稿日:2018/07/29 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

考えることは大変ですし、考えることなしに理想の生活にたどりつくのは難しいでしょう。

ただ、考えるだけでなく、直感も大事にしておきたいものです。

 

スポンサーリンク

 

「考える」ことはいいことか、悪いことか

「考える」こと、それ自体はいいことだと思っています。

・将来のありたい姿

・自分のビジョン

・ゴールまでのプロセスに何が必要なのか

など、考えるのは負荷がかかることですから、たいていの人が「考えるモード」になることを避けるものです。

ですから、「ひとり戦略会議」などで、考える時間を持つことをおすすめしています。

その一方で、「考えすぎる」のもまた考えものなのですね。(笑)

考えれば考えるほどうまくいく、というものではないからです。

考えてばかりだと思考優位になってしまい、行動にうつせなくなります。

行動してしまったほうが結果が早くわかるのに、いつまでも行動しないのでフィードバックがない。

結果として、正解がわからないのです。

そう、もしも正解が1つなのだとしたら、考えに考えて、というスタンスでもいいのかもしれません。

でも、世の中は正解が1つではないのですよね。

ですから、トライしたり、PDCAをまわしたり、試行錯誤していくことが大事になってくるのです。

考えすぎると、逆に答えが近づきにくくなるときは、

・直感を活用する

ことをやってみましょう。

 

思考で考えてすぎて失敗した私の選択

迷いなく、心の声が「やってみたい!」と言っていれば、それは直感的な答えです。

「やりたくないわけじゃないんだけど・・・」というのは思考で無理やり考えている状態。

心では「やりたくない」、でも「やったほうがいいかも」というのは、

・やらなかったら損するかも、、、

・やればお金になるかも、、、

・今までやってきたから、、、

みたいな感じですね。

そのようなときこそ、自分の直感を信じてみたいものだと思うのです。

私の場合も、直感の大切さを重視するようになって人生が変わってきました。

いま、会社員としてだけでなく、プロコーチやセミナーを開催しながら、趣味や家族を大事にできるライフスタイルをつくることができています。

それは、自分の直感から出た答えにしたがって行動したからこそ、生まれたものだといえます。

反対に、直感に従わずに失敗した例があります。

7年ほど前、コーチングスクールに通うかどうか、迷っていた当時の話です。

そのときに迷っていたのは、あるビジネススクールの単科講座か、コーチングスクールに通うか、という2択でした。

両方1度にできるほど資金も時間もなかったので、、、すぐには決断できませんでした。

考えた末、ビジネススクールを選びました。

「コーチング」というものがどのようなものかわからなかったからです。

ただ、直感的に「コーチングっておもしろそうだな」とは感じていました。

しかし、ビジネススクールに先に通ったほうが、コーチングにも役立つだろうと考えるなど、私なりにロジカルに判断したのです。

ところが、ビジネススクールで学んだことは、コーチングにはあまり役立ちませんでした。(^_^;)

というよりも、ビジネスやリアルの生活にもあまり活用できていない感じが。。。

これは、今から考えると、あきらかに「思考で選択した」からだと捉えています。

 

自分の直感を磨いておこう

直感でコーチングスクールに通おうと決断したあとでも、思考から、

・これで収入を得ることが可能なんだろうか、、、

・本当に大丈夫かな、、、

・これからの時代にマッチしてるのかな、、、

といった不安要素がいくつもあがってきました。

でも、私の決断は、「考えてもよくわからないけど、やってみたい!」だったのです。

直感で「やってみたい!」が出たことは、おそらく本当に自分が求めているやりたいことです。

たとえその時点で成功例がなくても、収益を得られる保証がなくても、応援してくれる人がいなくても。

あなたが本音で「やってみたい!」と思うことことならば、ハードルを乗り越えていけるはずです。

心でやってみたいことは、障害があっても、「どうすれば乗り越えられるだろう?」となるものです。

好きなことなら、「もう無理。。。あきらめよう!」とはならないからです。

それよりも問題は、「心ではやりたくない、でもやったほうがいいかも」といった、本音と分裂した考え方にとらわれている状態を続けることです。

思考で考えすぎて答えを出すと、私のビジネススクールのように、遠回りのルートが待っています。

あのとき、ビジネススクールより、心の声をきいてコーチングスクールに通っていれば・・・と今でも失敗を悔やんでいます。(^_^;)

思考に偏りすぎず、直感で答えを出すと、そのルートはシンプルかつストレート。

そのような直感を受け取るためにも、普段から自分の直感の声がきこえる状態にしておきましょう(私のおすすめは、瞑想や運動です)。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、予定していたオープンウォーターの練習会が中止になったので、自宅待機。

家族と一緒に材木座で海水浴を楽しむことも延期。

さらに隅田川花火大会も順延になったので、仮眠をとりました。

というか、仮眠レベルではないくらい長時間寝てしまいました。。。(汗)

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-やりたいこと・天職・才能・強み

執筆者:

関連記事

毎日に「気づき」はありますか?「気づき」は自分の才能や強みに関わる重要な自分欲求。

普段の生活や熱中している対象に「気づき」があるかどうか。 それによって、成長スピードが変化していくと考えています。   スポンサーリンク   目次1 「気づく」という自分欲求2 「 …

「あるがままの自分」に眠るピュアな欲求で目標達成に向かっていこう。

・素の自分 ・本当の自分 ・自然体の自分 ・あるがままの自分 ・ありのままの自分 など、いろんな言いかたがありますが、ひと言でいうと「自分の欲求に素直に従える」状態だと思います。 ただ、そのような自分 …

山手線すべての駅に降り立つ「山手線アラウンド」。平凡な日常をおもしろいプロジェクトに変える3つの視点。

家族で山手線を1周するプロジェクト「山手線アラウンド」(造語です)。 今回は7駅分のレポートです。   スポンサーリンク   目次1 山手線すべての駅を制覇する「山手線アラウンド」 …

ありのみコースでアスレチック体験。子どもだけでなく大人も汗だくになれる都内から日帰りOKの遊び場所。

今月のテーマ「家族とめちゃくちゃ楽しむ」というテーマのもと、「家族とアスレチックで汗だくになるまで遊ぶ」という「やりたいこと」のために訪れました。 場所は、千葉県の「市川自然公園」にある「ありのみコー …

先のばし撃退のために。自分から納期を宣言して行動を前進させよう。

自分が「やりたいこと」のはずなのに、なぜか先のばししてしまうこと、ありませんか? そのようなときは、自分から納期を宣言してしまいましょう。   スポンサーリンク   目次1 今年も …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031