【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

家族 良習慣

夫婦間のスケジュール調整に悩む人へ。予定を毎週報告する良習慣はいかがですか?

投稿日:2016/12/08 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「そういえば最近、妻とスケジュールのことでもめてないな・・・」と気づきました(笑)。

その理由は、毎週のまめな連絡にありました。

私は決してまめなほうではありませんので、それでも続けられるシンプルな方法をお伝えいたします。

 

スポンサーリンク

 

自分のスケジュールを妻に報告する良習慣

毎週金曜日に、私はこの先1週間の自分のスケジュールを妻にメールする習慣を持っています。

会社以外の予定である、

・週末のセミナーやコーチングのスケジュール
・早朝のコーチングセションやSkype
・平日夜の予定(コーチングセッション、セミナー開催、友人たちとの約束)

などを連絡しています。

当初は夫婦でカレンダーを共有することにトライしたのですが、妻は紙の手帳でスケジュールを管理したいということで断念。

その代わりとして、私自身からメールでの連絡をはじめました。

以前は、土曜日から翌週金曜日までの7日間、つまりちょうど1週間分を送っていました。

ただ、それだと、翌週の土曜日早朝にコーチングセッションが入っていたりすると、連絡するのが前日の金曜日になってしまって、「週末のスケジュール調整に間に合わない」ということが何度かありったのです。

そのため、今では土曜日から翌週の日曜日まで、9日間のスケジュールを連絡しています。

これだと週末の予定が1週間重複するのですが、今は息子の受験関係の用件が急に入ることもあるので、重複して報告しておくくらいがベストなのです。

 

自分だけでなく、相手も尊重するコミュニケーション

このスケジュールを報告する習慣、奥さんをお持ちのご主人におすすめです。(^_^)

事前に自分のスケジュールを連絡しておくだけで、おどろくほど妻の理解を得やすくなるからです。

以前は、「ちょっと言い出しづらいな・・・」ということで連絡を先のばしにしてしまう悪習慣があったのですが、そのような先のばしはかなり減少しました(ゼロとはいえないこの弱さ・・・汗)。

また、事前の報告で私のスケジュールでNGの部分があれば妻から指摘がありますし、1週間前なら予定の変更や調整も可能だからです。

実際、子どもたちの学校行事を失念していたことに気づくこともありました。

さらに、私自身も直近のスケジュールを把握するのに役立っているという副次的な効果もあります。

私自身、ちょっとした驚きがあったのですが、毎週のようにまめにスケジュールを報告していると、「いつもまめに連絡してくれてありがとう」と、妻に感謝されるのです。

これは想定外のメリットでした(笑)。

ただ、逆の立場から考えてみると、自分のスケジュールを報告してもらえるのは「自分をだいじにしてくれている」感じがあります。

要は、相手を尊重しているスタンスを伝えられるわけですね。

自分のことを明確に伝え、相手にしっかりと伝わる。

これが、コミュニケーションです。

 

忘れたくない行動は言語化して仕組み化しておこう

夫婦間のコミュニケーションの問題は、アラフォー世代の私の周囲ではよく聞く話です。(^_^;)

長い時間を一緒にすごしているはずなのに、お互いの気持がなんとなくちぐはぐになったり、なぜかすれ違ってしまう。

これは、私自身も日々改善しているところではありますが、いくら私が「分かり合えているはず」と思っていても、妻がどのように考えているかはわかりません。

私たちは、ついつい「夫婦」であるということが、そのまま「一緒の日常を送っている」ことと思ってしまいますが、それは大きな誤解です。

お互いが職場や家庭ですごしている時間は異なったものですし、価値観も違うものを持っているからです。

ですから、

・言わなくてもわかるだろう
・雰囲気で察して欲しいな
・前に口頭で伝えたはずなのに

といった「雰囲気、感覚、直感のコミュニケーション」は避けるべきなのです。

それでうまくいく時期もあるとは思いますが、雰囲気コミュニケーションは、中長期でみるとずれが生じてくる要因になるのです。

以前は、私もバリバリの「雰囲気、感覚、直感のコミュニケーション派」でした。(^_^;)

しかし、以前、妻から「仕事以外の予定が入ったのなら、ちゃんと伝えてくれる?私にもPTAの予定が入るときがあるから。」と言われたのです。

息子が中学3年生になり、妻はPTAの学級委員に選ばれてしまったため、夜に会合などが入るようになったためです(面倒なことに・笑)。

私も、継続クライアントさんとのコーチングセッションが入ったり、セミナーに参加することになれば、スケジュール調整が必要です。

そこで、私がスケジュールをメールしておくことを思いつき、毎週金曜日に妻にスケジュールを連絡しておく習慣が定着したのです。

もちろん、休日にお互いのスケジュールを口頭で確認するときもありますが、基本的にメールにしておくと、「言った言わない」がなくなります。

それが、トラブルを避けるために大事なことだと考えています。

では、「よし!自分もスケジュールを報告するようにしよう!」と思ったとして、どのようにして伝える習慣を定着させれば良いでしょうか?

このときに、

・しっかり伝える
・きちんと連絡する
・週末に時間ができたら確認する

といったようなあいまいな表現だと、すぐに忘れさられてしまいます。

きっちり言語化して、仕組み化しておきましょう。

私は、

・毎週金曜日に、今週末から来週末のスケジュールを妻にメールする

という形で、Googleカレンダーの予定に入れています。

こうすれば、メールを忘れることはありません。

ぜひ、お試しいくださいませ。(^_^)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、取引先のお客さまと忘年会。

このようなシーンでは私はあまり仕事の話はせず、プライベートのことをきいてしまいます。

じつは「プライベートではどのようなことをしているのか?」というポイントをきいたほうが、仕事をうまく進めるためには重要なのですよね。(^_^)

ここだけの話ですが、プライベート話での鉄板のテーマは、、、奥さまの話をきくことです(笑)。

そのかたが奥さまに対してどのように語るのかによって、けっこういろんなことがわかるんですよ。

忘年会シーズンに、ぜひお試しくださいませ。(笑)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-家族, 良習慣

執筆者:

関連記事

ゴール達成でペースダウンしてしまう人へ。常に自分をアップデートし続けるコツ。

ゴールを達成したからといって、そこで力尽きてしまってはもったいないです。 新たなゴールを設定して、常に「より好ましい自分」に変化できるように心がけています。   スポンサーリンク &nbsp …

完ぺき主義を追い払い「最善主義」の思考と行動でしなやかな微調整を繰り返せ!

  こんにちは、伊藤です。 先日、友人と話していて聞かれたことがありました。 ぼくがさまざまなことを、なんとか習慣化できるようになった今と、すべてのことに挫折していた頃(笑)では、 「もっと …

「頑張る」「努力する」という便利な言葉を手放し、定量化できる「量」で勝負しよう!

「量は質を凌駕する」とは、よく言われる名言ですよね。 ぼくも常に意識しなければならないことだと考えています。   (ここから有料メルマガのご紹介です) ——————————————————— …

no image

初めて出会い、ご縁をいただいた方に感謝を表す習慣

■何度か当ブログでも書いておりますが、現在わたしは行動習慣ナビゲーター講座を受講しております。 そこで、さまざまな方とご縁をいただくのですが、これまでの人生ではあまりなかった形でお礼をいただく出来事が …

no image

「テレビ」と「テレビを観る子供」とうまくつきあう方法とは?

本ブログにお越しくださり誠にありがとうございます! ■「テレビジョンは目のチューインガムである」 これは、フランク・ロイド・ライトという建築家の言葉だそうです。 非常に的を射ている表現ですよね。 僕も …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31