【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づきの習慣

「デザイン」という設計図の効用とは?

投稿日:

Pocket

————————————————————
当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(私の造語です 笑)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。
私が「良習慣」を獲得していくプロセスで、成功体験や目標達成に貢献できるような経験談(もしくは失敗談 汗)をシェアすることによって、読んで下さった方にわずかでも「プラスの痕跡」を残せるようなブログになることを目指しております!
「良習慣」という言葉が辞書に載る日を夢見て、小さな良い習慣を収集しております!
————————————————————
当ブログにお越しくださり誠にありがとうございます!
■先日、鮒谷周史さん3日間セミナー道場生OBの方たちが開催している定期勉強会に参加いたしました。
講師の方はグラフィックデザイナーのプロフェッショナルであるMさんでした。
Mさんのお話で興味深かったのは、
【「デザイン」とは、問題解決をするためのツールである】
という主張です。
私は、デザインという言葉からイメージするのは、恥ずかしながら「ある対象物の見栄えを良くする」くらいの感覚だったので(汗)、
新たな視点を学ぶことができて、非常に貴重な学びとなりました。
■例えば、缶ビールのパッケージを見た場合、商品名のフォントや缶の色使いなどに目がいってしまいがちですが、
・なぜ、商品をそのようなイメージにしているのか?
・デザイナーさんは、そのデザインという設計図を使ってどのような問題を解決しようとしているのか?
そのように捉え直してみて見ると、いろいろな気づきが生まれるんですよね。
今まで素通りしてきてしまったものごとの多さに冷や汗ものです(汗)。
■少し話が飛びますが、
「デザイン」が、「設計」であるとするならば、
自分の人生や、自分の1日を「デザイン」することも可能になるのでしょう。
早起きや、勉強などは、自分の人生が「全体最適」になるように、
「デザイン」して、設計して行くための手段という見方ができますね。
思わず、ミス・ユニバース・ジャパンのナショナル・ディレクターだったイネス・リグロンさんの
【一本の映画を撮るように、人生をプロデュースしなさい】
という私の好きな名言を思い出しました。
これも、人生というドラマに対して、
どのようにミッションややりたいことを設計し、つくり上げていくのか
というデザイン的なニュアンスがこめられている言葉という見方もできるのではないでしょうか?
あなたの大切な人生を素晴らしいものにするために、人生を「デザイン」してみましょう。
そして、「人生をデザインする」という視点から捉え直し、「デザインで問題を解決」して、
トータルとして幸せな人生になるように設計し直してみてはいかがでしょうか?
【今回の気づき】
・自分が好きだと感じている「デザイン」に対して、「このデザインはどのような問題解決を意図しているのか」という視点で捉え直してみる。
・ライフプランをデザインという視点で見直してみる。
————————————————————
最後までお読みくださり誠にありがとうございます!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!
いつも本当にありがとうございます!

-気づきの習慣

執筆者:

関連記事

「自分で課題を設定する力」を育てる5つの質問

成長する人は「考える時間」をとる習慣があります。 その時間で磨いているのは「自分で課題を設定する力」です。   目次1 「自分で課題を設定する力」を育てるためには?2 課題に対する改善点を発 …

「失敗するくらいギリギリのことに挑戦する」からこそ「次への成長につながる」

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 今日は、ぼくのとっておきの失敗談を記事にいたしますね。 なんと・・・(涙) 8月から調子にのって開催してい …

人生という名の道路ではブレーキはきかない。自分のアクセルで速度を調整しよう。

人生が思い通りに進まないときにも、必要以上にあせらずに、淡々とやるべきことをやれば前進することはできます。 その際のイメージは「立ち止まる」のではなく、オンとオフの速度を調整する感覚です。 &nbsp …

「シティーハンター」から学ぶ、大事な人からのパワー。あなたが続かないのは、目的が自己中心的すぎるのかも。

私たちは、自己中心的になりすぎると目的を見失って挫折することがあります。 挫折を避けて継続するために、自分以外の人のパワーをいただくことも考えてみましょう。   スポンサーリンク &nbsp …

「感情が先。理屈は後。」理論には、「人が動く」プロセスがある。

「感情が先。理屈は後。」という理論は、パワフルです。 その理論は、まさに「人が動いてしまう」プロセスだからです。   スポンサーリンク   目次1 「蒙古タンメン中本」の蒙古タンメ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。