【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

「目標を紙に書き出すと叶う」の威力を改めて実感

投稿日:2013/10/06

Pocket

■本日、家族会議を行いました。

 

わが家の家族会議とは、

家族4人で外食しながら、

・現在の活動状況

・過去の振り返り

・未来の展望と目標設定

・その他、いま自分が考えていることや聞いて欲しいこと

などなど、

かまえずに、否定せず、ざっくばらんに話し合う場です。

 

■家族会議は、

2008年12月、わたしが読んでいた書籍から着想を得て、

開催をしようと思い立ったのがはじまりです。

妻も承諾してくれて、毎月開催ということでスタートいたしました。

 

本日めでたく、家族会議も通算21回となりました。

(え!?

2008年12月に始めて、

毎月やると言っていたのに、まだ21回目!?

というのは置いといて。。。笑)

 

毎月定例化しようと思っていたのですが、

娘が産まれたり、

家族行事が立て込んだりするうちに、

無理やり開催するようになり、

本末転倒気味になっていたので、あるときから不定期開催にしたのです。

家族だけなので、定例化は簡単そうに思えたのですが、

やってみると、1人だけの習慣ではないので、なかなか難しい部分もあります。。。

 

■そんなこんなで、本日は今年に入って2回目。

なんと新年の目標をたてて以来の会議でした。(笑)

 

ただ、振り返ってみて驚いたのは、私がたてた新年の目標は2件ともすでに達成済み。

妻と息子も今年中にはある程度達成の見込みがたっていたのです。

実は、恥ずかしながら、1月に会議をして以来、目標を紙に貼り出すことを忘れていました。(汗)

 

そして本日たまたまわたしの思いつきで家族会議を開催したのですが、

ノートを開いてみて、目標達成の予感を感じたのです。

 

■「目標は紙に書くと叶う確率が高まる」

というのはよく言われる話ですが、

本日、まさにその効力を実感したのです・・・!

 

どなたの言葉か思い出せないのですが、

「目標を書いておくことは、ファミリーレストランで食べたいものをすべて頼んだことのようだ。」

というような意味の文章を読んだことがあります。

 

レストランで頼んだメニューは、いつ出てくるかは自分では選べない。

ただ、オーダーしておくと、自分がなすべきタイミングで、そのメニューが出てくる、

というメッセージでした。

 

■つまり、ここでいうレストランのメニューとは、「目標」のことで、

目標を書き出しておくことで、

叶う順番は自分で選ぶことはできない(運にも左右される)けれど、

行動の積み重ねによって順番に達成されていく、

という意味合いなのです。

 

■そんなふうに、

【目標を紙に書き出す】

威力を実感した次第です。

 

ということで、改めて、

願望や目標をガンガン紙に書き出していくことといたします!

 

【今回の良習慣】
目標を紙に書いて、毎日目のつく場所に貼る

 

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

「楽しいこと・楽しい仕事に取り組む」習慣のメリットとそれが強力だとわたしが考える理由について。

目次1 「楽しいこと・楽しい仕事に取り組む」と、どうなるのか?2 少ない労力で多大な成果を上げることができる3 高いパフォーマンスを発揮し、社会的成功や富などを引き寄せることできる4 フロー、強み、天 …

充実の週間計画を立てる方法。たし算よりもひき算のスケジューリング。

「あれもやりたいし、これもやりたい」と考えていると、決断することはできません。 選択肢がありすぎると、パフォーマンスが落ちるからです。   目次1 人間は習慣の生き物2 「まんべんなくやる= …

自分の「魔法の呪文」を持つ

■人生の手綱を自分で握っていますか?   自分の人生にコントロール感を持っている人。 言いかえれば、自分の人生を主体的に生きている人。   反対に、   外部環境に振り回 …

自己肯定感を高める方法。新しい変化を求める前にやっておいたほうがいいこと。

習慣化を研究していて思うのは、私たちは、「変わりたい」と思いながらも、本能では現状維持を好むという厄介な生き物だということです。 その安全領域を抜け出すためには、 ・自己肯定感を高めて ・少しずつ冒険 …

怒りっぽい人にお勧めしたい!「赤信号を渡らない」習慣

あなたは、赤信号を渡りますか? 私は怒らないために、赤信号を渡らないようにしています。     目次1 「怒らない」のは強み?2 赤信号を渡らない3つの理由3 マイルールを守るか守 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。