【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

人は失敗するもの、という前提で

投稿日:2013/10/11

Pocket

■何か新しいことにチャレンジしようとするとき、

恐怖、不安、心配、

といった、

できれば日常的に味わいたくないような、マイナスの感情がやってきます。

これは、人間の本能としては当然で、

リスクがある行動に関して、本能がストップをかけるからです。

このような本能がなければ、もっとスムーズに新しいことにチャレンジできるようになるのでしょうね。

ただ、残念ながら、これは人が持って生まれた条件なのです。

■では、本能とは別に、理性的に不安を解消する方法はないのでしょうか?

少し考えてみました。

わたしが学んだところによると、

人は、新しいことにチャレンジしようとするとき、

「チャレンジに成功しなければならない」

と、無意識に考えてしまうようです。

ですから、

「自分はまだ完璧にできない」

とか、

「自分はうまくやることができないのではないか」

などと考えてしまうのでしょう。

■この思考のボトルネックをはずすためにひとつ提案したいのは、

【人は、そもそも未成熟にできている。

新しいチャレンジは失敗するものだ】

と、試しに考えてみる、ということです。

うまくやろう、

綺麗にやろう、

スマートにやろう、

そんなふうに考えるから二の足を踏んでしまうのです。

新しいことにチャレンジするということは、

今まで自分がやったことがないことに立ち向かうということですから、

そもそも最初から、

うまく、綺麗に、スマートに、

なんてできることの方が少ないのではないのでしょうか?

■ピアノにチャレンジしたことがない人は、

「猫ふんじゃった」さえ弾くことはできません。

水泳にチャレンジしたことがない人は、

クロールで25m泳ぐことさえ難しいのです。

でも、基本に忠実に練習をすれば、

「猫ふんじゃった」も、

クロールで25m泳ぐことも、

比較的短期間のうちに、習得できるようになるでしょう。

■そのためには(壊滅状態にならないレベルまでガードを下げてみることを前提に)、

【失敗してもいいから、やってみる】

という第一歩が、誰しも必要なのです。

個人的な意見ですが、

「練習しなければ、上達しない。」

という考え方は、

スポーツで例えると至極当然な意見のように思えるのです。

しかし、こと、勉強や、早起きや、日記などの習慣化になると、

なぜか、最初から完璧にやってしまおうと思われる方が多いように思います。

例えば、夜型で10年過ごした人が、

「明日から365日、毎日5時に起きる!」

と決意して、本当に一年間早起きできるでしょうか?

中にはそういった方もあるかもしれませんが、

私のような凡人には、非常に難しいように思われるのです。

しかし、話を聞いてみると、新しいことを始めた方は、

非常に多くの方が、この「365日、5時起き」レベルを最初から目指してしまいます。

そして、挫折してしまうのです。。。

■もし、あなたが、

うまくやろうと考えすぎてなにも始められない、または続けられない、

という状態にあるならば、

「最初は未熟なのだから、失敗するのは当然」

という基本を、改めて思い出してから

「はじめの一歩を踏み出してみる」

というのは、いかがでしょうか?

【今回の良習慣】
失敗上等!(笑)ではじめの一歩を踏み出す!

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

「突き抜ける人の3つの条件」とは?

成長にもっとも相性がいい感情は好奇心です。 その好奇心を磨いていきながら、3つの条件を継続することで卓越に近づきます。   目次1 活躍している人たちの条件は何か?2 自分のゴールに向かう人 …

毎日をちょっとだけドラマティックに。ささやかな夢をたくさん持つことのすすめ。

小さな夢をたくさん持っておくのは、日常生活を豊かにするためのちょっとしたコツです。 ほかの人には理解されなくても、たとえ小さくても、「自分の夢が叶う」という成功体験を積み重ねましょう。   …

「習慣にすることをつい忘れてしまう」人にお伝えしたいシンプルな習慣

目次1 ■地元のマラソン大会に出場2 ■冬場のラントレーニングの習慣が一時的に途切れた理由3 ■ラントレーニングが停滞したもう一つの理由4 ■習慣化したいものはとにかく目の届く場所に置いておく ■地元 …

良習慣の定着を目指すのは大人も子どもも同じ。大人はブラッシュアップし続けられるか考えてみよう。

娘の保育園のイベントに参加しました。 イベント後に配布されたプリントに書いてあった項目に、私は目を奪われて少し笑ってしまいました。   スポンサーリンク   目次1 保育園で配られ …

なぜ、ルーティンを継続しているのに人生が大きく変わらないのか?

「習慣化をがんばっているのに人生が変わらないんですが・・・」 このような悩みをどのように考えていけばいいのか、本記事でお伝えしていきます。   目次1 ルーティンを継続するだけでは人生は変わ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。