【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コミュニケーションの習慣

雑談の達人が多用する質問。そこに隠されている3つの要素とは?

投稿日:

Pocket

雑談が上手な人と雑談が苦手な人、あなたはどちらでしょうか?

会話のタイプの違いを理解するためには、質問の種類を考えることが役立ちます。

 

スポンサーリンク


 

「質問」は大きくわけると2つに分類される

ひと言で「質問」と言いますが、質問は2つの種類に分類できます。

少し学ばれた方ならおわかりかと思いますが、「オープン・クエスチョン」と「クローズド・クエスチョン」の2種類ですね。

「クローズド・クエスチョン」は、答えの範囲があらかじめ決まっているタイプの質問です。

「Aにするのか、Bにするのか?」、「イエスか、ノーか?」などの答えです。

たとえば、「コーチングを受けたことがありますか?」という質問は、クローズド・クスチョンです。

相手がコーチングを受けたことがあるなら「はい」ということになりますし、受けたことがなければ「いいえ」になるからです。

そのような2択を提示する質問が「クローズド・クエスチョン」です。

親が子どもに確認したり、上司が部下に仕事の状況を確認するのは、「クローズド・クエスチョン」が多い傾向にあります。

「やったのか、やっていないのか?」というのは、質問した人にはわかりやすいです。

また、答える方も2択なので、瞬時に答えられます。

はっきりした答えが得られるので、質問した方にとっては、わかりやすいのですね。

 

会話の達人はオープン・クエスチョンの使い手

ただ、ローズド・クエスチョンは、答えが限定されます。

それだけに、答えから次の展開につながらないというデメリットがあるのですよね。

「はい」と「いいえ」の2択しかないので、会話や思考が広がらないのです。

雑談のテクニックを紹介する本がベストセラーになっていますが、雑談ができない人の会話を分析してみるとクローズド・クエスチョンを多用しています。

クローズド・クエスチョンを多用すると、2択どちらかの答えしかないので、せっかく質問があっても「はい・・・(沈黙)」という感じなのですね。(笑)

また、クローズド・クエスチョンを多用すると、どことなく威圧的な感じもあります。

親や上司に、「やったの?」「できたの?」と言われ続けると、「なんか、信用されたないんだな・・・」と思いませんか?

クローズド・クエスチョンには、そのような意図が(たとえ無意識的にであっても)包含されているのです。

一方のオープン・クエスチョンは、答えが限定されていません。

答えが自由なので、発想も自由なのです。

オープン・クエスチョンで基本的なのは、「あなたは、どう思う?」です。

これなら答えの幅は広いですし、回答者の意見を尊重する姿勢を感じますよね。

さらに、質問した人が考えつかないようなアイデアが出てくることもあります。

それが、オープン・クエスチョンのメリットです。

雑談がはずむ人は、オープン・クエスチョンの使いかたが上手なのです。

 

「なにを」「なぜ」「どのように」の3つの言葉を使って質問してみよう

さて、では私たちが、雑談の達人に近づくためにはどうすれば良いのでしょうか?

大きなテーマは1つあって、いわゆる「5W1H」を使って質問することです。

「5W1H」とは、耳慣れた言葉ですが、要するに、

・いつ(When)
・どこで(Where)
・だれが(Who)
・なにを(What)
・なぜ(Why)
・どのように(How)

という6つの要素ですよね。

この要素を会話に組み込んでいくのです。

また、この6つの要素は、さらに2ブロックにわけることができます。

最初の3つの、

・いつ(When)
・どこで(Where)
・だれが(Who)

は、目標や行動計画をたてるために有効な要素を持っています。

後半の3つ、

・なにを(What)
・なぜ(Why)
・どのように(How)

目的を明確にするパワーをもっています。

後半の3つのほうが、より広がりを生み出す質問といえますね。

たとえば、「なぜ」1つをとってみても興味深いです。

仕事でミスをしたときに、ある人は「なぜ、そのような失敗をしたんだ!」と原因追求と、怒られたほうは萎縮してしまいます。

しかし、前向きな目標を語ったときに、「なぜ、その目標を達成したいのですか?」という目的をつ級すると、より強固な目的を発見することができます。

同じ言葉でも、シチュエーションや使い方によって、その意味づけが変わりるのですね。

このような特徴から、オープン・クエスチョンは、会話の広がりに役立ちます。

「雑談がうまくできない」という悩みを持っている方は、ぜひ

・なにを(What)
・なぜ(Why)
・どのように(How)

という3つの要素を軸に質問をしてみましょう。

相手の話がとまらないくらい話してもらえたら、あなたは「雑談もできない人」から、「話していて楽しい人」に変わるはずです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

友人のSNSで紹介されていたタイのCMが本当にじんわりと感動するのですよね。

■「タイの感動CM~かけがえのないもの」

数ヶ月前に流行ったので、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。

私は、以前見たときよりも、数ヶ月たってから見た今のほうが感動しました。

理由は、、、なんだろう、わかりません。(笑)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

コーチングでクライアントさんの人生をより良いものにする。それがコーチ自身の世界をもより良いものにする。

こんにちは、伊藤です。 コーチングを学び、クライアントさんと日々を過ごすようになり、感じていることがあります。 それは、クライアントさんの人生をより良いものにしていることはもちろん、自分の人生もより良 …

クライアントに伝わるフィードバック。必要なものは、目に見えない。

私が、サポートとして参加している「朝型生活&高密度仕事術」のグループコンサルティング。 syukanka | グループコンサルティング(早起き) そこで、勇気を出して行動したことがあります。 &nbs …

雑談が苦手な人におすすめ。フィードバックを日常会話にも意識してみよう。

コーチングセッションのスタイルを変えるトライをし続けて1ヶ月がたちました。 これまで身につけたスタイルを変えるのは勇気が必要でしたが、だいぶ慣れてきました。 (新しい洋服が身体にフィットするような感じ …

1人3役のポジションでゴール達成を考えてみよう。「ディズニーストラテジー」のアプローチ。

何かにチャレンジする際には、 ・最悪を考えた上で、楽観的に前進する という思考で考えられると理想的だと思っています。 そのためには、3つのポジションからイメージするとわかりやすくなります。 &nbsp …

1歩目が踏み出せない原因がプロセスの不明確性なら、すごろくをつくってみては?

「目標はあるんだけど、最初の1歩が踏み出せないんですよね・・・」という状況は、たいていの人には経験があるのではないでしょうか。 そのようなときは、「すごろく」をつくってみましょう。   スポ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。