【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

夫婦関係に悩むあなたに伝えたい。イライラを感謝に変える3つの習慣。

投稿日:2019/08/30

Pocket




昨日で、結婚が19年目を迎えました。

その歴史は、常に「期待と現実のズレ」の調整のプロセスでもあったように感じています。

夫婦の関係に悩んでいる方のヒントになればうれしいです。

 

「期待と現実のズレ」が感情を乱す

結婚をすると、「夫婦」という人間関係ができます。

その人間関係を良好な状態で続けていくための重要なポイントは、

・「期待と現実のズレ」を小さくしていくこと

なのではないかと考えています。

「もっとちゃんとやってくれると思っていたのに、期待はずれだったな、、、」という「期待と現実のズレ」。

「当然家事を終わらせてくれていると思っていたのに、なんでやってくれてなかったんだろう、、、」という「期待と現実のズレ」。

「もっと家族のことを考えてくれる人だと思ったのに、そうでもなかったな、、、」という「期待と現実のズレ」。

こんな風に「期待と現実のズレ」が生じると、私たちは感情を乱されます。

もちろん、「期待と現実のズレ」は、サプライズのような喜びや思いがけない楽しみにもあります。

ただ、日常的に味わうのは、

・怒り

・悲しみ

・さみしさ

などといった、どちらかというとネガティブな感情ではないでしょうか。

私たちは、どうしてもほかの人に期待してしまう生き物です。

それは配偶者という相手だけでなく、お客さまに対しても、会社に対しても、世の中に対しても、そして、自分に対しても。

その期待に反した現実が目の前にやってくると「こんなはずじゃなかったのに・・・」という気持になるんですよね。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





期待+「当たり前」か、期待+「ありがたい」か

それなら、期待しない生き方というのはどうでしょうか。

期待しなければ、がっかりすることはありませんよね。

でも、期待をするからこそ、行動することって多いと思うのです。

「きっと楽しい時間をすごせる」と思うから、デートに行きます。

「きっとより良い人生になる」と思うから、結婚をします。

「きっともっと幸せになれる」と思うから、夫婦生活を続けるわけです。

そう、私たちにとって「期待する」というのは、とても自然なことなんですね。

やはり、期待がまったくない人生だとしたら、それはさみしすぎます。

ですから、期待していいのです。

ただし、「期待と現実のズレ」が生じたときにも落ち込みすぎなければ大丈夫なはずです。

つまり、

・少しの「期待と現実のズレ」でイライラしてしまう人になってしまうのか?

それとも、

・大きな「期待と現実のズレ」があったとしても、おだやかでいられる人になるのか?

ここに分岐点があります。

では、どうすればいいのでしょうか。

ここで、以前、池田貴将さんのセミナーで教えていただいた感情の公式をご紹介しますね。

その公式は、

期待+「当たり前」ばかり=イライラしやすい

期待+「ありがたい」が多い=おだやかでいられる

というものです。

要は、その人にとっての「当たり前」について「期待と現実のズレ」があると、イライラしやすいのです。

「当然こうなると思っていたのに」という風に。

一方で、「期待と現実のズレ」があっても、「ありがたい」と思えればおだやかでいられるわけですね。

 


■スポンサーリンク




「当たり前」を「ありがたい」に変える3つの習慣

私たちが「当たり前」と思っていることは、本当に「当たり前」なのでしょうか。

本来は「ありがたい」ものなのではないでしょうか。

風邪をひいたときに、健康のありがたみを感じるのと同じですね。

小説や映画でも、このテーマはよく扱われます。

それくらい、私たちは「ありがたい」ことを「当たり前」と感じてしまうのです。

私が見てきた方々でも、感情が不安定な人や人間関係がうまく言っていない人は「当たり前」と思っていることが多いように感じます。

私も、以前は妻に「当たり前」を押しつけていました。

・妻が食事をつくってくれるのは「当たり前」

・妻が家で子どもたちのことを見てくれているのは「当たり前」

・妻が家事をやってくれるのは「当たり前」

そんなことを無意識に思い込んでいたのですね。

ですから、10年前は夫婦での小競り合いがありました。(^_^;)

でも、それが変化したのは、

・「当たり前」が、「ありがたい」にシフトしたとき

です。

・妻が食事をつくってくれて「ありがたい」

・妻が家で子どもたちのことを見てくれて「ありがたい」

・妻が家事をやってくれて「ありがたい」

私がそう思えるようになると、妻との関係性も変化しました。

今は小競り合いはゼロではありませんが(笑)、激減しています。

では、その変化を起こすために私が取り組んできた(取り組んでいる)習慣を3つお伝えしたいと思います。

 

1:感謝日記を書く

1日の終わりに、感謝できることを3つから5つ書き出してみましょう。

どんな小さなことでもいいです。

まずは、身近な家族でやってみるのがおすすめです。

家族の良い面を見つけようと思って生活すれば、日常が変わると思います。

感謝は、最強の感情です。

 

2:相手の行動に愛情を結びつける

相手が自分のためにやってくれていることに対して、「愛情」という感情を結びつけるようにしてみましょう。

先に述べた例でいうと、

・妻が食事をつくってくれるときはいつも、妻の愛情を感じる

というように。

こうすれば、食事をつくってくれたときに毎回愛情を感じられますよね。

やってみると、1日の中で、自分のためにやってくれていることが多いことに驚くはずです。

 

3:マジックワードを口にする

マジックワードとは、そのまま「魔法の言葉」。

要は、

・それを口にすることで、相手を受けとめられるようになる言葉をつくる

ということです。

私のマジックワードは、

「そういうところも、かわいいよなぁ」

です。

このマジックワードをひとつ持っておくだけで、イライラは驚くほど減りました。

妻との関係が良くなるマジックワード「そういうところも、かわいいよなぁ」を活用しましょう。

 

まとめ

あなたが今の人生で「当たり前」としてとらえていることで、何かを見失っていることがあるかもしれません。

そう思ってしまったら、ぜひ視点を変えて「ありがたい」と反転させてみましょう。

きっと、あなたの心の余裕度が高まるはずです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、結婚記念日でした。

そのため、夕食は家族で地元のうなぎ屋でお祝いをしました。

こういう私に(笑)、18年間もつきあってくれた妻に感謝ですね。

結婚19年目もさらに楽しんでいこうと思います。(^_^)


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

保育園への送迎ができれば何でも習慣化できるはず。でも現実は・・・?

子どもの保育園の送迎を5年間毎日できるような強い人は、習慣化もかんたんにできるはずではないでしょうか?   スポンサーリンク   目次1 妻が保育園への送迎から解放された日2 「目 …

習慣化は新しい役割を自分にフィットさせること。習慣化と演技の共通性とは何か?

新しい習慣を定着させること。 それは、役者さんが、新しい役を演じていくプロセスに似ているように思うのです。   スポンサーリンク   目次1 「習慣化」と「演技」の共通性2 新しい …

もっと気軽に学びたい!そんなあなたにお勧めのオーディオ学習の習慣

日本一のマーケターと言われる神田昌典さんが20年間続けている習慣を知りました。 神田さんの習慣と聞いたら、見逃せません(笑)       目次1 神田昌典さんが20年継続 …

もしあなたがリーダーという立場なら、この「3つの能力」をトレーニングしておきましょう!

  先日、嶋津良智さんのお話を間近に聞く機会があったという記事を書きました。 ラフな集まりだったので、体系だった話というわけではなかったのですが、ぼくが嶋津さんの話の端々から 「リーダーにと …

良習慣の見つけ方とは?「今の自分に本当に必要な習慣」を見つける3つのステップ。

どれほどの「良習慣」であっても、「この習慣が、あなたにとっての良習慣だと断言できます!」ということは、一概には言えません。 自分にとって「いま本当に重要な習慣」こそ、 「良習慣」=「MOST IMPO …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。