【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

習慣化に挫折する人の共通ポイントを1つだけあげるとしたら何か?

投稿日:2016/11/21

Pocket

たくさんの習慣化にトライした経私自身の経験と、サポートしている人たちをみていて「習慣化に挫折する共通ポイント」があることがわかります。

今回は習慣化に取り組むさいに、ぜひ参考にしていただきたい点を記事にしました。

tic-tac-toe-1777815_640

 

スポンサーリンク

 

習慣化のスタートは「やりたい!」からスタートして欲しい

私の周囲には、習慣化によって自分の人生をより良く変化させていこう、という人たちがあふれています。

しかし、そのような状況にいるからこそ、ちょっとだけ疑問を感じることがあります。

それは、「やらなくてはいけないから、やっている」というパターンが多いことです。

たとえば、以前の私が、英語を3年間学習し続けたときに、まさに「やるべき」というモチベーションで取り組んでいたので苦しかった、という事例ですね。(^_^;)

あらためて言うまでもないことですが、良習慣とは「自分欲求が発動している行動を続けること」にほかなりません。

先日の記事にも記しましたが、私の習慣化の定義は、「自分欲求を満たす感情とともに、自らのありたい姿に向かって行動し続けること」です。

「あなたにとって○○とは?」を問う。重要テーマを3ステップで深化・進化させよう。 | 【良習慣の力!】ブログ

つまり、「やりたいからやる!」という感情がスタートなのです。

ビジネスでも、学校でも、

・やるべきことだから、仕方なくやる
・やりたいことだから、主体的にやる

という違いが、成果の差を生んでいるのですよね。

 

「やるべきこと」を「やりたいこと」に変える方法はあるけれど

習慣化するためのアプローチを変えれば(少し専門的にはなりますが)、「やらなくてはいけないこと」を、「やりたいこと」に変えていくことは十分可能です。

シンプルなアプローチであれば、やりたくない行動を実行した際に、自分やほかの人からプラスの評価や承認を得られる仕組みをつくっておく方法があります。

ただ、それ以前に考えて欲しいことは、あなたが取り組もうとしていることは、「本当にいまの自分がやらなければいけないことだろうか?」ということです。

さらにいうと、「その習慣があなたにとって本当に必要なものなのかどうか?」という視点が必要なのです。

あなたが本来やるべきではないことに、あなたの大切にしている時間やお金をかけて取り組む、というのはいかがなものでしょうか。

もちろん、新しい習慣化に取り組もうとするその姿勢自体は賞賛されるべきものです。

しかし、やりたくないことにばかり投資しているとするのであれば、、、率直にいって、時間とお金とエネルギーの「浪費」です。。。

どうしてもやってみたいことや「これをやってみたらどうなるかな?」という習慣であれば、期間限定などの条件をつけて少しだけ手をつけてみることです。

実行してみた結果、「この習慣はいまの自分には不要だな」と感じた場合は、無理に続ける必要はありません。

そのときは、そのタイミングではなかったのだと思って、さっさとやめてしまいましょう。(^_^)

 

いま取り組もうとしている習慣は、いまの自分にとって本当に必要なものですか?

本当はやりたくないことを習慣化することに関して、私が「もっとも避けてほしいな」と思うことがあります。

それは、やりたくないことをやり続けてしまい、自分のリソースを使った結果、その習慣化に失敗することです。

さらに、挫折したことによって「やっぱり自分はだめなんだ・・・」と思ってしまうことなのですよね。

本来はやる必要がないことだったのに、それを実行する。

当然、楽しくありません。

楽しくないから続かなくて挫折感を味わう。

・・・という図式は、本当にもったいないことだと思うのです。

まとめると、上述のように、「やりたくないことを、やりたくなるように変える」のはテクニックである程度までは可能です。

しかし、「本来やる必要のないことを、やりたくなるように変える」というのは至難の技なのです。

そこで、「いま本当に必要なのか?」ということを考えていただきたいのですね。

もし、あなたが何度やってもうまくいかない習慣があったら、ぜひ一度「いま取り組もうとしている習慣は、いまの自分にとって本当に必要なものなのかどうか?」という視点から考え直してみてはいかがでしょうか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日はビリーフのグループコンサルティングの第3回目でした。

自分が見たくなくてふたをしていた過去の感情やコンプレックス(汗)をだいぶ解放できるようになってきました。

少なくとも、習慣化専門学校の仲間には公開することができて、以前よりも自分らしくいられる感覚です。

自然体の人というのは、ずっとこういう感覚でいられる人なんでしょうね、きっと。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

ジャンクフローに負けない。年間30日分の時間をどう使うのか?

超集中している状態を「フロー」と呼びます。 フローは基本的には良い状態なのですが、対象物によっては「ジャンクフロー」という良くないフローになってしまいます。 すきま時間をジャンクフローに侵食されてはい …

自分の哲学を磨き続けるために。客観を経てから「自分自身で主観的に」決断する!

  こんにちは、伊藤です。 3エントリに渡って、ディベートの手法を使って早起きについて考えてみました。 本日はまとめです。 【ご参考エントリ】 ディベートの手法に学ぶ!「メリット成立の3つの …

180分の会議の消費時間を180分の営業の投資時間に変えて未来に期待する

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 会社の仕事で、新たな取り組みを提案しました。 会社でのぼくの仕事は法人営業です。 基本的には会社という法人 …

習慣化の「天使と悪魔」。心の天秤を悪魔に勝たせないための作戦は?

正負の比較で出てくる「天使と悪魔」。 「天使と悪魔」は、習慣化の心理バランスにも共通するものがあります。   スポンサーリンク   目次1 「心の天秤」のバランスが崩れる2 習慣化 …

習慣化のモチベーションを高めるための具体的な方法。

私たちは、成長を実感することができれば続けることができます。 その一方で「やっても意味がないかも」と思えばモチベーションが下がります。 続けるための指標として重要なのは、やはり「数値化すること」です。 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。