【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コミュニケーションの習慣

本当に相手の成長を願うなら、持つべきは本音ベースの勇気あるフィードバック。

投稿日:2017/02/21

Pocket

相手に苦言を呈することに、ためらってしまうことはありませんか?

私は、どれほどあきらかに間違っていようが難しいです。(^_^;)

それでも、意識して、できるだけ事実を伝えようとしています。

 

スポンサーリンク


 

より率直なコミュニケーションをとるために

先日、先輩コーチとのセッションの中で、今後のセッション時間の密度を高めるべくブレストしていました。

相互コーチングをはじめておよそ1年。

新たなフェーズに挑戦するべきではないか、ということです。

そこで、私から自己開示したことは、

・本当に相手の成長を願うセッションにしたいと思っている
・しかし、クライアントとして「コーチに好かれたい」という気持が捨てきれないことがある
・反対に、相手の気持に配慮しすぎて、率直なフィードバックを伝えられないこともある

ということです。

みずから自己開示するとおもしろいもので、相手も自己開示してくれるものですよね。

先輩コーチも、「じつは同じようなことを思うときがあったんですよね。」とのことでした。

お互いに家族を持ち、時間があまっているわけではありません。

ですから、せっかくコーチングセッションをするのであれば、時間を投資しただけの成果を得なければあまり意味がないわけです。

そのようにして、お互いにこれまで以上に率直なフィードバックをおこなうということでセッションをブレストを終えました。

 

本当に相手の成長に願うなら勇気を持つ

以前、読んだ本の言葉に、ものすごいインパクトを受けたことがあります。

それは、

・相手に対する優しさのつもりで、本当のことを言わない(言えない)人がいる
・でも、それは本当は相手のためを思っているのではない
・自分が傷つくことを恐れているだけだ

という内容の言葉でした。

つまり、

・相手に本当のことを言わないのは、優しさではない
・著者(自分)の立場で言えば、相手に真実を教えてもらえないことのほうが不幸だと思う

ということだったのです。

私は、相手がどれだけ間違っていることをしていたとしても、直接注意するのは苦手でした(今でも得意ではありません・・・)。

しかし、その言葉を知ってから、良いか悪いかの判断は別にして、伝えた方が良い事実があれば、その事実を相手に伝えるようにしています。

とくに、お金をいただいているコーチングのクライアントさんであれば、勇気を出して伝えるようにしているのです。

相手の成長を願う立場の人(私)なら、それが本当の優しさだと考えるようになったからです。

 

自分が聞きたくないことにこそ真実がある

私は、

・相手に本当のことを言わないのは、優しさではない

という言葉を知ってから、相手があきらかにおかしな言動や行動があれば、思い切って話すように意識していますし、行動に移したこともあります。

そのするようになると、意外なメリットがあることがわかりました。

それは、私に対して、相手から指摘を受けたときに、相手の愛情を感じることができるようになったということです。

また、そのような(どちらかといえば)ネガティブな指摘に対しても、必要以上に怒りや恐怖を感じることも減りました。

誰だって、すすんで苦言を呈することはしたくないでしょう。

それなのに、私のためを思ってあえて意見を伝えてくれるわけですから、ありがたいこととして受けとめられるのです。

相手の成長を願って率直なフィードバックをおこなえば、相手からも同じスタンスでコミュニケーションをとってもらえるはずです。

それを「聞きたくない!」と言って耳をふさぐのではなく、「なるほど、そういうように見えているんだな」と一旦は受け入れてみる。

そのようなスタンスを持てることが、自己成長には大事な姿勢なのではないでしょうか。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、「習慣化の学校」のチャレンジシート(週報)のフィードバックを返信していました。

フィードバックは、シンプルに短く、すっきりまとめたいのですが、ついつい長く書きすぎる傾向にあり、時間をかけてしまいます。。。

みなさんの1週間に適切なフィードバックになるようにコメントを考えるのは、私にとって自分欲求の発火点。

それと同時に、答えのない難しいパズルにチャレンジしているような気分にもなるんですよね。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

締め切りは敵なのか?「日づけ」という「タイムリミット」の存在が、目標達成を助ける。

「締め切り」と聞いたら、あなたはどのような印象を持つでしょうか? 実は、締め切りという存在こそ、目標達成に必要な要素なのです。   スポンサーリンク   目次1 「タイムリミット」 …

「サークル・オブ・セーフティー」をつくるために主語を「I(私は)」から「We(私たちは)」に変える

主催者として、チームメンバーとして、そしてスタッフとして、プロジェクトに関わるときに意識していることがあります。 それは「安心・安全・ポジティブ」をつくり出すための言葉づかいです。   目次 …

失敗なんてこわくない!失敗を学びに変える4つのステップ

あなたは、「すすんで失敗しよう!」と思える人ですか?     目次1 失敗を恐れない人は魅力的2 経験を整理するための4つのステップ3 まとめ 失敗を恐れない人は魅力的 「失敗なん …

「イエス・バット(yes but)話法」よりも「イエス・アンド(yes and)話法」で伝える。

商談やパートナーとの会話などで意見の違いがあったときに、あなたはどうしていますか? 相手の意見を否定せずに、スマートにこちらの意見を伝える方法を記事にしました。   目次1 「イエス・バット …

「目標」と「やりたいこと」の違い。あなたの目標は、どうなったら、それが実現したとわかりますか?

「目標」と「やりたいこと」。 似ているようで違う2つの言葉を比較しながら、目標について考える機会がありました。 あなたは目標をどのように位置づけていますか?   スポンサーリンク &nbsp …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。