【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起きの習慣

早起きできる人は「寝る時間」にこだわり、二度寝する人は「起きる時間」にこだわる

投稿日:

Pocket

早起きには魔法はありません。

シンプルな原則である「早く寝ること」をいかにして守るのかが重要なのです。




 

早起き習慣化の原則とは?

「早起きできる日もあるんですが、継続するのが難しいんですよね・・・」

私がよく聞くお悩みです。

では、早起きを習慣化するための方法をお伝えしましょう。

それは「早起きをするためには、早く寝ること」です。

・・・当たり前すぎて拍子抜けしたでしょうか。(笑)

「早く寝ることができれば苦労しないよ」と言われるかもしれませんね。

「それができないから苦労している」のだと。

私も早起き習慣化には非常に苦労したので、その気持はよくわかります。

ただ、早起きを「続けられる人」が大事にしている原則が、「早起きをするためには、早く寝ること」なのです。

では、解決策を具体的に考えていきましょう。

まずは、「理想の1日の時間割」を考えることからスタートします。

なぜなら、「早起きをしたい」ということは、「理想の1日をすごしたい」という意図があるからです。

ですから、あなたの「理想の1日」を「見える化」していくことが先決です。

休日の朝時間を充実させるための5つの方法 | 【良習慣の力!】ブログ

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





理想の時間割に重要なのは順序

理想の時間割をつくる際に重要なのは、活動をうめていく順番です。

以下の4つの順番でスケジュールをうめていきましょう。

 

1:睡眠時間

1つ目は、睡眠時間。

理想の睡眠時間を確保するのは最重要ポイントです。

6時間が理想の睡眠時間なら、スケジュールには6時間30分をとる。

入眠や起床後のまどろみの時間もブロックするのがおすすめです。

 

2:生活時間

2つ目は、食事や通勤時間など、生活に必要時間を記入します。

これらの時間も削れません。

 

3:理想のルーティン

3つ目は、自分が理想とする理想の習慣の時間です。

朝の読書時間を確保したり、夜のリラックスタイムをとったり、大事な人とすごす時間を確保しましょう。

 

4:仕事時間

4つ目に、仕事時間をうめれば「理想の1日の時間割」の完成です。

なぜ、仕事が最後なのかというと、唯一、時間を圧縮できる活動だからです。

睡眠時間やコミュニケーションの時間は削れませんが、仕事は効率化やIT化によって短縮できます。

 

理想の1日を見える化する

上記の順番でスケジュールをうめていけば、あなたの理想の1日が「見える化」されているはずです。

今は「早起きが習慣化できていない」とか、「仕事が大変で、理想の時間に退社できない」といった現状はいったん忘れる。

その上で、「現実的に考えうる最高の1日」を掲げましょう。

理想のスケジュールを書き出したら、焦点をあてるべきは「寝る時間」です。

理想の就寝時間を設定したら、寝る時間から逆算してあなたの行動を考えていきましょう。

理想の1日のつくり方。今日という1日はあなたの人生の縮図である | 【良習慣の力!】ブログ

 

■スポンサーリンク




早寝のためのセンターピンを見極める

「理想の時間」に寝るためのポイントとして代表的なのは、以下の6つの時間です。

(1)ふとんに入る時間

(2)リラックスタイムに入る時間

(3)風呂に入る時間

(4)PC、スマホ、テレビなどの電子機器をオフにする時間

(5)食事を終える時間

(6)仕事を終える時間

 

センターピン理論とは?

さて、ここでぜひ覚えていて欲しい理論があります。

それは「センターピン理論」です。

ボウリングの10本のピンをイメージしてみましょう。

先頭の真ん中に1本のピンがありますよね。

そのセンターピンのイメージです。

ボウリングでは、非力な子どもでも、センターピン1本を倒せれば、ほかのピンもばらばらと倒れてストライクになるシーンを見たことがないでしょうか。

それと同じように、早起きのために「理想の時間に寝る」というストライクをとるためのセンターピン行動を「1つにしぼる」ということです。

 

センターピンは1つにしぼる

たとえば、理想の就寝時間が23時だとします。

入眠に15分かかるとして、「22時45分にふとんに入る」をセンターピン行動に設定したとしましょう。

この場合、22時45分にふとんに入ること、それだけに集中するということです。

もちろん夕食も食べるし、お風呂にも入りますが、それらの活動まで時間を決めたり、同時に守ろうとしたりしてはいけません。

なぜなら「あれもこれも」と欲張りすぎると意識が分散してしまい、センターピンにエネルギーを注ぎにくくなるからです。

重要な1つのポイント以外は手放す勇気を持ちましょう。

 

早寝のスキルアップはベビーステップでおこなう

もしも上述した6つのポイントをすべて守って18時に仕事を終え、19時に夕食を終え、22時30分からリラックスタイムに入るといったことができれば、早起きできる可能性は高まるでしょう。

しかし、そのような機械的な行動を継続することは、現実的には難しいですよね。

たいていの人が早起きに失敗する理由は、難易度が高いことを同時にこなそうとするからです。

それよりも、効果がもっとも高い行動を1つにしぼり、それを徹底して守ることが先決。そのようにして成功率を徐々に高めていき、60%や70%といった合格点をとりましょう。

学校のテストでも、苦手科目でいきなり100点満点をとるのは相当な負荷ですよね。ですから、苦手な科目ほど基礎から学習してステップアップを目指していたはずです。

それと同じように、苦手な習慣化ほど、基礎から徐々にステップアップしていくことが王道。早起き習慣化も同じです。

「早起きをするためには、早く寝ること」という原則を守るために、センターピン行動を1つにしぼり、合格点をとることを心がけていきましょう。

理想の時間割はその先に待っています。

「失敗は成功のもと」を実現するために必要なたった1つの思考とは? | 【良習慣の力!】ブログ

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、「習慣化オンラインサロン」朝活からスタート。

朝5時30分から参加して、朝6時のファシリテーターを担当しました。

夜はコーチングセッション2件。

20時から単発のコーチングセッション。

21時から「良習慣塾」メンバーとの相互セッションでした。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-早起きの習慣

執筆者:

関連記事

モーニングメソッドの6つの習慣であなたの朝時間を改革しよう

起床後の1時間、あなたは何をしていますか? その1時間の使い方が、あなたの人生を左右すると知ったらどう思うでしょうか。 起床後の1時間を最大限に有効活用できる「モーニングメソッド」を取り入れてみましょ …

休日の朝時間を充実させるための5つの方法

休日の朝時間は、充実感を味わうためのゴールデンタイムです。 昼まで寝る習慣を手放して朝時間を充実させていけば、週末の時間が輝きます。   目次1 充実した週末の体験とは?2 「週末くらいはゆ …

朝の目覚めをすっきりさせたい!気分良く目覚めるための3つのアイデア

あなたは、朝、すっきりと目覚められていますか? 今回の記事では、「朝の目覚をすっきりさせる3つのアイデア」をご紹介いたします。 photo credit: stretch via photopin ( …

1日の自由時間を2倍にする。早起きを習慣化して朝時間をつくり出そう。

行動できなかったとき、たいていの人たちが口にするのは、「時間がなかったので・・・」です。 ただ、そのように話す人に限って、「もったいない時間の使い方をしているな・・・」と感じます。 打開策としておすす …

どうしてもすっきり目覚められない人へ。あなたはどのように「朝」を脳に伝えていますか?

私がどうしても早起きできなかった原因の1つに、「日当たりの悪い部屋で寝ていた」ということがあると思っています。 それは、人間の本来の生活リズムに反する行動になっていたということです。   ス …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。