良習慣の習慣

習慣化のポイントは結果よりも仕組み。「やり方=How」よりも「理由=Why」。

投稿日:


習慣化における基本かつ重要なことは、

・望む成果を手に入れるために仕組みに集中する

ということです。




 

私たちの現状をつくっている要因とは?

私たちの現状は何からできているのか。

それは今までの選択の結果からつくられています。

たとえば、朝アラームがなったときに

・スヌーズ機能を押して二度寝するか?

または、

・スパッと1発で起きてシャワーを浴びるのか?

というどちらの選択をしたのか。

その選択によって、

・二度寝してイマイチな1日

という結果がつくられることもあれば、

・早起きして気分良く過ごせる1日

という結果がつくられることもあるのです。

今のあなたがどのような感情ですごしているのか。

それは、過去の選択がつくっていると言えるのです。

ですから、もしもあなたが「現状を変えたい」と思うことがあるなら、まず取り組むことは「選択の質」を変えることです。

選択の質は学びや気づきによって変わります。

行動して、ふり返る。

失敗してしまうかもしれません。

でも、その経験によって学びや気づきを得る。

そうすることで「次はこうしてみよう」という風に選択の質が変われば、現状が変わるのです。

ですから、

・うまくいかない人は、選択の質がゴールに対して適切じゃない

ということとなり、

・活躍する人は、ゴールに対する選択の質が高い

ということになるのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





外側ではなく内側を見る

たいていの人は、その人が成し遂げた成果を見て評価をします。

ビジネスの売上。

その人の収入。

引き締まった体型。

それらは数字になっていたり、目に見えているので分かりやすいですよね。

しかし、その成果に追いつこうとしても、なかなか追いつけません。

外側を見るだけでは限界があるのです。

では、どこを見ればいいのか。

私たちは、活躍する人が成果を得るまでに、どのようなプロセスを経てきたのかを見るようにしていきましょう。

つまり、活躍している人は、何をしてきたから今の成果を出してるのか。

外側ではなく内側を見ていくのです。

この2つの違いは何か?

習慣です。

うまくいかない人と活躍する人の違いの本質は「どのような習慣を持っているか?」なのです。

もちろん、ゴールは大切です。

なぜなら、ゴールがなければそもそも「どのような習慣を身につければいいのか?」がわかりません。

ただ、習慣という仕組みがなければ、ゴールは実現できません。

仮に、理想の引しまった体型になったとして、仕組みが正しくなければ健康を害したり、リバウンドしてしまうのです。

無理やり達成したとしても、習慣づくりがうまくいってなければ安定が手に入らないのです。

ですから、活躍している人が取り組んでいる習慣に目を向ける必要があるのですね。

 

■スポンサーリンク




「結果」や「やり方=How」よりも「仕組み」と「理由=Why」

以前、興味深い話を聞いたことがあります。

それはジム通いの継続についての話でした。

その方は、10年以上もジムに通っているということでした。

その話をすると、たいていの人のリアクションと質問はこうです。

「すごいですね!どうすればそんなに継続できるんですか?」

このように「やり方」を尋ねてこられるということでした。

しかし、活躍している人は違います。

「すごいですね。どんなルーティンを持っているから、ジム通いを続けられるのですか?」という風に聞いてくるのだそうです。

要は、

・ジム通いを続けたという「結果」

にフォーカスするのではなく、

・どんな「仕組み」を持っているからジム通いが続くのか

という風にジムに行くまでのプロセスを聞かれた、ということだったのですね。

これ、とても興味深いと思いませんか?

私は、この話を聞いたとき大げさじゃなくしびれました。

うまくいかない人と活躍する人の思考の差を感じたからです。

つまり、活躍している人は

・ジム通いが続く「やり方=How」

ではなく、

・ジム通いが続く「理由=Why」

に注目しているわけです。

活躍する人は、プロセスに着目するクセがついてるのですね。

ですから、私たちも現状をより良くしていこうと思ったら、意識したいのは「成果を上げている人がどんな習慣を持っているのか?」を分析することです。

成果ではなく仕組みを分析することが大事なのです。

たとえば、あなたの師匠やロールモデル。

その人たちはどんな習慣を持っているのでしょうか。

その人が持っている習慣を明らかにしていきましょう。

そして、そこに近づくためにまず15分、同じ習慣を実行してみることがスタートしていくことをおすすめします。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、夜にセミナー受講。

その後、「習慣化オンラインサロン」絆チームのタスク実行デー。

さらにラン&コーチングセッションを実行しました。

これも運動する「仕組み」です。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

なぜ、強い決意をしたのに習慣が変わらないのか?

「習慣を変える!」と何度も決意しても、挫折することがあります。 その理由の1つは、 ・価値観の優先順位が変わっていなから です。   価値観の優先順位が変わらないと行動が変わらない 「良習慣 …

あなたは目標設定にルールを持っていますか?「SMARTルール」で目標をつくる方法。

あなたは目標設定をおこなうときに、どのようなルールで設定しているでしょうか? もし、「目標設定にルールなんてつくってないよ!」という方があれば、ぜひ「SMARTルール」を適用していただくことをおすすめ …

積極的に孤独になる「アクティブひとり時間」を習慣にしよう

あなたは、自分から積極的にひとりの時間を取りにいっているでしょうか。 もしかしたら、いろいろとやっているのになぜか満たされない気持ちがある方は、「アクティブひとり時間」が不足しているのかもしれません。 …

no image

「粋でカッコいい魅力的な大人」になるために必要なこと

———————————————————— 当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(私の造語です 笑)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 私が「良習慣」を獲得してい …

コンフォートゾーンを抜け出す思考のトレーニング。「自分の意図をともなった小さな決断」をくり返す。

日々の迷いを打ち消していくためには、決断力を高めていくトレーニングが必要でしょう。 その決断力は、「自分の意図をともなった小さな決断」をくり返すことで磨かれと考えています。   なじみのある …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。