【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣 運動の習慣

「2分間ルール」と「5つの段階」で習慣が確実に続くようになる方法

投稿日:2021/10/06

Pocket

どれほど予定が詰まっている人でも、1日に2分間をとれないということはないはずです。

その2分間で、あなたの習慣を継続していく「2分間ルール」方法をご紹介いたします。




 

「行動力がない」という言葉のトラップ

「行動力がなくて困っています、、、」

そのようなご相談をいただくことが多いです。

ただ、本質的には「行動力がない」という人はいません。

どれほど「行動力がない」といっている人でも、朝起きることはできますし、ご飯を食べるし、仕事もするからです。

「行動力がない」という表現が、あいまいすぎるのですね。

このように「行動力がない」というとき、たいていの場合は原因が2つあります。

1つは、

「何をやるのかがあいまいである」

ということ。

もう1つは、

「行動のサイズが大きすぎる」

ということ。

この2つのどちらかなのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





習慣を「5つの段階」にわける

たとえば「毎日、運動を1時間する」という目標を設定しているとしましょう。

多くの場合、「1時間運動すると決めたのに、できない」ということで、「だから自分は行動力がないのだ」という風に考えてしまっているのです。

もちろん、1日1時間運動すると決めて、そのまま問題もなくきっちり1時間を確保できれば理想的。

何も問題はないでしょう。

しかし、それで習慣化できるなら誰も苦労はしません。

実際は、仕事が押し寄せてくる人たちにとっては、運動のために毎日1時間をきっちり取るのは簡単ではないのです。

 

「5つの段階」にわける

では、どうすればいいのでしょうか。

ポイントは、

「時間のサイズを区切っておくこと」

です。

目安は、

「5つの段階」

に分けることがおすすめです。

本「ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣」では、5つの段階に細くすることを提唱されています。

実際、私もこのワークに取り組んでみました。

結果、とても有効だったのでおすすめです。

分類は、次の5つの段階です。

第1段階:とてもやさしい

第2段階:やさしい

第3段階:中くらい

第4段階:難しい

第5段階:とても難しい

です。

 

「2分間ルール」を設定する

たとえば「運動を習慣化したい」というときは、次のようにサイズを小さくしていきます。

第1段階:とてもやさしい・・・トレーニングウエアに着替える(2分間)

第2段階:やさしい・・・外に出て散歩してみる(5分間)

第3段階:中くらい・・・車でジムに行き、運動して帰る(10分間)

第4段階:難しい・・・少なくとも週に1回、運動する(15分間)

第5段階:とても難しい・・・週3回運動する(45分間)

本「ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣」で強調されているのは、

「習慣の入り口」

のこと。

どのような習慣も、最初の入り口があります。

その入り口を「2分間ルール」と読んでいます。

ですから、「とてもやさしい」の第1段階は2分以内で終わる行動にすることが重要です。

どれほど小さな行動でもいいのです。

始めてから終わりまでが「2分以内」で終わるように設定しましょう。

 

2つの課題がクリアできる

運動でいえば、第1段階の行動として

・トレーニングウエアに着替える

・ランニングシューズを履く

・部屋を歩きまわる

というレベルまで小さくすることです。

こうしてサイズを小さくすれば、行動は自然と明確になるのです。

このように考えることで、

・「何をやるのかがあいまいである」

・「行動のサイズが大きすぎる」

という2つの課題がクリアできますよね。

行動サイズを細くするという発想。

おわかりいただけたでしょうか。

 

■スポンサーリンク




「2分間ルール」の行動からスタートしてみる

今回の

・5つの段階に分ける

・スタートを小さな行動にする(2分間)

という手法は、このブログでもよく紹介している

・5つの段階に分ける=チャンクダウン

・スタートを小さな行動にする(2分間)=ベビーステップ

というアプローチに言い換えられます。

 

チャンクダウン

「チャンクダウン」とはかたまりを小さくするという意味ですね。

たとえば、氷山のままでは太刀打ちできませんが、かき氷にすれば食べることができます。

琵琶湖を沸騰させるのは難しいですが、お風呂を沸かすことはできますよね。

それと一緒です。

 

ベビーステップ

「ベビーステップ」は赤ちゃんのような小さな1歩ということです。

おすすめは「KISSの原則」。

ここでいう「KISS」は「Keep it simple stupidly.」の略。

「ばかばかしいほど簡単にする」ということですね。

続く人のルールは「KISSの原則」。ばかばかしいくらいシンプルにしよう | 【良習慣の力!】ブログ

ものごとは複雑にしたら続きません。

本「小さな習慣」では、ベビーステップを「腕立てふせ1回」から取り組むことをすすめています。

 

0と1の大きな差

腕立て伏せ1回。

何も変わらないと思いますよね。(笑)

でも、違うのです。

ゼロなのか。

その1回があるのか。

大きな違いなのです。

なぜなら、1回でもやれば脳が「この人は腕立てふせをやる人だ」と認識するから。

でもゼロなら「この人は腕立てふせをしない人だ」と認識します。

そうなると、腕立てふせが日常に入ってくることがとても難しくなるわけです。

ですから、

・まずは腕立てふせ1回

・2分間できること

といった行動からスタートしてみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時から「習慣化オンラインサロン」の朝活からスタート・・・と思ったらFacebookのアクセス障害でしたね。(^_^;)

朝のペースが乱れたものの、気を取り直してブログを更新。

夜は「習慣化オンラインサロン」の勉強会。

その後「良習慣塾」向けのセミナー準備をしていました。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-良習慣の習慣, 運動の習慣

執筆者:

関連記事

自分の殻を破るコツ。はじめてのこと、新しいこと、未体験のことを楽しむスタンスを持とう。

成長しようとすれば誰にでもあるのが「はじめてのこと」です。 考えうるリスクを計算できるのであれば、積極的にはじめてのことを追求していきたいと思っています。   スポンサーリンク   …

習慣化は1週間に4日以上できればいい。「3.5日リズム」で「過半数の法則」をクリアしていこう

習慣は必ずしも「毎日」にしばられなくて大丈夫です。 最初の基準は1週間のうち4日以上をクリアすることを目指しましょう。   目次1 3日坊主をクリアするための「3.5日リズム」2 「3.5日 …

コーチングセッションがクライアントさんに機能したかどうかを計測する指標って何でしょうか?

  こんにちは、伊藤です。 コーチングというサービスを通して何を提供したいのか? 改めて考えてみました。     目次1 コーチが確実にたずねる質問とは?2 答えはクライ …

1日を最高の状態でスタートするための3つの習慣

新しい朝のルーティンを試して1ヶ月がたちました。 結論から言うと、超おすすめです。   目次1 朝のウォーキング習慣2 朝運動する3つのメリット3 朝の必勝ルーティンをつくる 朝のウォーキン …

「カフェで学習しようと思ったのにスマホでゲームをやってしまう問題」を防ぐための2つの対策。

集中しようと思ってカフェに行ったのに、スマホをいじって時間を無駄にしてしまったこと、ありませんか? その対策を考えてみました。   スポンサーリンク   目次1 タリーズで参考書を …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。