【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起きの習慣

小さな子どもの寝かしつけがあると早起きができない?クライアントさんが考えたアイデアと工夫。

投稿日:2016/02/20

Pocket

早起き習慣化のご支援をさせていだだいているクライアントさんの成功例がありました。

思考、行動ともに、良習慣なので、記事として共有いたします。
(※掲載には、クライアントさんの許可を得ています。)

baby-1151351_640

 

スポンサーリンク

 

子どもの寝かしつけに苦労して、センターピン行動が守れない

現在、早起き習慣化をご支援しているクライアントさん。

2歳のお子さんがいて、奥さまと共働きという状況です。

日本を代表する大企業で会社員として働きながら大学院にも通っています。

このような状況で、さらに、自分のビジネスの可能性など、やりたいことに時間を投資したいという向上心のかたまり。

そのために、早起きを習慣化して、朝時間を自己投資にあてたい。

そのような経緯で、私のサービスに申し込んでくださいました。

反発期こそ順調でしたが、不安定期に入って起きる時間のハードルを上げると、なかなか思い通りにいかないフェーズに入ってきました。

仕事を順調に終えても、お子さんの寝かしつけに時間がかかるのです。

そのため、センターピン行動である「22時30分に入浴する」を守ることが難しくなってしまうという状況でした。

ただ、子どもがいつ寝るかは、クライアントさんにはコントロールできません。

普通だと、ここで挫折したり、あきらめてしまう人もあるかもしれません。

 

環境はコントロールできないけれど、自分の働きかけはコントロールできる

しかし、ここでクライアントさんが気づいたのは、「自分がコントロールできない部分に不満を言っても仕方がない」ということ。

それならば、「自分がコントロールできる部分に集中しよう!」ということでした。

言葉にするとシンプルなのですが、素晴らしい気づきです。

私がアドバイスするのではなく、クライアントさんご自身が気づいたのです。

さっそく、クライアントさんは、奥さまにお子さんを寝かしつける時間を早められないか相談してみました。

奥さまも、クライアントさんの提案に賛成。

そうして翌日、クライアントさんが会社から帰宅すると、奥さまは1時間早くお子さんを寝かしつけることに成功していたそうです。

そうして、「22時30分に入浴する」というセンターピン行動を守れました。

「子どもの寝かしつけする時間」というルーティンを変えることにより、クライアントさんは早寝を実現したのです。

すると、月曜日の朝から、平日はずっと5時半起きを達成。

その勢いで、週末には4時台の起床もありました。

素晴らしい成果ですよね。

家族全員で早寝ができるようになり、今は、奥さまもお子さんも、十分な睡眠をとれるようになったということ。

クライアントさんご自身は早起きをして、朝時間を自己投資の時間にあてています。

「三方よし」ではありませんが、「3人がWin-Win」になったのです。

 

できない状況を嘆くだけでは状況は変わらない。工夫して変化を起こしていく

「赤ちゃんがいるから早起きできない。」

「子どもがいつ寝るかわからないから早起きは難しい。」

それらは事実です。

私も経験しました。

特に、子どもが小さいうちは、睡眠時間を確保することだって難しい状況ですから、早起きなんて言っている場合ではないです。

でも、、、そこであきらめたら終り。

言い訳のあとに待っているのは、自分が後悔する未来だけです。

しかし、そのような状況の中でも、自分ができることは必ず残っているはず。

もし、「工夫する余地なんてまったくない」という方は、工夫する角度を変えてみたり、もしかすると考えが足りないのかもしれません。

なぜなら、あなたと同じような状況でも、工夫して早起きしている人はいるからです。

そのようにして早起きしている人たちも、超人ではありません。

ただ、ご自身の人生に主体的に向かっているから、当事者としての改善アイデアが出てきた。

そして、それを素直に、シンプルに実行した。

ただ、それだけなのです。

私たちも、環境に不満を言いながら、できない部分に焦点をあてるのではなく、自分が工夫したり、少しでもコントロールできる部分がないか探してみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

今日は、早朝から新たに関わらせていただく方とのオリエンテーション。

興味深いサクセスストーリーを伺いました。

その後、午前中は、習慣化コンサルティングさんの「早起き&高密度化仕事術グループコンサルティング」に参加。

お昼をはさんで午後は「天職を見つけるためのグループコンサルティング」。

グループコンサルティング終了後に散髪。

夜は家族と映画鑑賞。

コンテンツ盛りだくさん(笑)の休日でした。(^_^)

【お知らせ】
2016年3月9日(水)【第18回】朝2時間の自由時間を生み出す!早起き習慣化セミナー

【第18回】朝2時間の自由時間を生み出す! 早起き習慣化セミナー 2016年3月9日 – こくちーずプロ(告知’sプロ)

【モニター募集中!】
皇居ラン&コーチング!

「皇居ラン&コーチング」サービス | 【良習慣の力!】ブログ

【募集中!】「100人コーチング」のお申し込みはこちらから!

【無料】100人コーチングのご案内 | 【良習慣の力!】ブログ

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-早起きの習慣

執筆者:

関連記事

早起きが習慣化できる人、いつまでも早起きが習慣化できない人。その違いはどこにあるのか?

・早起きが習慣化できる人 ・なかなか早起きが習慣化できない人 その違いがどこにあるのかを考え続けています。 そこで、1つの仮説が出てきましたので、記事にしてみました。   スポンサーリンク …

早起きすればお金が貯まる。早起きする理由をお金から考えてみる

早起き習慣化が難しいのは「直接的なメリットが見えづらいから」という理由があります。 そこで、直接的に「早起きすればお金が貯まる」という風に考えてみるのもおすすめです。   目次1 「たてまえ …

早起きを続けるためにがんじがらめのルールをやめる。早起きというデザインに「余白」をつくるべき理由。

早起き習慣化のために、「早起き」という設計図に重要なことがあります。 それは、早起き習慣化というデザインに「余白」をつくる、ということです。   スポンサーリンク   目次1 起き …

キング牧師の名言にインスパイア。「早起き習慣化」の階段をのぼるために、すごろくをつくる。

アメリカの牧師、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの名言に、 “最初の一歩を踏み出しなさい。 階段全体を見る必要はない。 ただ、最初の一段を登りなさい。” という言葉があります。 早起き習慣化も、 …

早起きするのは幸せになるため。抽象的な欲求からも早起きの目的を考える。

早起きする理由は人それぞれです。 一方で、理由を深掘りしていくと、たいていの人は「早起きした結果、幸せになりたいから」という同じ欲求にたどり着くのではないか、とも考えています。   スポンサ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。