【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起きの習慣 行動の習慣

習慣化チェックリストを自分でつくってみよう

投稿日:2021/10/12

Pocket

効率化に欠かせないチェックリスト。

私たちが習慣化する際につくってみるのはおすすめです。




 

早起きのチェックリストにとり組む

先日、「早起き完全マスタープログラム」の第4期がスタートいたしました。

今期は5名の参加。

あらためて精鋭達が集まっています。

私も楽しみな3ヶ月のスタートです。

前期(第3期)は 参加者の方たちがそれぞれの4時台の早起きを身につけました。

今回もどのくらいまで皆さんの早起きのレベルが上がるか。

さて、「早起き完全マスタープログラム」ではスタート時に必ず取り組んでいただくワークがあります。

それが、

・早起き習慣化チェックリスト

です。

早起き習慣化に必要な行動を、チェックリスト化したものです。

私が自作しました。

プログラム参加当時の自分は、どれくらい早起きに必要な行動がとれているか。

最初にチェックしていただきます。

また、3ヶ月の最後に、同じチェックリストに再トライしていただくのですね。

こうすることで、3ヶ月の成長を実感していただけるのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





早起き習慣化のチェックリストをつくる

習慣化にはチェックリストがとても有効です。

「早起き完全マスタープログラム」のチェックリストは次のようなものです。

 

・起きる時間を決めている

・起きたら「すぐ」やることが決まっている

・朝のルーティン(習慣の順番)が決まっている

・1日のプランニングの時間をとっている

・朝の楽しみを決めている

 

・退社時間(=仕事を終える時間)を決めている

・眠気が襲ってきたときの対処法を3つ以上持っている

・例外ルールを3日以上続けない対策を決めている

・急に飲み会に誘われたときに断わるフレーズを持っている

・早寝するためのセンターピン行動を決めている

 

・パソコンやスマホをオフにする時間を決めている

・ふとんに入る時間を決めている(一定じゃなくてもOK)

・明日の洋服を決めてからねている

・朝食を決めてから寝ている

・リラックスタイムにおこなうことを決めている

 

準備

・「なぜ早起きしたいのか?」という理由を「超ひと言」で言える

・あなたなりの「早起きの定義」が決まっている

・理想の1日(平日)のスケジュールを書いている

・理想の1日(休日)のスケジュールを書いている

・イレギュラーの1日のスケジュールを書いている

・睡眠時間を削らないスケジュールを想定している

・理想の1週間を描いている

・1週間のふり返りをしている

・早起きできなかったときのリカバリースケジュールを書いている

・早起きを支える言葉を持っている(名言など)

 

作成のポイント

まず時間帯を分けましょう。

すると自然と時間帯ごとに取り組むアクションが分かります。

時間帯に分けることによりメリットがあります。

それは行動を小さくするしかなくなるということです。

私たちはつい行動をあいまいかつ大きいサイズにしてしまいがち。

しかし、時間帯に区切ることにより、行動のサイズを小さく具体的にできるわけです。

次に、準備しておくリストも欠かせません。

私達はいきなり行動に移してしまいがちです。

しかし、たいていの場合、急に行動すると準備不足であることが多いもの。

ですから、準備の段階で何をするか。

それもリストにしておきたいものです。

そして最後に、習慣化を支える言葉(名言など)を持つこともおすすめしています。

私自身、言葉によって習慣が続けられたことが何度もあったからです。

 

■スポンサーリンク




自作の習慣化のチェックリストをつくってみよう

習慣化にチェックリストない要項はこれです。

チェックリストをつくろうとすると、明確かつ具体的に言語化するしかありません。

どんな習慣も行動の集積です。

ですから、その習慣を構成する行動たちを自分の言葉で言語化してみること。

それが、その習慣の構成を理解するためにとても重要なのです。

ですから、あなたが習慣化に取り組む際にも、あなた自身でその習慣における行動のチェックリストをつくってみましょう。

イメージは、新入のアルバイトさんに向けて、あなたがスタッフマニュアルをつくってあげるようなイメージです。

新人スタッフさんが、そのマニュアル通りに行動すれば、最低限の結果が出せるようになるわけです。

そのような感覚で、あなたが取りくむ習慣について、セルフチェックリストをつくってみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、夜に「良習慣塾」メンバーとのコーチングセッション2件。

新しい領域に挑んでいく人の姿って、やはりいいですね。

「良習慣塾」というコミュニティーに触れることができる私自身が、幸せです。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-早起きの習慣, 行動の習慣

執筆者:

関連記事

モーニングメソッドの6つの習慣であなたの朝時間を改革しよう

起床後の1時間、あなたは何をしていますか? その1時間の使い方が、あなたの人生を左右すると知ったらどう思うでしょうか。 起床後の1時間を最大限に有効活用できる「モーニングメソッド」を取り入れてみましょ …

なぜ「寝る前に1時間勉強する!」という習慣は続かないのか?緊張と弛緩の間に「中間」をつくる。

「夜、寝る前に学習する習慣を身につけたいのですが、なかなか定着できません。」 そのような悩みを聞いた経験がありますし、私自身も悩みました。 今は「緊張モードと弛緩モードの間に中間モードを設定する」こと …

専門家の意見も大事だけれど、自分の直感と感情も大事にしてみては?

新しい行動を習慣化しようとする前に、いろいろな情報を収集することはある程度までは必要です。 しかし、大量の情報を仕入れすぎてスタートできなくなることがありませんか? リスクが大きくないことであれば、と …

寒い冬に早起きするための8つの方法

  ■寒い季節到来です・・・!   いよいよ早起きニストにとって手ごわい季節到来ですねー(笑)。 春から秋にかけて、ようやく身につけた「早起き」という念願の良習慣。   …

「続く人」と「続かない人」が見ている時間軸の違いとは?

短期的に見れば「できていない」と思うことでも、長期的に見るとできているということがあります。 早起き習慣化も同じです。   目次1 習慣化では記憶より記録が重要2 人生はクローズアップで見れ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。