【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

質問の習慣

目の前のハードルを越えるために。自分に「どうしたら」と投げかけてみよう。

投稿日:2016/09/01

Pocket

言葉ひとつの使い方によって、ものごとの見え方が変わります。

どうせなら、前進するための言葉だけを使うようにしたいものですよね。

そのために、私が愛用しているのは「どうしたら」という問いかけです。

ecc828806b46e5b106f176a086706669_s

 

スポンサーリンク

 

負の言葉のラベルはかんたんに貼ってはいけない

先日、友人が「なかなか難しいですよね〜」と言ったとき、「あっ」という顔をしました。

ちょっとしたミスをしてしまったような、そんな感じです。

「何かまずいことでもあったんですか?」と、私がたずねると、友人は「難しいという言葉を使わないようにしているんですが、思わず使ってしまいました(笑)」と答えました。

私は、納得しました。

どれほど簡単な物事であっても、自分で「これは難しい。」と言った瞬間に、それは難しいものに変わってしまいます。

ノーブランドの商品にラベルやブランドをつけるようなイメージですね。

その言葉をラベリングして意味づけした瞬間に、別物に変化してしてしまうのです。

友人は、それを理解しているので「不用意に難しいと言わない」というマイルールをつくっていたのです。

私も、友人の考えに共感しています。

 

難しいチャレンジには「どうすれば」と問う

ただ、どのように考えようとも、目の前に大きな壁がたちはだかってくることがあります。

今までの自分にはかんたんには超えられないようなハードルです。

思わず、

「どうしよう。。。」
「私には無理だ。」
「自分には到底できないだろう・・・」

と思ってしまうようなときです。

そのような場合に私が実践しているのは、自分が立っている前提を変えることです。

具体的には、自分に問いかけをするようにしています。

その問いかけのはじまりは、

「どうすれば」

です。

「どうすればできるだろうか?」
「どうすれば一歩でも前進できるだろうか?」
「どうすれば自分が嬉しいだろうか?」

といったように、「どうすれば」という言葉から課題にあたるのです。

この質問を投げかけることによって、「自分のリソースをどのように使っていこうか?」という方向に意識が向きます。

これは、「できる」「できない」の前に、「すでにリソースは持っている」状態から考えています。

人間の脳は、「できない」と思っていることには本当に臆病ですが、「できる」と思っていることには行動しようとするのです。

そのためにも、「どうすれば」という言葉がけからはじめたいのです。

 

セミナー100回の夢も「どうすれば」からはじまった

「どうすれば」という問いを自分に投げることから出てくる答えは、行動です。

「できる」「できない」を乗り越えているので、「どうすればできるか?」というフェーズは具体的な行動になるのです。

どれほど大きな夢であっても、行動すれば成功か成長しかありません。

ですから、前進すれば小さな1歩です。

あまりに大きな夢を掲げている場合、もしかしたら周囲のことが気になる人もいるかもしれませんが、スルーしておきましょう(笑)。

私自身、早起きセミナーを100回やると言っていたときは、最初は誰も信じていませんでした。

正直、私自身も信じられていなかったかもしれません(笑)。

でも、おかげさまで、なんだかんだと4分の1までは到達したのです。

何回かセミナーを実施したとき、自分に投げかけた言葉は、「どうすれば早起きの専門家として認知されるようになるだろうか?」という問いでした。

そのときに私が出した答えが、「早起きセミナーを100回開催する」という答えでした。

今も、その目標に向かって歩いているプロセスの中にいます。

これは、「どうすれば」という問いかけから生まれた行動なのです。

あなたも、目の前に超えられないようなハードルが出てきたときには、「どうすれば」という枕詞からスタートしてみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

もちろん、「どうすれば」と質問しても、1回では答えが出ないことも多いですよね。

「本当はどうしたい?」など、大切で重要な答えほど、かんたんには出てこないのですよね、これが。(^_^;)

だからこそ、何度も何度も自分に問いかけなくてはならないのでしょう。

私は、「問い続けることをやめない」というのは、良習慣だと考えています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-質問の習慣

執筆者:

関連記事

15分で「ひとり戦略会議」を実施する方法。音声を活用したセルフワークショップを開催する習慣

「ひとり戦略会議」を15分で実行するためのいいアイデアがあります。 その方法を記事にしました。   目次1 毎週「ひとり戦略会議」の習慣2 音声ガイドを使ってセルフワークショップをおこなう方 …

理想の状態にいる今のあなたから、3年前の自分に伝えたいメッセージは何ですか?

3年前の自分にはできなかったことが、今はできるようになっていること、ありますよね。 もしあるとしたら、今の立場から、過去の自分にどんなアドバイスをしますか?   スポンサーリンク &nbsp …

「徹底して集中する」ことの大切さを学ぶ

目次1 第5ステージ到達2 集中するための質問は?3 集中する環境をととのえる4 あなたのタイプを知ろう 第5ステージ到達 古川武士さんの「減らす習慣」セミナーの学びもついに後半戦。 本日は第5ステー …

世界一の情熱発見ツール「パッションテスト」であなたの情熱を発見する方法

「世界一の情熱発見ツール」と言われる「パッションテスト」という診断ツールがあります。 本記事で「パッションテスト」のやり方をご紹介いたします。   目次1 幸せな成功者の共痛点とは?2 「パ …

遮断厳禁。あなたは相手の会話をインターセプトしていませんか?

まっすぐに歩いているときに、横道から急に人が出てきたりして進行をさまたげられるのは嫌ですよね。 しかし、このようなさまたげを、会話の中でおこなっている人は意外に多いものです。   スポンサー …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。