【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考の習慣 行動の習慣

習慣を知り己を知れば百習慣化あやうからず

投稿日:2021/11/15

Pocket

身につけたい習慣の特性を知り、自分の思考パターンや行動パターンを知れば、どんな習慣化も可能です。

まさに「習慣を知り己を知れば百習慣化あやうからず」ですね。




 

4つのタイプから早起き習慣化を考える

昨日は、「習慣化オンラインサロン」のシークレットセミナー開催日。

スタッフとして参加しました。

テーマは「童話マトリックス(R)進化版」です。

「童話マトリックス」の理論は、習慣化コンサルタント古川武士さんのオリジナル。

「童話マトリックス」とは何か。

有名な2つのイソップ童話である

・『ウサギとカメ』

・『アリとキリギリス』

がモチーフになっています。

それらの童話に出てくる4つの生き物をマトリックスに分布。

生き物たちの思考パターンや行動パターンから、自分の思考や行動を分析する手法です。

今回のセミナーでは、童話マトリックスにみる習慣化の方法を扱いました(今後、目標達成や人間関係に広がっていく予定です)。

私は、早起き習慣化の専門家として参加させていただきました。

セミナー内でお時間をいただき、古川さんとタイプ別の早起き習慣化についてミニトーク。

4つのタイプから、早起きの習慣化を考えることです。

確かに、「早起き」といっても、習慣化する成功パターンは人それぞれ違います。

そこで、タイプ別に早起き習慣化を考えてみたのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





『ウサギとカメ』から行動パターンを分析する

『ウサギとカメ』と『アリとキリギリス』という2つの童話。

まずは『ウサギとカメ』を見ていきましょう。

この童話から分析できるのは、

・行動パターン

です。

 

ウサギタイプ

ウサギは行動が速く、スタートダッシュできます。

短期集中ができます。

ですから、早起きはロケットスタートが成功しやすいです。

そうすると出てくるのは油断。

「自分はもう早起きできるようになった!」と思いやすいんですね。

ただ、早起き習慣化はそんなに単純なものではなかったりします。

ですから、本当に定着する前に油断してしまうわけです。

油断するとどうなるか。

そう、飽きてしまうのですね。

そうなると、早起きに興味がなくなってしまうこともあります。

ウサギタイプの方に、私がおすすめするのは、

・ゴールを新しく更新し続けること

です。

早起きによって、達成感を得る。

そのことが自分のポテンシャルを引き出すことにつながっているんだと。

そう捉えていただくと、短期集中できる能力を活かして継続しやすくなります。

 

カメタイプ

カメタイプの強みは、コツコツとマイペースで前に進めること。

ですから、一度リズムをつくれると強いです。

良い意味で「型にはまる」ことができます。

それができると、5時半起きを淡々と定着させられる。

そんなタイプですね。

ただ、弱点としては、なかなか前進感を味わえないこと。

歩みが少しずつなので、成長を感じづらいのです。

ですから、おすすめは

・ゴールを見続けること

・早起きする目的を常にリマインドすること

です。

すると、「今日1日の早起きという1歩が、将来のゴールにつながっているんだ」ということを感じらるのですね。

続けることが重要なタイプなので、たまに二度寝してしまってもあまりダメージを受けないこと。

淡々とやっていくことに強みがあるわけですから。

「続けていれば必ず前進している」という意識を持つことが大事です。

私がよくお伝えする「再開すれば途切れない」ということですね。

 

■スポンサーリンク




『アリとキリギリス』から思考パターンを分析する

次は『アリとキリギリス』。

この童話から分析できるのは、

・思考パターン

です。

 

アリタイプ

アリタイプは、シンプルに言うと

・先憂後楽

です(ことわざ本来の意味とはズレているのですが)。

先につらいことをやっておく。

すると後がラクになる。

つまり、楽しみを優先するよりも、まずはやるべきことをやる。

やるべきことを終えたあと、楽しめばいい。

そう考えます。

ですから、アリタイプの方が早起き習慣化を考えるときは、

・いかに責任感を持てるか

・いかにして役割を担えるか

です。

ここを考えるとうまくいきます。

具体的には、コーチと早朝に約束したり、朝活ファシリテーションを担当すること。

そうすることで責任感が生まれ、早起きがうまくいきます。

一方の課題は、せっかく早起きをしてもやるべきことをやってしまう傾向があること。

そのため、「早起きしても楽しくない、、、」とつらくなり、やめてしまうんですね。

 

キリギリスタイプ

キリギリスタイプはアリタイプとは反対で、先に楽しみを持ってくるイプです。

ですから、なんといってもごほうびが大事。

「早起きしたらいいことが待っている」という環境をいかにつくれるかが大事です。

ですから、早起きしたらおいしいパンを食べられるなど、「早起き=楽しい」につながっていることが何よりも重要なんですね。

ここをいかに工夫し続けられるかがポイントです。

課題は、起きたときのセルフトーク。

目覚めた瞬間に、頭の中で「起きようかな、どうしようかな」というを問いを発しないことが大事だったりします。

なぜなら、キリギリスタイプは2択にあると、どうしてもラクな方を選んでしまう傾向にあるからです。

私がキリギリスタイプなのでよくわかるのですね。。。

ですから、起きた後は何も考えずにパソコンの前に移動して、朝活のZoomにつなぐ。

それくらいシンプルな導線をつくれないか考えてみましょう。

 

「習慣を知り己を知れば百習慣化あやうからず」

さて、あなたの早起き習慣化を4つのタイプから考えると、どのような形になるでしょうか。

対策や課題への取り組みなど、ご参考になれば幸いです。

私たちは、「セルフナレッジ」といって、自分のことを知ることが重要です。

このセルフナレッジのレベルが高ければ高いほど、自分を上手にコントロールできるというわけです。

「彼を知り己を知れば百戦あやうからず」という言葉にありますよね。

それにかけてみると、

「習慣を知り己を知れば百習慣化あやうからず」

ということになりますね。

ぜひ、あなたのセルフナレッジを高める一環として、童話のタイプを自分に当てはめて考えてみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝7時30分すぎから「習慣化オンラインサロン」のシークレットセミナーにスタッフとして参加。

終了後、10時からオンラインセミナーを受講。

午後は散髪とブログ、新しいプロジェクトの進行を考えていました。

夕方にどうしても刺身が食べたくなり、家族と待ち合わせして食事へ。

地元の居酒屋で刺身5点盛りを頼んだら「サービスです」と。

数えたら11点盛りでした。(笑)

すてきですね。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-思考の習慣, 行動の習慣

執筆者:

関連記事

「素直さ」はスキル。成長し続ける人が持っているのは素直に学ぶ力。

「素直」であるということは、もはや1種のスキルだと考えています。 なぜなら、私の周囲で変化を起こしている人は「素直力」を持っている人ばかりだからです。   目次1 コーチをつけたときに決めた …

あなたはゴールへの挑戦を1回であきらめていないか?

「1度で成功しなければならない」という思い込みを持っている人が多いように感じています。 ゴールに向かって何度もとり組むことで、やぶれる壁があります。   目次1 人は何回で挑戦をあきらめてし …

子育てに向かない完璧主義の思考。自分への「こうあるべき」、子どもへの「きちんと」をゆるめよう。

親子の人間関係は、完璧主義を手放すことでだいぶ良好になるのではないか、と考えています。 私が考えるポイントは、 ・自分への完璧主義をゆるめる ・子どもへの完璧主義をゆるめる という2つです。 &nbs …

「宇都宮餃子はおいしくない」は間違い。「自分の学校」づくりで内的な比較の基準をつくる。

何かを比較することは、人間の本能として仕方がないことではあります。 しかし、比較する基準を間違えないように注意しています。   ■スポンサーリンク     目次1 「宇都 …

「私がマッキンゼーを辞めた理由」に学ぶ!決断力を持っている人の3つの習慣

  「東大院卒・マッキンゼー社員が芸人になった!」とは帯のキャッチコピー。 そのような決断力を持つ石井てる美さんはどのような習慣を持っているのでしょうか? 本書から学んだ3つの大切な習慣を選 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。