【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起きの習慣

早起き習慣化に重要な「学びと実践」のサイクル

投稿日:

Pocket

ものごとを習得するためにはインプットだけでもだめですし、アウトプットだけでもいけません。

「学びと実践」のサイクルをまわしていくようにしましょう。




 

「早起き習慣化セミナー」32回目を開催

今朝は、メルマガ読者限定で「早起き習慣化セミナー」をオンライン開催しました。

「早起き習慣化セミナー」は今回で第32回目。

おそらく「早起き習慣化セミナー」というテーマだけで32回開催している人は多くはないはずです。

これまでに何度も話してきたテーマということとなります。

ただ、今回はちょっと失敗がありました。

2時間30分の予定のセミナーが3時間をちょっとだけ超えてしまったのです。

盛り込みすぎたことを反省しています。。。

もともと、つめ込みすぎるきらいはありました。

よくいえばサービス精神旺盛と言えるかもしれません。

ただ、今回は「早起き習慣化セミナー」を初めてオンライン開催したこともあり、時間調整をミスってしまったのです。

話しているうちに熱が入っていてしまったのです。

とくに自分の失敗談やクライアントさんの成功事例になると熱くなってしまうのですね。

同時に、何度も「早起き習慣化セミナー」をくり返すうちに、「早起き習慣化」というテーマに情熱が高まってきていることも感じました。

第1回目のセミナーを開催したのは、2013年の11月。

そこから比べると知識や情報、経験値がずっと増え続けています。

ですから、話し始めると余談が多くなったり、追加で話すことが増えてしまったわけです。

反省して、次回に向けて改善して、情報のしぼり込みをおこないます。

さらに、セミナー内容をブラッシュアップしていきます。

今回の時間オーバーは、ミュージシャンがライブでのアンコールが長引くような感覚でした。

もう終わりにしようかなと思いつつ、話しが途切れない状態。

「もっと役立てる情報を伝えたい」

そういう気持ちが高まっていました。

それくらい「早起き習慣化セミナー」というテーマについて、自分の「熱」を感じた3時間だったのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





徐々に好きになれる仕事こそ強み

「好きなことを仕事にする」

よく耳目に触れるフレーズです。

「天職に気づく」というニュアンスも含まれるでしょう。

たしかに、誰もが好きなことを仕事にできれば、とてもいい世界になりそうですよね。

ただ、ここで勘違いしてはいけない部分があります。

それは、その仕事に対して「最初から100パーセント好き」という感覚があることは少ないということです。

私の「早起き習慣化セミナー」がまさにそう。

第1回目のセミナーを終えたときは、疲労困憊という感じでした。

正直なところ「もう、しばらくはいいや・・・」と。

そのように思ったのです。

それに、最初のセミナーコンテンツも今よりレベルが低かったです。

もちろん、私の経験値もありませんから、進行も稚拙(それでも参加してくれた友人たちに感謝しています)。

何より、「2時間もたせることができるだろうか」という不安がありました。

「時間があまってしまったらどうしようか・・・」とも。

でも、なんだかんだとそこから32回の「早起き習慣化セミナー」を開催。

今では3時間を超えて話せるようになりました。

というより、これでもしぼったのです。

ただ、話していて楽しく、ついつい延長してしまったという感じですね。

ですから、私の感覚では「好きなことを仕事にする」といいう感覚は少し違います。

それよりも「試行錯誤して取り組んでいるうちに、徐々に好きになっていった」。

そのほうが実感としては近いものです。

おそらく「最初から100パーセント好きだった」という話のほうがきれいなのかもしれません。

ただ、私自身の感覚だけでなく、周囲の人たちを見ていると「試行錯誤して取り組んでいるうちに、徐々に好きになっていった」という人のほうが多いです。

ですから、最初から「あまり好きじゃないかも」といってやめてしまうのは、少し考えものですね。

 

■スポンサーリンク




実践と学びのサイクルが学びの効率を高める

「早起き習慣化」というテーマに関わり続ける中で、1つ気づいたことがあります。

それは、「学びだけでもだめ、実践だけでもだめ」ということです。

たとえば、コーチングを受けているだけでは、学びというインプットが不足してしまいます。

一方で、学ばずに行動だけをやっていても習慣化はできません。

学びも実践も必要なのです。

ですから、最近は早起き習慣化をテーマにするときは、パーソナルコーチングだけでなくセミナーもパッケージにすることにしています。

そのようにして、お互いに共通の知識や共通言語を持っておいたほうが成功確率が高いのですね。

そのようにして、学んだら実験をしてみる。

実験した体験から学び、内省する。

そこで新たな実験をするための工夫やアイデアを見つけて、さらに試行錯誤していく。

その4つのサイクルをぐるぐる回していくこと。

それが「学びと実践」のサイクルとして有効ではないか。

そのように考えています。

あなたが、早起き習慣化を考えるとき、ぜひこの「学びと実践」のサイクルを回していくことを考えてみましょう。

 

今回、「習慣化オンラインサロン」プロジェクトで、この「学びと実践」のサイクルを回していくプログラムを開発してみました。

早起き習慣化をマスターしたいという方は、下記のページよりご参加を検討していただければ幸いです。

早起き完全マスタープログラム|習慣化3ヶ月集中プロジェクト

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝5時30分の「習慣化オンラインサロン」朝活ファシリテーションからスタート。

7時から「良習慣塾」メンバーとのコーチングセッション。

8時から習慣化コンサルタント古川武士さんのセミナーに
スタッフとしてサポート参加。

1月3日にもかかわらず、170人近い方にご参加いただけました。

その後、スタッフミーティングを実施。

夜はコロナ対策をして家族で食事に行きました。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-早起きの習慣

執筆者:

関連記事

目的を持った人間の強さが習慣化を救う。あなたが早起きする目的は何ですか?

早起きするための特効薬は「早起きするための目的」を持つことです。 明確な目的ができれば、二度寝の誘惑にも打ち勝つことができます。   スポンサーリンク   目次1 やきとん屋さんの …

世界で進歩し続ける「睡眠の最新研究レポート」9選(その3)

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 先々週の記事と先週の記事でご紹介した「睡眠」に関する記事の続きをご紹介いたします!   phot …

世界のCEOは朝をどのように過ごしている?仕事型、運動型、自己研鑽型の3分類で朝時間活用を最大限に活用する。

  こんにちは、伊藤です。 本日は、朝時間を有効活用する組み合わせを考えるために、 「朝時間の3つの分類」 を考えてみます。     目次1 世界の有名CEOは朝をどのよ …

習慣化の成功のために重要なのは「テクニック系」ではなく「マインド系」から考えること。

習慣化に成功しないとき、「スキルが足りない」と思ってしまう人は多いものです。 しかし、うまくいかないとき、本当はスキルではなく「感情」に要因があることが多いものです。   スポンサーリンク …

良習慣が続かない人、悪習慣をやめたい人におすすめ。「痛み」を感じる宣言文を書いてみよう。

良習慣が身につかず、悪習慣ばかりが増えていく。 そんな現状を抜け出すために、宣言文を書いてみることをおすすめします。   目次1 早起きできずに二度寝をくり返していた頃の悩み2 実例:早起き …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。