【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起きの習慣

「1日だけ早起きしても何も変わらない」という人におすすめのポジティブアプローチの連続質問

投稿日:

Pocket

「1日だけ早起きしても何も変わらない」

そう考えて早起き習慣化に挫折してしまう人は「ポジティブアプローチの連続質問」を活用してみましょう。




 

早起き習慣化がヨーロッパの国につながった理由

昨日は、私が主催している「早起き完全マスタープログラム」にて朝7時30分からセミナーを開催しました。

今回のテーマは、早起き習慣化の応用について学習。

映像セミナーのあとに、3つのワークに取り組んでいただきました。

3つのワークは、

(1)セルフコーチング

(2)障害と対策

(3)ポジティブアプローチの連続質問

です。

このうち、興味深かったのは、

(3)ポジティブアプローチの連続質問

です。

このワークに初めて取りくまれたKさんから、

「ずっと前に思っていたヨーロッパの国に行きたい、ということを久しぶりに思い出しました」

という感想があったのです。

ワークのいい効果です。

なぜなら、

「早起きを習慣化する」

という目標が、「ヨーロッパの国に行く」という願望につながっているからです。

私にはKさんの「早起き→ヨーロッパの国」につながる理由は、まったくわかりません。

でも、それがいいのですね。

重要なのは、Kさんが「早起きを続けていった先に、今の自分が想像していなかったすてきな未来がある」と感じられること。

未来に対するポジティブな記憶量を増やしていくことこそ、ワークの目的だからです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





「早起き=つらい」という意味づけを変える方法

通常、私たちの記憶は過去を参照してつくられます。

たとえば、早起きで二度寝がつらかったことがあれば、

・早起き=つらい

というイメージがつくられます。

そうなると早起きをイメージしたとき「眠くてつらい」という記憶になるわけです。

そうなると、なかなか早起きは定着しません。

私たちは痛みをともなう行動を避ける本能があるからです。

ですから、

・頭=やったほうがいい

なのに、

・心=つらいことはやりたくない

ということになってしまうのですね。

 

現状のイメージに変化を与える

心、つまり感情が「やりたくない」ということは、行動できません。

短期的に無理に取りくめたとしても、習慣にするのは大変なのです。

習慣化に挫折することや目標達成で停滞する場合は、このようなメカニズムがあるのですね。

過去の記憶に引っぱられている限り、そのイメージを変えるのは簡単ではありません。

では、どうすればいいのか。

変化のポイントは、

・未来のポジティブなイメージを増やす

です。

 

未来のポジティブなイメージを増やす方法

やり方はシンプルです。

現状に対して、

「今の課題をクリアできたら、次はどうなる?」

という風に何度も自分に問いかけていけばいいのです。

早起き習慣化が目標であれば、

「朝5時起きが難なくできるようになったら、次はどうなる?」

と質問します。

すると、

「朝5時起きが習慣化できたら、次は朝ランしたい」

ということになるかもしれません。

そのときに、

「朝ランが習慣化できるようになったら、次はどうしたい?」

と質問してみる。

すると、

「朝ランが習慣化したら、フルマラソンにトライしてみたい」

という未来が出てくるかもしれませんよね。

 

「ポジティブアプローチの連続質問」とは?

こうして、

「フルマラソンを完走できたら、海外のレースに参加してみたい」

となり、次に

「家族との海外旅行を兼ねて、世界のマラソンレースをまわってみたい」

という風に、次の未来をどんどん想像していくわけです。

少なくとも10回以上は質問をくり返してみましょう。

こうして未来を想像することによって、過去に「つらい」という意味づけしかなかった早起きへのイメージに変化が起きるのですね。

こうなると、

「早起き=つらい」

が、

「早起き=未来にいいことがある」

に少しずつ変化していきます。

そうして、心にやる気がわいてくるのです。

これがポジティブアプローチの連続質問であり、「フューチャーペーシング」と言われる手法です。

先述のKさんの場合は、未来へのイメージをふくらませ続けていった結果、

・早起き習慣化→ヨーロッパの国に行く

という未来につながったわけです。

 

■スポンサーリンク




「ポジティブアプローチの連続質問」で一貫性をつくる

未来のイメージを増やすことで大事なことがあります。

それは、

・ゴールをイメージしたときに心が踊ること

です。

そのゴールに向かうために、今の1歩がある。

自分でそう思えることがポイントです。

たまにあるのですよね。

ゴールをイメージしたときに「こうなったら大変だな・・・」とか、まったく心が動かないゴールを設定してしまうことが。

それでは行動しようという気持ちにはなれませんよね。

でも、「次はどうする?」という風にゴールをイメージしていくと、未来と現在に1本のルートが見えてきます。

今しか見えていないと、1日だけ早起きしてもあまり意味がないような気がしてきます。

でも、未来を想像しておくと、今の1歩が未来のゴールに確実につながっていることがわかります。

何より重要なのは、ゴールまでに「これを大事にする」という一貫性が見てくることなのですね。

ゴール設定でよく質問されるのは、

「大きなゴールを描くほうがいいのか?」

それとも、

「目の前の1歩をクリアしていくスモールゴールをたてるほうがいいのか?」

というもの。

結論からいうと、これは「両方とも大事」ということになりますね。

山登りであれば「山頂を目指しながら、目の前の1歩を歩く」ということです。

そうすることで、ゴールへの道のりに一貫性をもたせることができるわけです。

そうすれば、「あとは進んでいくだけだ」と思えるようになるのです。

 

まとめ

現在と未来のゴールにルートをつくる。

ルートは曲がりくねった道でいいのです。

そのルートに一貫性が欲しいのですね。

そのために「次はどうなる?」という質問をくり返す。

その先には、今のあなたが想像していなかった未来が開けてくるかもしれません。

ぜひ「ポジティブアプローチの連続質問」にトライしてみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時の「習慣化オンラインサロン」朝活からスタート。

7時から引き続き「習慣化オンラインサロン」の運動プログラム「ユキトレ」でスクワットやプランクなど。

7時30分から10時前まで「早起き完全マスタープログラム」。

10時からオンライン集中タイムでブログ執筆。

10時30分から12時30分までオンラインセミナー受講。

ランチを食べて13時から15時すぎまでさらにオンラインセミナー受講。

夕方に家族で地元で話題になっているカフェへ。

夜は妻と2人で映画鑑賞。

私の価値観に満たされた1日をつくることができました。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-早起きの習慣

執筆者:

関連記事

早起きを続けるためにがんじがらめのルールをやめる。早起きというデザインに「余白」をつくるべき理由。

早起き習慣化のために、「早起き」という設計図に重要なことがあります。 それは、早起き習慣化というデザインに「余白」をつくる、ということです。   スポンサーリンク   目次1 起き …

早起き習慣化ができるかどうかは「強い目的」が有るのか、無いのか。

「強い目的」が、あなたを、そしてあなたの脳を動かします。 モチベーションが下がってきたら、「なぜこれをやるのか?」という目的を確認してみることがおすすめです。   スポンサーリンク &nbs …

早起きしたいのに夜ふかししてしまう人に。自分が楽しむ時間を朝にシフトチェンジしてみませんか?

あなたは、朝に「楽しむ時間」を設定していますか? 子どもが遠足のときは早起きするように、そして大人がマラソン大会やゴルフのときは寝坊しないように、朝に楽しみがあると早起きできますよね。   …

早起きできないまま10年が過ぎたら、あなたにどのような未来が待っていますか?

1月に16回目の早起きセミナーが無事に終了いたしましたので、2月の早起きセミナー開催を決めました。 【第17回】朝2時間の自由時間を生み出す! 早起き習慣化セミナー 2016年2月10日 &#8211 …

習慣化コンサルタント古川武士さんに学んだ「早起き5つのベネフィット」!

  こんにちは、伊藤です。 毎週日曜日の「早起き習慣化」について書きますね!     目次1 古川さんの早起きセミナーに参加2 問いによって目的を明確にする3 早起き5つ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。